北海道の流氷の時期はいつからいつまで?見れる場所やどこから来る?紋別や網走は?

あそびば北海道です!
この記事では、
✔︎北海道の流氷の時期
✔︎流氷の見頃のピーク
✔︎流氷の見れる場所
✔︎流氷の名所詳細!
✔︎流氷はどこから来る?
などを紹介しています。

冬の北海道の魅力の一つでもある海が漂流した氷に覆われる「流氷」

そんな流氷を楽しみたいと思っている人も多いと思います。

北海道の流氷の時期はいつからいつまで楽しめるのか?

流氷が見れる場所は?流氷はどこから来るのか?

紋別のガリンコ号や網走のオーロラ号など流氷の名所は?など北海道で流氷を楽しむための情報を紹介します!



北海道の流氷の時期は「1月下旬~3月中旬頃」

流氷時期表北海道で流氷が楽しめるのは冬の時期。

流氷は北海道のオホーツク(北海道の右上の方)で楽しむことができます。

いくつか流氷を楽しむことができる名所があり、
場所によって多少異なりますが、
例年【1月下旬~3月中旬頃】までオホーツク海側各地で流氷を楽しむことができます!
※各地例年の詳細は上の画像をチェック!

流氷の名所として知られる、
✔︎「網走」「紋別」の流氷観測の初日が1月20日前後
✔︎「稚内」「根室」の流氷観測の初日が2月10日前後
になります。

海明けと言って、
海の全氷量が5割以下になり、
沿岸水路ができて船舶の航行が可能になる日は3月中旬~3月下旬頃になります。

なので3月中旬以降はほとんど流氷がなくなっています。

北海道の流氷の見頃のピーク「2月中旬~3月上旬」

流氷北海道で流氷が楽しめるのは、
「1月下旬~ 3月中旬頃」と紹介しました。

しかし流氷を見ることができても、
時期によっては想像するあたり一面の流氷を楽しめないこともあります。

あたり一面の地流氷を楽しみたい場合は、
流氷の見頃となるピークの時期に行くのがおすすめ!

流氷のが見頃のピークになるのは、
【2月中旬~3月上旬】が流氷を最も楽しめるピークの時期になります!

2月中旬~3月上旬の時期は、
流氷の名所と言われる場所全てで、
見頃の時期の流氷を楽しむことができます!


北海道で流氷が見れる場所は?

流氷名所マップ

流氷は北海道のオホーツク側で楽しむことができます!

北海道のオホーツク海側では、
各地で流氷を見ることができますが、
流氷を楽しめる施設や流氷のアクティビティが揃っている、
特におすすめの場所が、

✔︎網走
✔︎紋別
✔︎知床

の3箇所になります!

網走、紋別は流氷を眺めることができる展望台をはじめ、
流氷を砕く船があります!

知床に流氷ウォークなどの流氷のアクティビティなどが充実!

 

この3箇所に次いで人気なのが、
✔︎稚内
✔︎根室
✔︎枝幸

の3箇所も流氷を楽しめるスポットとして人気!

 

流氷を楽しみたいのであれば、
網走/紋別/知床の3箇所から自分のお気に入りの場所を見つけるのがおすすめ。

また観光スタイルに合わせて、
稚内/根室/枝幸なども候補に入れてみましょう。

流氷おすすめスポット3箇所への車でのアクセス

北海道の冬の田舎道北海道はとても広く函館から流氷が見れる、
「網走/紋別/知床」まではかなりの距離があります。

北海道の主の地域から流氷が見れる地域まではどれくらいかかるのか?

北海道主要都市から
流氷観測人気の3箇所の車での所有時間
札幌から
  • 網走:約334㎞/約5時間
  • 紋別:約274㎞/約4時間
  • 知床:約410㎞/約6時間
旭川から
  • 網走:約200㎞/約3時間30分
  • 紋別:約140㎞/約2時間30分
  • 知床:約280㎞/約5時間
釧路から
  • 網走:約145㎞/約2時間40分
  • 紋別:約234㎞/約4時間30分
  • 知床:約150㎞/約2時間30分
函館から
  • 網走:約600㎞/約8時間30分
  • 紋別:約580㎞/約8時間
  • 知床:約670㎞/約9時間40分

流氷が楽しめるオホーツク海側は、
札幌や函館からアクセスするとなるとかなりの時間がかかります。

上記の所有時間は通常時の目安なので、
休憩の時間や流氷時期の冬道となるともっと時間がかかります。

札幌からだと6時間以上、
函館からだと10時間くらいはかかります。

旭川や釧路は、
札幌、函館と比べると、
流氷の名所へは比較的アクセスがしやすい地域ですが、
それでも車で3時間~5時間ほどはかかってしまいます。

長期で北海道旅行を楽しむのであれば、
札幌や函館からゆっくりアクセスしてもいいですが、
流氷がメインであれば、
道東/道北をメインにした観光プランを立てるのがお勧めです。

流氷の名所【網走/紋別/知床】の流氷スポットを紹介!

流氷の風景流氷を楽しめるスポットはたくさんありますが、
その中でも特におすすめなのが、
✔︎網走
✔︎紋別
✔︎知床
の3箇所!

ここでは、
流氷の名所として人気の3箇所のスポットの流氷観光の見所を紹介します!

網走の流氷の見所!【砕氷おーろら】

おーろら号網走には、
流氷を砕いて進んでいく、
「砕氷船おーろら」を楽しむことができます。

流氷の期間中は毎日船が運行し楽しむことができます。
(天候によって欠航もあり)

運がよければ流氷と一緒にやってくる、
アザラシやクリオネ、オオワシなどと言った野生の動物を見れることも!

船に乗っていると流氷砕く大きな音が聞こえて迫力満点!

網走には他にも、
流氷とオホーツク海の生き物をテーマにした、
観光施設「オホーツク流氷館」なども楽しむことができます。

 

紋別の流氷の見所!【ガチンコ号】

ガリンコ号2紋別市では、
流氷を砕いて進む「ガリンコ号」を楽しむことができます。

網走にある砕氷船おーろらと違うのは、
ガリンコ号には船にスクリューが付いています!

船の先端についているスクリューで流氷を砕きながら進む、
迫力のある景色とここでしか体験できない体験を楽しむことができます。

紋別市のガリンコ号を紹介

【2021】紋別ガリンコ号!料金や予約は?運行時期やアクセス方法やツアーも!

紋別にはガリンコ号以外にも、
ガリンコ号のそばに『オホーツクタワー』という、
流氷を眺めれる展望台や実際の海の中を見れる海底階などがあります!

アザラシだけを飼育している「アザラシランド」など、
他にも周辺に様々な観光施設があります。

 

羅臼・知床の流氷の見所!

知床ウォーク北海道の世界遺産知床には、
様々な流氷を楽しめる名所スポットがあります!

知床の人気の流氷観測スポットとして、
「プユニ岬」「フレペの滝」「幌別橋周辺」などがあります。

そして知床で特に人気がある流氷可能が、
『流氷のアクティビティ』

知床では様々な流氷体験ができるツアーがあります!

  • 実際に流氷の上を歩く【流氷ウォーク】
  • 流氷を下から見ることができる【流氷ダイビング】
  • 野生の動物たちを楽しむことができる【流氷クルージング】
  • 流氷の海でsupができる【流氷sup】

など様々な流氷にまつわるアクティビティを楽しむことができます。

流氷にまつわるアクティビティはもちろん、
冬ならではのアクティビティも多く行っています!

流氷はどこから来るの?

流氷はどこからくる?流氷はどこからやってくるのでしょうか?

流氷はオホーツク海の海が凍ったもの!

日本にやってくる流氷は、
オホーツク海西部にあるロシア領のシャンタル諸島からやってきます。

11月頃からシャンタル諸島付近で氷始め、
冬が深まると海面の氷の面積がどんどん広がり、
オホーツク海の最大80%が凍ります。

そうして流れ出した氷の一部が流され、
北海道にやってきた流氷を観測することができます。

この流氷と一緒に「クリオネ」も北海道まで旅をしてきます。

他にも流氷の時期には、
流氷の上で寝そべるアザラシやオオジロワシやオオワシといった大きなワシも見ることができます。

流氷はどこから来る?
  • 流氷はオホーツクの海が凍ったもの
  • ロシアのシャンタル諸島で凍った流氷が北海道まで流れ着く

一度は行きた冬の北海道の絶景!

北海道の冬の絶景を紹介今回は北海道の流氷を紹介しました!

冬の北海道といえば北海道でしか見れないような素敵な景色などを見る事ができます!

流氷以外にも素敵で幻想的な景色を楽しむ事のできる冬の北海道!

1度は行きたい冬の北海道の絶景はこちらをチェック!

北海道の冬の絶景を紹介

冬の北海道で一度は行きたい絶景スポット22選!おすすめや穴場は?

最後に

今回は冬の北海道の絶景の一つでもある、
流氷について紹介しました。

流氷は1月下旬~3月中旬頃まで楽しむことができ、
2月中旬~3月上旬頃が見頃のピークになります。

オホーツク海側の地域で観測することができ、
特に「網走」「紋別」「知床」などが流氷の人気のスポットになります。

網走や紋別では流氷を砕いて進む船を楽しめたり、
知床では様々な流氷のアクティビティを楽しむことができます。

北海道の冬の絶景流氷を是非楽しんでみましょう!


ぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
たけ
北海道の観光や暮らしに関する記事を400記事以上作成。 自分の『体験/経験 /取材』と情報が偏らない様にしっかりと調べた内容をまとめ、北海道に関する情報を配信しています。