北海道旅行の持ち物リスト!春夏秋冬も紹介!必需品や服装は?あると便利なものは何?

こんにちは!あそびば北海道です!
この記事では、
✔︎北海道旅行の持ち物リスト
✔︎季節ごとの持ち物
✔︎持っていくと便利な物
を紹介しています。
日本の最北端北海道!
冬は雪が降り、夏は涼しい!そんなイメージの方も多いと思います。

実際にはどんな持ち物を持っていけばいいのか?

今回は北海道旅行の持ち物リストを紹介します!

2月や5月、8月や9月、10月持ち物は?など春夏秋冬の季節ごとの必需品や服装、あると便利なものも一緒に紹介します!

北海道旅行の持ち物リスト

まずは、
北海道旅行の持ち物チェックリストを紹介するよ!
クリックするとチェックできるになってるから、
忘れ物チェックにも使ってみてね!

まずは北海道旅行の持ち物チェックリストを紹介します。

チェックマークをつけることができるので、忘れ物チェックにも是非使用してください!

北海道旅行必需品持ち物リスト

北海道旅行持ち物【必需品】チェックリスト
✔︎ 持ち物 重要度
現金/カード類《財布》 ★★★
航空券/乗車券 ★★★
旅程表 ★★★
健康保険証 ★★★
携帯電話/スマートフォン ★★★
コンタクト用品/メガネ ★★★
薬《いつも飲んでる物》 ★★★
免許証 《レンタカーは必須》 ★★☆
日数分の下着 ★★☆
日数分の洋服 ★★☆
メイク用品 ★★☆
宿泊ホテルの地図や予約表 ★☆☆
現地でも調達できる必要品
携帯電話充電器 ★★☆
生理用品 ★★☆

《下痢止めや酔い止めなど》
★★☆
カミソリ
《ホテルの物は使い捨て》
★☆☆
洗顔
《ホテルにないことがほとんど》
☆☆☆

必需品基本的に忘れてはいけない物です。

しっかりチェックして、忘れ物がないようにしましょう!

最悪なくても困らない物/あると便利な物持ち物リスト

北海道旅行持ち物チェックリスト!
ホテルにあることも多い日用品
 ※宿泊するホテルにあるか確認しましょう
シャンプー/リンス ★☆☆
ボディソープ ★☆☆
歯ブラシ ★☆☆
ドライヤー ☆☆☆
ヘアブラシ ☆☆☆
美容品/エチケット用品
ヘアアイロン
《ホテルにはないので使う人は》
★★☆
メイク落とし ★★☆
スキンケア
《化粧水や乳液》
★☆☆
整髪料
《ワックスやヘアスプレーなど》
★☆☆
デオドラント/制汗剤 ★☆☆
ボディクリーム ★☆☆
あると便利な物
モバイルバッテリー ★★★
サブバック
《街歩き用に》
★★★
カメラ/カメラの充電器 ★★☆
圧縮袋
《衣類をまとめるのに》
★★☆
ポケットティッシュ
《三つくらいはあると便利》
★★☆
延長コード/電源タップ
《充電するものが多い人》
★☆☆
パソコン/タブレット
《仕事などで使う人は》
★☆☆
折り畳み傘/雨具
《雨が降ったら現地購入でもOK》
★☆☆
ETCカード
《高速道路に乗る予定の人》
☆☆☆
ガイドブック ☆☆☆
ビニール袋
《ゴミ入れとして》
☆☆☆
ネックピロー
《北海道で長距離移動がある時》
☆☆☆
マスク
《移動中の乾燥対策》
☆☆☆
イヤホン
《移動時間の暇つぶしに》
☆☆☆

他にもあると便利な旅行グッズはたくさんあります。

しかし、あれもこれもと持っていくと単純に荷物が増えます。

便利と言われている物で、持っていくと実際使わない物も多くあります。
『※実際に私が便利だと聞いて持っていった物でも使わなかった便利グッズは記載していません。』

北海道と言っても国内旅行なので、必需品以外の忘れてしまったものは現地で購入することもできます。

また飛行機に乗っている時間も、

✔︎羽田から新千歳で約1時間30分
✔︎中部国際から新千歳で約1時間40分
✔︎関空から新千歳で約2時間
✔︎福岡から新千歳で約2時間15分
✔︎沖縄から新千歳で約4時間
と沖縄からは4時間ほどかかるものの本州からだと2時間前後で到着するので、わざわざ飛行機の中で快適に過ごすグッズを持っていくほどでもありません。

そこも踏まえて、北海道旅行に持っていく荷物を整理してみましょう!

 

下記で春夏秋冬/季節ごとの北海道旅行の荷物や服装を紹介しているので、自分が北海道旅行に行く季節をチェックしてみてください!

春夏秋冬季節ごとの北海道旅行の持ち物

季節ごとの北海道旅行の持ち物とかあるかな?
北海道は特に寒い時期は、
暖かい持ち物が必要になるよ!
次は季節ごとの北海道の持ち物を紹介するよ!

北海道のみならず、季節ごとに持ち物は変わりますが特にい北海道の寒い時期は暖かい持ち物が必須になります!

次は季節ごとの北海道良旅行の持ち物を紹介します。

自分が北海道旅行に行く季節の持ち物を是非参考にしてみてください!

春の北海道旅行の持ち物

5月の北海道滝川の菜の花畑北海道は他の地域よりも遅い春になります。

北海道で桜が咲くのがGW頃と、他の地域と比べると春が来るのが遅いのがわかります。

春の北海道の服装のイメージとしては、大体本州の1ヶ月〜1ヶ月半ほど遅い気温になります。

✔︎平年の北海道の4月の気温は、2月の東京や大阪より1℃、2℃くらい高い気温。

✔︎平年の北海道の5月の気温は、4月の東京より2、3℃低いくらい。

✔︎平年の北海道の6月の気温は、5月の東京より1℃,2℃低いくらいの気温。

になります。

もちろん平均なのでその年によって変わりますが、イメージとしては北海道の春は本州の1ヶ月遅れの気温とイメージして服装の準備をしましょう。

春の北海道は特別な持ち物はありませんが、日中は暖かくても夜になると冷え込みます。

何か一枚羽織る物を多く持ってくるのがオススメです!

春の月ごとの北海道の気温や服装は、こちらの記事で細かく書いてますのでチェックしてみてください!

夏の北海道旅行の持ち物

富良野のラベンダー畑北海道といっても夏はそれなりに暑いです。

半袖で行動できる日は多いですが、地域や寒い日はTシャツでは肌寒く感じることもあります。

夏の北海道のあると便利な物
✔︎虫除けスプレー
自然豊かなところに観光に行く時。
✔︎日焼け止め
✔︎サングラス
✔︎長袖の服/羽織る物

夏といっても本州より涼しいところにいくので、肌寒く感じることもあります。

薄手の長袖の羽織れる物は持っていきましょう。

夏の月ごとの北海道の気温や服装はこちらの記事で細かく書いてるので、是非チェックしてください!

秋の北海道の持ち物は?

定山渓の紅葉北海道はどの地域よりも早く秋が来ます。

北海道の秋は本州より1ヶ月〜1ヶ月半くらい早く寒くなるイメージです。

服装も日中は日が出て暖かく感じても夜は冷え込みます!

日中も少し冷たい風を感じます。

✔︎虫除けスプレー
自然豊かなところに観光に行く時。
✔︎カイロ
必要なほど寒くなることは少ないですが夜景を見にいくなど寒く感じる時のためのお守り代わりとしておすすめ。
✔︎防寒具
11月になるとかなり寒くなるので防寒具が必要になってきます。

秋の月ごとの北海道の気温や服装はこちらの記事で細かく書いているので、是非チェックしてください!

 

冬の北海道旅行の持ち物

1月の北海道の風景北海道の冬は雪が積もり氷点下になる季節。

冬の北海道はしっかりとした寒さ対策が必要になります。

その分、冬の北海道旅行は特別な持ち物もあり、持っていく物が多くなります。

冬の北海道旅行に関しては、別途詳しい記事を用意しているのでこちらをチェック!

冬の北海道の持ち物リスト

冬の月ごとの北海道の気温や服装は、こちらの記事で細かく書いているので是非チェックしてください!

北海道旅行に持っていくと便利な物を紹介!

北海道旅行に持っていくと便利な物ってどんなものがあるかな?
次は旅行に持っていくと便利な物を、詳しく紹介していくよ!

上記で紹介した、持ち物チェックリストの中で持っていくと便利な物を厳選して詳しく紹介します!

アンカー Power Core Fusion 5000
(モバイルバッテリー)

アンカーモバイルバッテリーpowercore道を調べたり、連絡手段や調べものも今は飛行機のチケットがスマホだったりと、充電が切れると何かと困ることが多いスマホ。

そこで活躍するのが「モバイルバッテリー」

特に旅行におすすめなのが、アンカーの「Power Core Fusion 5000」というモバイルバッテリー。

Power Core Fusion 5000は、コンセント付きのモバイルバッテリーでコンセントに挿してモバイルバッテリーを充電しながらスマホなども一緒に充電することができる優れもの!

USBも二つ挿すことがでます。

これが一つあれば、別途充電器とモバイルバッテリーを持っていく必要がなくこれ一台でOK!

料金も3,000円ほどでと、とても高い訳でもないのが嬉しいポイント!

デメリットとしては普通のモバイルバッテリーより厚みがあり大きいところ。

私も旅行に行く時はこれ一台をいつも持っていっています。

Power Core Fusion 10000の大容量のものもありますが、ひとまわり大きく重くなるので容量が大きいものを充電する人以外は5000の方がおすすめです。

 

圧縮袋

圧縮袋キャリーバックでもリュックでも服はかなりかさばってしまいます。

圧縮袋で衣類を圧縮して服を小さくして収納するのに役立ちます。

何枚か余分に持っていけば、こっちは今から着るもの。こっちはもう着て洗濯するもの。という使い方もできます!

圧縮袋は100円ショップでも販売しているので今まで旅行で使ったことがない人は、まずは100円ショップなどの安いものを1度使ってみるといいと思います。

一度使ってみて圧縮袋が気に入ったら少しいい物を探してみましょう!

詰め替えボトルとビニールケース

旅行のビニールケース基本的にホテルには、シャンプーやボディソープは付いているので荷物になると思う人は持っていく必要はありません。

しかし、自分がいつも使っている物を使いたい方はボトルに詰め替えて、ビニールケースに入れて持っていきましょう。

詰め替え用のボトルもビニールケースも全て100円ショップで揃います。

旅行用で色々便利な商品も出ていますが、まずは100円ショップで揃えて問題ありません。

もし今後必要であれば、もっと便利な物を購入しましょう。

また、ジャンプーなどがあるホテルでも洗顔はないことがほとんどです。

洗顔は自分のものを持っていくか現地のコンビニなどで購入しましょう!

オールインワンジェル

オールインワンジェル旅行先でも化粧水や乳液などでしっかりスキンケアしたいという人も多いはず!

普段家で使っているものが大きかったりすると荷物になります。

旅行用のミニボトルを売っているメーカーもあります。

また試供品を持っていくのもいいでしょう!

旅行の時だけと割り切って、安めのオールインワンジェルを購入するのもおすすめ!

オールインワンジャルであれば、これひとつで化粧水/美容液/乳液などの役割があります。

オールインワンジェルでもポンプ式のものだとカバンの中で出てしまう恐れがあるので蓋が付いているものにしましょう。

男性であれば
✔︎UNOのオールインワンジェル

女性であれば、
✔︎豆乳イソフラボンのオールインワンジェル
✔︎ハトムギ保湿ジェル
などが1,000円ほどで購入できドラッグストアでも簡単に手に入るのでおすすめです。

旅行用と割り切るのであれば高いものを購入する必要もありません。

くすり(腹痛や酔い止めなど)

正露丸腹痛や酔い止め、急に歯が痛くなった時様に鎮痛剤、風邪薬など旅行に行く時は調子がよくても旅行中に調子が悪くなることもあるので用意しておくと安心できます。

特にバス移動や車で移動を考えている方で、酔いやすい人は必ず酔い止めを用意しましょう!

現地でも購入することはできますが、調子が悪くなった時に限ってドラッグストアがなかなか見つからない、ということもあるので持っていった方が無難です!
私も旅行の際は、ケータイ用の正露丸は最低限用意していきます。

Go Pro(アクションカメラカメラ)

GoPro7特別写真が趣味じゃない方は、スマートフォンのカメラで十分素敵な写真を撮ることができます。

これを機にちょっとカメラを買ってみようという方は、ミラーレスや一眼もいいですがGoProなどのアクションカメラもおすすめ!

GoProはスキーをはじめとしたアクティビティでもガツガツ利用することができ、とてもタフで小さいのでポケットなどに入れておくこともできます。

興味があったけど、買おうか迷っていた人はこれを機に購入してみるのもいいと思います。

 

サブバック

リュックとウエストポーチ洋服や荷物などは、キャリーバックやバックパックの他に街歩き用のリュックやポーチなどのバックも用意しておくと便利です。

住んでいる所で出かけるより旅行の方が街を歩くのも少し荷物が多くなると思います。

街歩き用のバックを何か用意しておきましょう!

ガイドブック

今はスマホで調べたり、るるぶなどのガイドブックを購入するとスマホでダウンロードしてみたりすることができますがやはり本の方が見やすいという人も多いとおもいます!

美味しいご飯屋さんを調べたり、観光名所を調べたりクーポンが付いていたり、事前にチェックしておいたものを確認したりなど役に立ちます!

他にも、ガイドブックを開いてみていると観光の人だと認識してもらえるので、稀に地元の人と仲良くなって穴場を教えてもらえたりタクシーの運転手さんに安く観光案内してもらえたりも稀にあります。

ただスマホで正直十分なので、本が好きな方やアナログを味わいたい方におすすめ!

札幌/函館/小樽の観光モデルコース

初めての北海道旅行で札幌や函館、小樽などに行く人も多いと思います。

どう観光すれば効率よく観光することができるのか?

など初めてのところは、わからないことも多いと思います。

札幌や小樽、函館のモデルコースはこちらをチェック!

小樽観光モデルコースを紹介!

北海道内交通情報!

新千歳空港から札幌や、
札幌から旭川への行き方など、
北海道内の観光交通情報はこちらの記事をチェック!

✔︎新千歳空港から札幌へ行き方
✔︎札幌から小樽への行き方
✔︎札幌から旭川への行き方
✔︎札幌から函館への行き方
✔︎函館から札幌への行き方

✔︎札幌から登別の行き方
✔︎札幌から富良野への行き方
✔︎青い池のアクセス方法
✔︎羊ヶ丘展望台へのアクセス方法
✔︎函館空港から函館市内の行き方
✔︎旭川空港から旭川市内への行き方

最後に

今回は、北海道旅行の持ち物リストを紹介しました。

北海道は気温が低い地域なので、夏でも何か少し羽織るものなどがあると便利です。

また北海道といっても、国内旅行なので飛行機の便利グッズなどはあまり必要ないと思います。

是非参考に、北海道旅行の持ち物をチェックしてみてください!

ぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
たけ
北海道の観光や暮らしに関する記事を400記事以上作成。 自分の『体験/経験 /取材』と情報が偏らない様にしっかりと調べた内容をまとめ、北海道に関する情報を配信しています。