ガリンコ号の料金や予約は?運行期間やアクセス方法は?流氷ツアーや服装は?

スポンサーリンク

冬の北海道の楽しみの一つ流氷!
そんな流氷を砕きながら進む船がオホーツクの街「紋別市」にあります。
その名も「ガリンコ号」
今回はそんな冬のガリンコ号を紹介します。
ガリンコ号の冬の服装は?予約方法は?料金や運行の期間は?アクセス方法やツアーは?
など流氷を楽しむことのできる船ガリンコ号を紹介!

 

冬のガリンコ号

冬の北海道の見どころの一つ「流氷」

流氷を砕きながら進む船『ガリンコ号』がオホーツク海の街「紋別市」で楽しむことができます。

夏にはフィッシングクルーズも行っているガリンコ号!

今回はそんなガリンコ号のメインである冬のガリンコ号を紹介します。

 

ガリンコ号とは?

そもそもガリンコ号とはなんなのか?

 

ガリンコ号は冬の北海道オホーツク海に訪れる流氷を砕きながら進んでいく北海道紋別市の紋別港で運行されている、
観光用の流氷砕氷船。

船の先端部に「アルキメディアンスクリュー」というドリルがついていてドリルでガリガリと 流氷を砕きながら進んでいきます。

 

元は1987年に三井造船株式会社がアラスカ油田開発のために実験船として改造した船「おほーつく」を改造し、
初代の「ガリンコ号」が誕生し運行されました。

この初代ガリンコ号は世界で初となる流氷砕氷観光船!

 

現在運行されているガリンコ号は97年から運行されている2代目のガリンコ号で「ガリンコ号Ⅱ」として運行しています。

 

初代のガリンコ号は、全長29,4m、定員70名
現在運行しているガリンコ号Ⅱは全長35m、店員195名

 

あたり一面流氷に覆われるオホーツク海ガリガリと砕きながら進む迫力のある光景と流氷の景色!
クリオネやアザラシ、オオシロワシなどの素敵な生き物にも会うことができるかもしれない素敵な時間を過ごすことができます。

 

 

冬のガリンコ号の運行期間や料金、予約やツアー

スポンサーリンク

冬の北海道でしか体験することのできない流氷砕氷船。

冬のガリンコ号はいつ運行されるのでしょうか?料金や予約方法、ツアーなどもあるのでしょうか?

 

 

冬のガリンコ号の運行期間や時間

冬のガリンコ号は1月中旬頃から3月末に運行されます。

 

【2019年のガリンコ号の運行】

2019年1月10日〜3月末

 

【ガリンコ号運行時間】

6:00(2月土日祝の運行)
◆7:30(2月土日祝の運行)
◆9:00(1月〜3月)
◆10:30(1月〜3月)
◆12:00(1月〜3月)
◆13:30(1月〜3月)
◆15:00〜(1月〜3月)
◆16:10(2月)

※就航時刻は変更になる場合があります。

所有時間は1時間前後で運行され、流氷が船路にない場合は45分程度の運行になります。

出航時刻の15分前までに乗車手続きを済ませましょう。

 

2月の土日祝日に限定で6時から運行されるサンライズクルーズは朝日と流氷がコラボレーションした素敵な景色を楽しむことができます。

2月限定で運行される16時10分からのサンセットクルーズでは夕日の景色と流氷を楽しむことができます。

 

 

冬のガリンコ号の料金は?

冬のガリンコ号の料金は流氷の有無や団体、一般で異なります。

 

【ガリンコ号乗車料金】

◆一般
大人(流氷あり):3000円
大人(流氷なし):2500円
小人(流氷あり):1500円
小人(流氷なし):1250円

◆団体(団体は10名以上)
大人(流氷あり):2700円
大人(流氷なし):2500円
小人(流氷あり):1350円
小人(流氷なし):1250円

◆障害者割引
1種:本人と介護者1名が一般料金から半額
2種:本人のみ一般料金から半額
※障害者手帳を提示

 

 

ガリンコ号の予約方法は?

ガリンコ号は完全予約制になっています。

乗船の前日まで予約は受け付けていますが、ピークの時期は満員ということもの少なくありません。

日程が決まり次第早めに予約をしましょう。

 

予約は電話でのみの受付になります。

【予約電話番号
TEL:0158−24−8000
(オホーツク・ガリンコタワー株式会社)

 

 

ガリンコ号のツアーは?

ガリンコ号は札幌発や旭川発のツアーを始め、日帰りや他の観光地へも立ち寄れるなど、様々なプランのツアーや
本州からのツアーが各旅行会社から運行されています。

 

冬の北海道は車を運転するのにも慣れてないとやはり危険です。

またガリンコ号がある紋別は
札幌から車で約4時間
旭川から車で2時間30分、
函館からは車で7時間半と北海道の主要都市から離れたところにあります。

紋別市にはJRもなくアクセスするには車かバスでのアクセスになります。

 

冬の運転に自信がない方や、北海道へ旅行に来ている方はツアーの参加もオススメです!

自分にあったツアーを見つけてみましょう。

 

【ガリンコ号のツアーを運行している主な旅行会社】

クラブツーリズム

近畿日本ツーリスト

阪急交通社

 

 

冬のガリンコ号の服装や冬の北海道の気温は?

真冬の北海道で楽しむことができる冬のガリンコ号!

ガリンコ号に乗車して楽しむ場合はどんな服装がいいのでしょうか?

 

冬の北海道の気温は?

冬の北海道や紋別はどれくらいの気温になるのでしょうか?

本州の方で冬の北海道にきたことがない人は体感したことがないような寒さを感じてしまいます。

最高気温でも氷点下でプラスにならない日もとても多いです。

 

冬の各月の北海道の気温はこちらの記事を参考にしてみてください。

◆1月の北海道の気温や服装は?

◆2月の北海道の気温や服装は?

◆3月の北海道の気温や服装は?

 

 

冬の紋別の気温は?

上記で冬の北海道の気温を紹介しましたが、北海道はとても広く札幌や旭川、函館とガリンコ号のある紋別はまた気温が変わってきます。

 

【1月の紋別の気温】

1月の紋別は完全に冬の季節。
例年の最高気温の平均が−2,6℃ほどと最高気温でもマイナスの日がほとんどです。

最低気温の平均は−9,3℃で冷え込む日にはもっと冷え込みます。

 

【2月の紋別の気温】

流氷が北海道に訪れピークを迎える2月の紋別は、

例年の最高気温の平均が−2,5℃と最高気温でもマイナスの日がとても多くなります。

最低気温の平均が−9,9℃で1月よりも気温が低い日が多くなります。

 

【3月の紋別の気温】

3月は上旬と下旬でも気温は異なりますが、

例年の最高気温の平均が1,9℃と1月、2月よりも暖かい日が増えます。

最低気温の平均は−5,4℃と1月、2月と比べると暖かいように感じますが、やはり本州と比べるとかなり冷え込むので油断しないようにしましょう。

 

 

ガリンコ号の服装は?

ガリンコ号は真冬の北海道の外で楽しむことのできる船です。

また紋別市は北海道の中でも比較的寒い地域になりさらには
ガリンコ号は海の上を進んで行くので強い風が吹きさらに寒さは増します。

寒いを通り越して痛いという感覚にもなってきます。

 

靴は長靴や防寒の靴。
持っていない人は、ハイカットの靴やブーツの中に靴下をたくさん履いたり、靴用のカイロをつけるようにしましょう!

またズボン一枚ではなく、中にヒートテックのタイツやスエット、ジャージなどを履くようにしましょう。

上はダウンジャケットの中に何枚も着込みカイロなどを貼ってしっかり寒さ対策をしましょう。

手袋は必須!

またニットの帽子や、イヤーマフラーもしっかりするようにしましょう。

胸元が少しでも空いていると風が入り込んでかなり寒くなります。

胸元はしっかり締めて、マフラーなどがあるととても便利です。

子供さんと行く場合はしっかり都市た防寒対策をして、スキーウェアがある方はスキーウェアを着せてあげましょう。

 

ガリンコ号は暖かい室内でも楽しむことができます。

外に出て、
まじかに迫力のある景色や音を楽しみながら、
こまめに室内に入り温まるようにして楽しみましょう!!

 

 

ガリンコ号へのアクセス方法

出典:http://mombetsu.jp/syoukai/mombetsuniikuniwa.html

ガリンコ号は

紋別市の紋別港の『海洋交流館』で乗船することができます。

住所:紋別市海洋公園1番地

 

ではガリンコ号へはどうアクセスすればいいのでしょうか?

 

北海道各地から紋別市ガリンコ号へのアクセス方法

紋別市は北海道のオホーツク海。
簡単に言うと北海道の右上の方にあります。

紋別市はJRがなく車かバスで行くことになります。

 

【札幌から紋別ガリンコ号へのアクセス】

◆バスでのアクセス
札幌から紋別へは流氷紋別号という直行便のバスが運行されています。

札幌からは札幌駅前ターミナルと札幌ターミナルから乗車することができます。

所有時間:直行便で約4時間20分
片道料金:4930円

中央バスホームページ

紋別ターミナルを下車し冬季のみの運行のバスに乗車し「海洋交流館」で下車してすぐ。

 

◆車でのアクセス
・高速を利用して約272㎞ 約3時間30分
・一般道を利用して約269㎞ 約4時間30分
※冬の期間はもう少し時間がかかります。

 

【旭川から紋別ガリンコ号へのアクセス】

◆バスでのアクセス
旭川から紋別へは特急オホーツク号または札幌からくる流氷紋別号というバスが運行されています。

旭川駅前、永山2条19丁目から乗車することができます。

所有時間:約3時間
片道料金:3190円

参考ページ

 

◆車でのアクセス
・約138㎞ 約2時間20分
※冬の期間はもう少し時間がかかります。

 

本州からガリンコ号へのアクセス方法

北海道旅行で札幌や旭川などに寄らずにまっすぐ紋別市へ向かう場合は、

オホーツク紋別空港が一番近い空港になります。

オホーツク紋別空港へは羽田空港から1日1便が運行されています。

オホーツク紋別空港からガリンコ号までは連絡バスが運行されていて約12分で到着することができます。

 

また次に近い女満別空港も羽田の便が出ていて、
女満別空港からは車で約2時間ほどでガリンコ号へアクセスすることができます。

女満別空港はオホーツク紋別空港の1便より便が多いのですが、ガリンコ号までのアクセスがネックになってしまいます。

 

羽田空港以外の飛行機を利用して紋別のガリンコ号へ最短でアクセスする際も、
旭川空港、もしくは新千歳空港を利用することになってしまいます。

 

 

流氷の時期や流氷が観れる場所は?

今回は紋別のガリンコ号を紹介しました。

北海道では紋別以外にも流氷が観れるスポットがあります。

また流氷はいつ頃見頃をむかえ、いつからいつまで楽しむことができるのでしょうか?

北海道の流氷の詳細はこちらの記事をチェック!

北海道で流氷が観れる場所はどこ?時期やツアーは?どこからくる?

 

もんべつ流氷まつり!

今回紹介したガリンコ号の周辺で毎年2月に開催される「もんべつ流氷まつり」

もんべつ流氷まつりでは、
ステージイベントや大氷像、賞金も出る参加型のイベントに花火など様々なイベントが開催される50年以上の歴史を持つイベント!

ガリンコ号乗り場と隣接した会場で開催され、
ガリンコ号と一緒に楽しむことができます。

 

もんべつ流氷まつりの詳細はこちらの記事をチェック!

もんべつ流氷まつりの日程や時間は?会場は?

 

冬の北海道の絶景やイベント!おすすめスポット!

冬の北海道は流氷以外にも冬ならではの絶景やイベントなど見所がたくさんあります。

北海道の冬の絶景やイベント、おすすめスポットはこちらの記事をチェック!

一度は行きたい冬の北海道の絶景スポット!

冬の北海道のイベントを紹介!

冬の北海道のおすすめ観光スポットやアクティビティは?

 

 

最後に

今回は流氷を楽しむことのできる紋別市のガリンコ号を紹介しました。

流氷を砕いて進む迫力のガリンコ号!

日本では冬の北海道でしか体験することができません!

冬の北海道ならではの流氷の絶景を是非楽しみましょう!

スポンサーリンク

Facebook にシェア
LINEで送る
[`google_buzz` not found]