クラーク像がある羊ヶ丘展望台のアクセス方法!バスや電車は?車や駐車場は?

スポンサーリンク

羊が丘展望台には有名なクラーク像があり北海道旅行らしい写真を撮れる人気スポットです!
この羊が丘展望台は札幌中心部から離れたところにあり少しアクセスしずらいところにあります。
今回はそんな羊ヶ丘展望台へのアクセス方法を紹介します!
バスや電車、最寄り駅や車でのアクセス駐車場など札幌の人気スポット羊ヶ丘展望台へ行こう!

スポンサーリンク

羊ヶ丘展望台へのアクセス方法(バスなど交通機関利用)

札幌で人気の観光スポット「羊ヶ丘展望台」

クラーク像が指を指している像が印象的な場所で札幌旅行の素敵な写真が撮れること間違いなしの場所!

しかしこの羊ヶ丘展望台は他の札幌の人気の観光スポット
「時計台」や「テレビ塔」「赤レンガ庁舎」「すすきの」などと違い
札幌中心部から少し離れたところにあります。

 

最寄りの地下鉄「福住駅」からは約4㎞離れていて交通機関を利用する場合は基本的にはバスでのアクセスになります。

今回はそんな羊が丘展望台のアクセス方法を紹介します。

 

羊が丘展望台の場所はどこ?

【住所】札幌市豊平区羊ヶ丘1番地

【TEL】011−851−3080

札幌駅からは東側に約10㎞ほどの場所にあります。

札幌ドームから3キロほどの場所にあります。

 

また羊ケ丘展望は入場料がかかります。
バスで行く場合は羊ケ丘展望へ到着し降車後料金所でのお支払いになります。

【羊ケ丘展望台入場料】大人520円 小・中学生300円

【営業時間】
◆5月〜6月  8:30〜18:00
◆7月〜8月  8:30〜19:00
◆9月     8:30〜18:00
◆10月〜4月 9:00〜17:0

 

地下鉄福住駅とバスを利用して羊ケ丘展望台へ!

交通機関を利用していく場合は、
地下鉄を利用し「東豊線・福住駅」まで行き、バスで羊ケ丘展望台へ向かいます。

 

地下鉄福住駅の行き方

羊ケ丘展望台行きのバスが出ている地下鉄福住駅は東豊線になります。

東豊線は福住行きと栄町きがあり「福住行き」の最終が福住駅になります。

札幌中心部からは、
「地下鉄さっぽろ駅」「大通駅」「豊水すすきの駅」から乗ることができ、
その他「東西線」「南北線」からは「さっぽろ」「大通」で乗り換えになります。

「さっぽろ」も「大通」も東豊線は駅構内の離れたところにあるので、看板を目印にしましょう!

また東豊線の「豊水すすきの駅」と南北線の「すすきの駅」があるので注意しましょう。

 

【地下鉄さっぽろ駅〜福住駅】
◆所有時間:14分 7駅
料金:大人250円 こども130円

【大通駅〜福住駅】
◆所有時間:12分 6駅
◆料金:大人250円 こども130円

【豊水すすきの〜福住駅】
◆所有時間:10分 5駅
◆料金:大人250円 こども130円

 

 

福住駅から羊ケ丘展望台

地下鉄福住駅から羊ケ丘展望台へは路線バスは運行されていてます。

 

羊が丘展望台行きのバスは【福84・羊ケ丘線】4番乗場から出発しています。

◆「地下鉄福住駅」から改札を出て左に進みます。
(案内があるので見ながら進みましょう。)

案内通り進むと右側に階段(エスカレーター)があるので上に上がります!

上に上がるとまた右側に階段(エスカレーター)があるのでまた登ります。《福瑞バスターミナルの案内あり!》

バスターミナルに到着!4番乗りばが羊ケ丘展望台行きです。(案内看板があります!)

 

 

 

【乗場】4番乗場 (福84・羊ケ丘線)

【所有時間】約12分

【料金】大人210円 こども110円

 

中央バス時刻表検索ページ

 

 

札幌駅からバスで羊ケ丘展望台へ!

札幌駅前(東急前南側)バス停からも夏季限定(4/1〜11/30)まで直行便で羊ケ丘展望台までバスが運行しています。

《注意》
札幌駅前には、ビックカメラが入っている札幌駅直結のビル「エスタ」1階の「札幌バスターミナル」などバス停が複数あり、羊ケ丘展望台行きは「札幌駅前(東急南側)」になります。

 

【乗場】札幌駅前(東急南側)2番乗場 「中央バス89・羊ケ丘線」

【所有時間】約38分

【料金】大人240円 こども120円

※今年度時刻表決まりましたら記載します。

 

新千歳空港から羊ケ丘展望台へ!

新千歳空港からまっすぐ羊が丘展望台へ行く場合は、
一番わかりやすく行く方法は、
新千歳空港からJRで札幌駅まで行く上記の方法で羊ケ丘展望台へ向かう方法が一番わかりやすいです。

新千歳空港から札幌へのアクセス方法!

 

または新千歳空港からバスで福住駅まで行き上記の方法で羊ケ丘展望台へ向かいます。

【料金】大人1030円 こども45分
【所有時間】約45分

新千歳空港バス時刻表・アクセスページ

 

 

 

羊ケ丘展望台へタクシーで行く!

羊が丘展望台へタクシーで行くにはどれくらい位の料金がかかるのでしょうか?

タクシー会社によって料金は違うので一つの目安にしてみてください。

 

札幌駅〜羊ケ丘展望台:約2830円(約10㎞ 約30分)

◆すすきの〜羊ケ丘展望台:約2430円(約10㎞ 約25分)

◆福住駅〜羊ケ丘展望台:約670円(約4㎞ 約10分)

三井アウトレット札幌〜羊ケ丘展望台:約2510円(約10㎞ 約20分)

 

 

羊ケ丘展望台へのアクセス方法(車)

スポンサーリンク

上記でバスなど交通機関を使って札幌市内から行く方法を紹介しました!

次はレンタカーなどを借りて車で羊ケ丘展望台へ行く方法を紹介します。

 

 

札幌中心部から車で羊ケ丘展望台へ

札幌中心部から羊ケ丘展望台へは、

◆国道36号線(すすきのニッカの看板がある大きな通り)をまっすぐ東側(札幌ドーム/千歳方面)に進みます。

◆ずっと進んでいくと札幌ドームが見えてくるので札幌ドーム前の国道82号線を右折。

◆右折し約3キロ先、左側に羊ケ丘展望台があります。

 

他にも様々なルートがありますがこのルートが一番わかりやすいルートだと思います。

基本的にはこの他ルート以外でもナビでいけば間到着することができます。

【所有時間】約30分 約11㎞

 

 

新千歳空港から車で羊ケ丘展望台へ

羊ケ丘展望台は札幌中心部から見ると新千歳空港側なので、

新千歳空港からレンタカーを借りて中心部にいく前に羊ケ丘展望台による。

もしくは札幌からレンタカーで新千歳空港にいく帰りに寄っていくという方法もオススメです。

 

【高速を利用】

道央自動車道「新千歳空港IC」に乗り「北広島IC」で降ります。

その後国道36号線を通り札幌ドームから国道82号線を左折し約5分で左側に羊が丘展望台があります。

所有時間:約47分 約45キロ
◆高速料金:通常料金880円

 

 

【一般道のみを利用】

一般道のみを利用していく場合は国道36号線をまっすぐ進み札幌ドームから国道82号線を左折し約5分で左側に羊が丘展望台があります。

◆所有時間:約1時間 約41㎞

 

 

その他札幌観光地から羊ケ丘展望台への車での所有時間目安

 

【円山動物園から】
◆所有時間:約30分 12㎞

 

【白い恋人パークから】
◆所有時間:約45分 約19㎞

 

 

【藻岩山から】
◆所有時間:約30分 約12㎞

 

【北海道大学から】
◆所有時間:約35分 約14㎞

 

【中央卸売市場から】
◆所有時間:約35分 約14㎞

 

【ビール博物館から】
◆所有時間:約30分 約11㎞

 

【モエレ沼公園から】
◆所有時間:約50分 約20㎞

 

【北海道開拓の村から】
◆所有時間:約30分 約13㎞

 

【支笏湖から(千歳市)】
◆所有時間:約55分 約40㎞

 

 

新千歳空港から札幌へのアクセス方法!

今回は札幌の人気の観光スポット「羊ケ丘展望台」を紹介しました!

札幌へ旅行に来る方は新千歳空港を利用する方が多いと思います。

新千歳空港から札幌へのアクセス方法はこちらの記事をチェック!

◆新千歳空港から札幌への行き方!

 

札幌から北海道各地へのアクセス方法!

北海道旅行で札幌を拠点に旭川や小樽、富良野などに行きたい。

でもどれくらいの距離があるのかよくわからに。

そんなかたは札幌から北海道各地へのアクセス方法を参考にしてみてください!

札幌から小樽の行き方!

札幌から函館の行き方!

札幌から旭川の行き方!

札幌から旭山動物園の行き方!

札幌から富良野の行き方!

札幌から帯広の行き方!

 

日本各地から北海道へのアクセス!

日本各地から北海道へのアクセス方法はこちらの記事をチェック!

 

◆東京から北海道への行き方!

◆大阪から北海道への行き方!

◆名古屋・愛知から北海道への行き方!

◆福岡から北海道への行き方!

 

 

札幌のおすすめグルメ!

24c1c569520948bd310c3ed8ba407d52_s

札幌!北海道といえばグルメ王国!

ラーメンにジンギスカン、海産物など美味しいものがたくさん!

札幌の美味しいグルメはこちらの記事を参考に!

◆札幌グルメおすすめや人気ランキングまとめ!

 

 

最後に

今回は札幌の人気の観光スポット羊ケ丘展望台へのアクセス方法を紹介しました。

クラーク像が有名なところでもしかすると一番札幌旅行らしい写真を撮れるスポットかもしれません!

中心部から少し離れたところにあり、交通機関を利用する場合は、バスを利用していくことになります。

ぜひ羊ケ丘展望台を旅行プランに入れてみましょう!

スポンサーリンク