北海道おすすめワカサギ釣りの手ぶらで行ける場所は?時期は?服装は?

スポンサーリンク

北海道の冬はご存知、雪が積もり、気温がマイナスになります。
そして冬の北海道の楽しみの一つ、ワカサギ釣り!
凍った氷上の湖に穴を開けてそこからワカサギを釣ります!
その場で釣ったワカサギをてんぷらにして食べるのは絶品!
今回はワカサギ釣りをやったことがない人でも手ぶらでいけるワカサギスポットを紹介!

 

 

北海道の手ぶらでいけるワカサギ釣りスポット!

%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%81%95%e3%81%8e

北海道の冬の楽しみの一つ、ワカサギ釣り!

凍った湖の上に穴を開けて、そこからワカサギを釣ります。

ワカサギ釣りは、ワカサギの群れに当たると竿を入れては釣れて、入れては釣れ、とても楽しいです。

そして釣ったワカサギをその場ですぐてんぷらにして食べるのは絶品!

ワカサギ釣りをしたことがない人でも、手ぶらでいける、竿をレンタルしてくれる、手ぶらでいける北海道のワカサギ釣りスポットを紹介!

 

 

 

篠津湖(しのつこ)  篠津村(札幌近郊)

%e7%af%a0%e6%b4%a5%e6%b9%96

出典:http://www.kanritsuriba.com

 

札幌から車で約50分ほどの場所にある、新篠津村の篠津湖。

「しのつ温泉たっぷり湯」と隣接していて、ワカサギ釣りをして冷えた体を温めることもできます!

 

篠津湖は、温泉の目の前、北釣り場、南釣り場の三箇所がワカサギ釣りの人気のスポット。

篠津湖にはビニールハウスで作ったワカサギ釣り用の釣り小屋があり、灯油ストーブを常時炊いていて真冬でも、ポカポカのなかワカサギ釣りを楽しむことができます。

 

レストランで食事をした方限定で、釣ったワカサギを天ぷらまたは、唐揚げにして調理もしてくれます!

 

【住所】北海道石狩郡新篠津村第45線北2番地

【TEL】0126−58−3166

【営業時間】
◆昼 7:00〜16:00(最終遊戯時間17:00)
(温泉の前のたっぷり釣り場のみ夜間も営業)
◆夜  17:00〜20:00(最終遊戯時間21:00)

【料金】
◆釣り小屋利用
中学生以上2000円  小学生1000円  幼児500円
(たっぷりの湯入浴券、、竿、仕掛け、餌、ストーブ、椅子、バケツ付き)

◆外釣り
中学生以上1500円  小学生900円  幼児500円(たっぷりの湯入浴券、竿、仕掛け、餌付き)

◆夜
たっぷり釣り場の小屋でのみ営業。
中学生以上 1000円  中学生以下 600円
(たっぷりの湯入浴券、竿、仕掛け、餌、ストーブ、椅子、バケツ付き) 

【ワカサギ解禁シーズン】例年12月下旬〜3月上旬まで
※天候や氷の状況、気温などで毎年変動します。

【アクセス】
◆車:札幌から約50分  道央道「岩見沢インター」または「江別東インター」より20分

◆電車、バス:JR岩見沢駅、JR上幌向駅から新篠津交通バスで「たっぷりの湯」または新篠津温泉で下車、徒歩5分

ホームページ

 

 

ポロト湖  白老町 (道央)

%e3%83%9d%e3%83%ad%e3%83%88

出典:http://turiguide.net/entry254.html

 

白老町のポロト湖。

テントの貸し出しもあり、雪が降っても大丈夫!

テント利用者には、穴を開けるドリルも貸し出ししてくれます。

ポロト湖には温泉施設もあり、ワカサギ釣りを楽しんだ後に、体を温めることもできます。

 

【住所】北海道白老郡白老町若草町2丁目

【TEL】0144−82−6755(ポロトの森インフォメージョンセンター)

営業時間】早朝〜日没

【レンタル料金】
◆釣り竿セット1150円
◆リール付き1300円〜
◆テント1500円(土日休日のみ)※数に限りがあります。

【販売料金】
◆餌350円  ◆仕掛け400円
◆釣り竿セット1150円〜

【ワカサギ釣りシーズン】例年1月中旬〜2月中旬
※天候や氷の状況、気温などで毎年変動あり

【アクセス】
◆札幌から高速利用で約1時間半
◆千歳から車で約1時間
◆苫小牧から車で約40分
◆登別から車で約40分
◆室蘭から車で約1時間

 

 

 

阿寒湖 釧路市(道東)

%e9%98%bf%e5%af%92%e6%b9%96

出典;http://ord.yahoo.co.jp

マリモで有名な釧路の阿寒湖!

阿寒湖でも冬になると湖に氷が張りワカサギ釣りができます。

阿寒湖では、ホテルや温泉街を中心に、シーズン中様々な冬の遊び企画が用意されているリゾートで、たくさんの観光客が来ます。

 

阿寒湖でワカサギ釣りをするなら、あいすランド阿寒というところで、
ワカサギ釣りの釣り具セットのレンタルや釣れたワカサギを天ぷらにして食べれるサービス付き!

スタッフが丁寧に釣りかたを教えてくれるので初めての人でも安心です!

他にもあいすランド阿寒ではスノーモービルやバナナボート、四輪バギー、スケートなどの体験もでき、冬の阿寒湖を思いっきり楽しむことができます!

 

【住所】釧路市阿寒湖阿寒温泉2丁目

【TEL】0154ー67−2057(あいすランド阿寒)
※ワカサギ釣りの問い合わせ予約はあいすランド阿寒

【営業時間】8:00〜日暮まで

【あいすランド阿寒ワカサギ釣り料金】
釣り具一式、遊漁料込 1500円
※釣ったワカサギ天ぷらサービス付き

【ワカサギ解禁シーズン】例年1月中旬〜3月下旬
※天候や氷の状況、気温などで毎年変動あり

【アクセス】
帯広方面から道東道「足寄」から。241号で阿寒湖へ。

釧路市内や、中標津方面からも、アクセスしやすいです。

◆釧路市内から車で約1時間半
◆帯広市内から車で高速利用、約2時間
◆北見市内から車で約1時間半
◆女満別空港から車で約1時間半
◆中標津空港から車で約1時間50分

あいすランド阿寒ホームページ

 

 

 

大沼公園  七飯町 (道南)

%e5%a4%a7%e6%b2%bc

出典:http://ord.yahoo.co.jp

函館からもアクセスしやすいところにある、七飯町の大沼公園。

 

ハウスも用意されていて、暖かい中でもワカサギ釣りを楽しむことができます。

釣ったワカサギは近くの食堂で唐揚げにしてくれます。

唐揚げにしてくれるお店は、

・ドライブイン山陽(01374-5-2835)100gまで150円、200gまで300円

・ジャンボあんかけヤキソバ夢屋(0138-67-2431)お食事の方は200gまで500円、唐揚げのみのかたは1000円

で唐揚げにしてくれます。

 

【住所】北海道亀田郡七飯町字西大沼318-1 蓴菜沼

【TEL】0138-67-2329
氷上ワカサギ釣り問い合わせ080-4040-7575

【営業時間】8:00〜16:00

【料金】
◆釣り用具レンタル+餌500円
◆遊漁料 大人600円 中学生以下300円

【ワカサギ解禁シーズン】例年1月上旬〜3月中旬
※天候や氷の状況、気温などで毎年変動あり

【アクセス】
◆JR大沼公園駅より車で10分
◆函館駅から大沼公園駅 JRで約50分
◆函館市内から大沼公園まで車で約50分

大沼公園ホームページ

 

 

朱鞠内湖  幌加内町 (道北)

%e6%9c%b1%e9%9e%a0%e5%86%85%e6%b9%96

出典:http://ord.yahoo.co.j

過去に日本で一番低い気温を記録した朱鞠内湖。

冬になるとワカサギ釣りのスポットとしてたくさんの人が集まります。

 

テントのレンタルやカセットヒーターのレンタル、7人用のテントやかっセットガスヒーター、荷物を運ぶのに便利なそりのレンタルなど充実しています。

スノーモービルで遠くのワカサギ釣りスポットまでの送迎もあります。(有料)

自分でカセットコンロを持って行って釣ったワカサギをその場ですぐに天ぷらにして食べることもできます!!

 

ワカサギ釣り以外にも氷上トラウトフィッシングも楽しめる人気の冬の釣りスポットです。

【住所】北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内

【TEL】0165-38-2470

【営業時間】日の出から日の入りまで

【料金】
◆駐車料金 300円
◆遊漁料 1日券 1人1100円  中学生以下半額
◆釣り具セットレンタル600円  竿のみ200円
◆テント5人用 1500円   3人用1000円
◆7人用テントパオ  3000円
◆カセットガスヒーター  1000円
◆そり 300円

【ワカサギ釣り解禁シーズン】1月上旬〜3月末頃
※天候や氷の状況、気温などで毎年変動あり

【アクセス】
◆旭川から朱鞠内湖まで車で約1時間40分

朱鞠内湖ホームページ

 

 

ワカサギ釣りに行く服装や持っていくといいものは?

スポンサーリンク

北海道の真冬の時期に氷上の上で行うワカサギ釣りはかなり寒いです。

ワカサギ釣りにはどんな服装でいけばいいのでしょうか?

 

 

ワカサギ釣りに行く際の服装は?

北海道の氷上でのワカサギ釣りはかなり寒いです。

 

アウターにマフラーのような普段外に出かけるような服装じゃ、寒くて耐えられません。

常に氷点下です。

 

防寒具を重ね着して、ニットの帽子、耳あて、カイロを腰などにしっかり貼りましょう。

 

手袋も、中に軍手を履いてその上にさらに暖かいのを履くようにしましょう!

 

常に雪の上になるので、スキーウェアがあればスキーウェアを着ていくようにしましょう!

私はワカサギ釣に行くときはいつもスキーウェアを着ていきます!

 

 

そして見落としがちなのが靴です!

普通の冬靴じゃ正直足が冷たくなって耐えられなくなります。

長靴に靴いしたを重ねた履いて、中にカイロも入れておきましょう!!

 

 

 

ハウスやヒーター付きのテントがあるところは?

 

篠津湖や大沼公園はハウスの中にヒーターがあり、

暖かい中でワカサギ釣りができるところは大げさに厚着をしなくても、しっかり暖かい格好をすれば大丈夫です。

でも薄着はしないように、しっかり暖かい格好をして扱った脱ぐ気持ちで行きましょう!

 

 

持っていくと便利なもの

今回紹介したワカサギ釣りスポットは竿などレンタルしてくれるとこで、手ぶらで行けますが、持っていくと便利なものもあります!

 

◆軍手:
餌をつけるときなどに役立ちます。
厚手ので袋ではなかなか、餌をつけづらいので、餌をつけるようの汚れてもいい軍手があると便利です。

はさみ:
餌を切るときに役立ちます。
100円ショプなどのハサミでもなんでもOK。

◆バケツなどワカサギを持って帰れるもの:
ワカサギを持って帰りたい場合は持って行きましょう。
その日に食べるのであれば普通のビニール袋でも大丈夫です。

手ぬぐい、タオル:
手で魚をつかんだりするので2、3枚あると便利です。

◆カイロ:
寒いので多めに持って行きましょう。

 

 

 

【状況によって持っていくと便利なもの】

◆カセットコンロ・調理器具:
ワカサギを釣ってその場で食べたい人にオススメ。

 

 

 

 

最後に

今回は北海道の手ぶらで行けるおすすめのワカサギ釣りスポットを紹介しました。

紹介したところは竿などワカサギ釣りをするのに必要なものをレンタルしてくれるところです!

初めてワカサギ釣りをする人でも安心して、ワカサギ釣りを楽しめます。

そしてワカサギ釣りは外でやる場合は本当に寒いです。

自分も初めてワカサギ釣りをしたときは、あまり暖かい格好をしないで寒すぎてすぐに帰ってきました。

しっかり暖かい格好をしてワカサギ釣りを楽しみましょう!!

スポンサーリンク