東京から北海道の行き方!最安は?飛行機の時間や値段は?車や新幹線は?

スポンサーリンク

北海道は1年中楽しめる観光地♪
夏は避暑地としてお祭りや海産物を食べに観光したり、冬になれば雪まつりやウィンタースポーツを楽しんだりと、北海道は観光地としては年中楽しめます!そこで、東京から北海道へのアクセス方法、料金をご紹介します!飛行機は?車は?新幹線は?などの疑問を解決♪
ぜひ北海道旅行に遊びにいきましょう!

※2019年10月の増税後の料金を記載しています。

スポンサーリンク

飛行機で行く北海道

29545cb16d836240304199a00ae64286_t

先ずは定番の飛行機でのアクセス方法をご紹介いたします。

東京からだと羽田空港と成田空港を利用する形になります!

観光と言えば飛行機が定番です。

ただ、北海道は広いのでどこなら東京から直通の飛行機が飛んでいる空港をご紹介します。

 

羽田空港から北海道

まずは羽田空港から北海道へのアクセスを紹介します!

 

到着空港 航空会社 所要時間
新千歳空港 JAL、ANA、ADO、SKY 1時間30分~35分
函館空港 JAL、ANA、ADO 1時間20分
旭川空港 JAL、ANA、ADO 1時間35分
とかち帯広空港 JAL、ANA、ADO 1時間30分~35分
たんちょう釧路空港 JAL、ANA、ADO 1時間35分~40分
根室中標津空港 ANA 1時間40分
女満別空港 JAL、ANA、ADO 1時間40分~45分
オホーツク紋別空港 ANA 1時間45分
稚内空港 ANA 1時間55分

 

成田空港から北海道

東京からだと羽田空港を利用する方が多いとおもいますが成田空港は格安航空LCCの便が多く安く北海道に行くことが出来ます!

 

成田から北海道へは新千歳空港便のみの運行になります!

新千歳空港 航空会社 所有時間
JAL 1時間40分
ANA
バニラエア
ジェットスター
ピーチ
springJapan

 

羽田と比べると距離はありますが安く行きたい方にはLCCを利用できる成田空港がオススメです!

実際私が東京に行くときはいつも成田空港を使い、
アクセス成田などを利用し東京都内へ向かいます。

アクセス成田は成田空港まで1000円で行くことができ、
所有時間は約65分

東京駅と銀座から乗車することが出来ます。

 

 

北海道の空港から中心部へのアクセス方法はこちらの記事をチェック!

◆新千歳空港から札幌への行き方!

新千歳空港から小樽への行き方!

◆函館空港から函館市内の行き方!

 

 

一番安い航空会社は?

東京から北海道に行く際に一番安く行くことができる航空会社はどこなのでしょうか?

羽田から北海道に行く際は、基本的には大手のANAかJALを利用することになります。

また新千歳空港へはエアドゥとスカイマーク

函館空港、旭川空港、帯広空港、釧路空港、女満別空港はエアドゥが運行しており、基本的にはANAやJALより安く利用することが出来ます。

 

成田空港から北海道へは新千歳空港へしか運行はありませんが、

バニラエア、ジェットスター、ピーチ、スプリングジャパンなどの格安空港(LCC)が運行しています。

都内から成田空港への移動を考えても料金的には成田空港から格安航空を利用した方が安く済むことが多いです。

東京駅や銀座から運行している「東京シャトル」や「アクセス成田」を利用すれば片道1000円で成田空港まで行くことが出来ます。

また早く到着することができる「スカイライナー」や
東京駅以外にも品川や渋谷、新宿などからも乗車できる「成田エクスプレス」もありますが、
スカイライナーが片道2520円
成田エクスプレスが片道3070円と少し割高になってしまいます。

 

成田空港からLCCを利用すれば新千歳空港まで5000円前後で行くことも出来ます!

またANAやJALも早期割で早く予約するとかなり値引きされ安く利用することが出来ます。

早くに日程が決まっている人はそちらもチェックしてみましょう。

航空券比較サイトで比べてみる

今は出発地、行き先、日にちなどを入力すると各航空会社の一覧が出てその日の安い航空券を探してくれるサイトがたくさんあります。

出発の日にちや検討されてる日にち時間などを参考に航空券比較サイトで検索してみると一覧が出てくるので、検索してみましょう!

 

 

 

 

 

 

北海道の飛行機が安い時期・高い時期は?

北海道へ安く行ける時期はいつなのか?

逆に高い時期はいつなのか?

やはりGWやお盆休みなどの連休時期は飛行機が高くなります。

逆に安く行けるのはいつなのか?

北海道へ安く行ける時期や高い時期はいつなのかこちらの記事を参考に!

 

北海道旅行ツアーや飛行機が安い時期はいつ?北海道に安く行く方法!

 

北海道旅行で旅費が高いシーズンは?GWやお正月が高い?

 

 

東京から北海道へ新幹線で行く

スポンサーリンク

2016年3月、遂に北海道新幹線が開業しました。

今は函館までしか繋がっていませんが、今後札幌まで開通予定です。

新幹線で行くには東京駅もしくは上野駅から乗車し、新函館北斗駅(北斗市)終着となります。この新函館北斗駅は函館駅ではなく北斗市にある新設された駅のため、函館駅へは「はこだてライナー」という別の列車にのる必要があります。

 

所要時間

 

 

【東京→新函館北斗】 4時間2分

【新函館北斗→函館】 25分~35分

 

 

北斗市は隣の市とはいえ、函館駅までは電車で35分程、車でも道路状況に寄りますが40分程かかります。

新幹線時刻表詳細

 

【新函館北斗駅〜札幌駅】約3時間30分

新函館北斗から札幌駅までJRを利用して行くことが出来ます。

時間は3時間30分とかなりの時間がかかってしまいます。

函館から札幌へは、JR以外にもバスや飛行機でも札幌へ行くことが出来ます。

函館から札幌へのアクセス方法はこちらの記事をチェック!

函館から札幌へのアクセス方法!

 

利用料金

【東京→新函館北斗】
指定席:23,340円(乗車券12,100円 特急料金11,330円)
◆グリーン:30,940円(乗車券12,100円 特急券18,840円)
グラスクラス:39,320円(乗車券12,100円 特急券27,220円)

 

【新函館北斗→函館(JR)】

440円

 

閑散期、繁忙期による料金の差はあります。また、予約時期などによって割引もあります。

函館から札幌へのアクセス方法!

 

車で行く北海道

hkjdou

車で行く長距離旅行の魅力は、なんといっても観光めぐりができるところです!時間があれば、高速を降りて東北を巡りながら北海道へ行けたら、ステキですね♪

車で行った場合本州から北海道へは陸で運転して行くことができないので、青森から青森港または大間港を利用しては函館港へ行く必要があります。

 

高速道路

◆首都高5号池袋線 → 東北道・常磐道 方面 → 首都高速中央環状線 → 首都高速川口線 → 東北道・宇都宮 方面 → 八戸自動車道 →  百石道路 方面 → 国道45号線 方面

◆ 国道45号線に出てからは下道で青森港まで向かいます

料金

どこから高速に乗るかにもよりますが、
「新宿IC」から「青森中央IC」まで高速道路に乗った場合、
通常料金 15,420円  休日割11,500円

ノンストップで高速を利用して東京から青森港まで行った場合は約8時間分ほどかかります。 距離は717㎞

一般道を利用した場合は約740㎞ 約16時間ほどかかります。

 

フェリー

【青森港~函館港】(1日8往復)

〇所要時間 3時間40分(片道)

〇料金

区 分 等 級 A期間 B期間 C期間
大人
(12歳以上)
プレミア 12,570 15,710 18,060
スイート 5,030 6,280 7,230
ファースト 4,190 5,240 6,020
コンフォート 3,350 4,190 4,820
ビューシート 2,800 3,500 4,030
スタンダード 2,260 2,820 3,250
小児 大人運賃の半額 ※10円未満の端数は四捨五入
ドライバー差額 プレミア 10,310 12,890 14,810
スイート 2,770 3,460 3,980
ファースト 1,930 2,420 2,770
コンフォート 1,090 1,370 1,570
ビューシート 540 870 780
学生割引 スタンダード 2,040 2,540 2,930
船室貸切 船室非利用客数×1旅客当たりの運賃×0.5
軽自動車 13,400 16,750 19,270
6m未満 16,760 20,950 24,100

※自動車の運転者1名は車輌運賃でスタンダードにご乗船いただけます。
「ドライバー差額」とはスタンダード以外でのお申し込みの場合にかかる追加代金です。

 

【大間港~函館港】(1日2往復)

●所要時間 90分(片道)

●料金

区 分 等 級 A期間 B期間 C期間
大人
(12歳以上)
ファーストシート 2,510 3,140 3,610
カジュアルシート 2,260 2,820 3,250
スタンダード 1,840 2,300 2,650
小児 大人運賃の半額 ※10円未満の端数は四捨五入
ドライバー差額 ファーストシート 670 840 960
カジュアルシート 420 520 600
学生割引 スタンダード 1,660 2,070 2,390

※自動車の運転者1名は車輌運賃でスタンダードにご乗船いただけます。
「ドライバー差額」とはスタンダード以外でのお申し込みの場合にかかる追加代金です。

区 分 A期間 B期間 C期間
軽自動車 10,050 12,570 14,450
6m未満 13,400 16,750 19,270

 

津軽海峡フェリーホームページ

 

 

東京都内にある北海道アンテナショップ!

今回は東京から北海道への様々な行き方を紹介しました!

北海道に行きたいけどなかなか行くことができない、北海道に行く前に北海道のものを食べてみたい!などなどそんな方におすすめなのが北海道の特産品などを楽しむことのできる北海道アンテナショップ!

北海道アンテナショップは東京都内にもいくつかあり楽しむことができます!

東京都内にある北海道アンテナショップはこちらをチェック!

 

◆東京都内にある北海道アンテナショップは?

 

札幌から各地のアクセス方法!

今回は東京から北海道へのアクセス方法を紹介しました!

北海道旅行をする際に新千歳空港を利用してまずは札幌へ行きそこから北海道各地へ!と考えてる人も多いとおもいます!

札幌から北海道各地へのアクセス方法はこちらの記事をチェック!

 

◆新千歳空港から札幌へのアクセス方法!

◆札幌から小樽へのアクセス方法!

◆札幌から旭川へのアクセス方法!

◆札幌か富良野へのアクセス方法!

◆札幌から函館へのアクセス方法!

◆札幌から帯広へのアクセス方法!

 

最後に

結局どれで行けばいいのか?は、その旅行に行く時期や、人数、構成によると思います。

例えば、、

【お子様がいる場合】所要時間のかからない飛行機◎、拘束時間の長い新幹線△、自由が利くが時間がかかる車〇

【大人数の場合】一人あたりの金額が高い飛行機、新幹線△、人数で金額が割れる車〇

など、何を重視していくかによって変わってくるかと思います。ただ、時間がかかることも旅行の楽しみだったりします♪「こんな遠くまできた!」「やっと着いた!」も、楽しめる余裕があると、旅行もさらに楽しくなりそうですね♪

スポンサーリンク