ダイヤモンドダストは北海道で見れる?場所や見やすい条件は?

   

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-15-22-54-33

スポンサーリンク

大気中がキラキラ光り輝やいて見える現象、ダイヤモンドダスト!
ダイヤモンドダストは自然現象が重なり見ることのできる現象で、寒い北海道に行けば確実に見れるというものでもありません。
では、一体どこで見れるのか?
今回はダイヤモンンドダストがよく見られる場所や見れる条件など、一度は見たいダイヤモンドダストを紹介!

 

 

ダイヤモンドダストとは?

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%89

出典:http://ord.yahoo.co.jp

そもそもダイヤモンドダストとはなんなのか?

 

ダイヤモンドダストとは、漢字で書くと細氷と呼ばれる、大気中の水蒸気が昇華してできた、小さな氷の結晶のこと。

この小さな氷の結晶が降りキラキラ輝やいて見えるのがダイヤモンドダストと呼ばれています。

この大気中の水蒸気が、凍って、小さな氷の結晶が空を舞うのはまるでダイヤモンドが空を舞っているような絶景!

 

様々な自然現象が重なって見ることのできる、自然が作り出す絶景!

それがダイヤモンドダストなんです!!

 

 

ダイヤモンドダストが見れる条件とは?

スポンサーリンク

ダイヤモンドダストは様々な条件が重なり見ることのできる自然現象です。

では、その条件とはなんなのか?

 

・気温が−10℃〜−20℃以下

・無風

・空気が澄みきっている。

・晴れ、快晴

・湿度が高い

・早朝

・視界1m以上

この条件が揃わないとダイヤモンドダストは見れないと言われています。

 

ダイヤモンドダストの発生率が比較的高いのが1月〜2月!

 

 

ダイヤモンドダストが見れる場所は?

 

ダイヤモンドダストはどこで見ることができるのか?

 

ダイヤモンドダストは北海道の中でもさらに寒いところ、北海道の内陸部で見ることができます。

北海道の寒いところの記事!こちら!

 

その中でもダイヤモンドダストを見るのにオススメの場所を紹介します。

 

 

旭川市

%e6%97%ad%e5%b7%9d

出典:http://msp.c.yimg.jp

旭山動物園で有名な旭川。

旭川は北海道の内陸にあり、

気象庁の公式記録では日本一低い気温−41℃を記録した場所なんです。

旭川では街の中でも条件が揃えばダイヤモンドダストを見ることができます。

ホテルのベランダなどでもしっかり条件が揃えば見れることもあります。

 

美瑛町

%e7%be%8e%e7%91%9b

出典:http://ord.yahoo.co.jp

北海道の人気の観光地美瑛町。

美瑛では川沿いや山間部などで壮大なダイヤモンドダストが舞い上がる瞬間があります。

美瑛はカメラマンにも人気なダイヤモンドダストのスポットです。

 

名寄市

%e5%90%8d%e5%af%84

出典:http://ord.yahoo.co.jp

旭川の上の方にある名寄市。

日本一の雪質を誇るスキー場、名寄ピヤシリスキー場があります。

この名寄ピヤシリスキー場でスキーを楽しみながらダイヤモンドダストを見れることがあります。

ダイヤモンドダストの中でのスキーはまさに絶景です。

 

幌加内町

%e5%b9%8c%e5%8a%a0%e5%86%85

出典:http://ord.yahoo.co.jp

日本一のそばの産地幌加内町。

この幌加内は気象庁の公式ではないですが、氷点41,2℃を記録した、日本で一番低い気温を出したところ。

ワカサギ釣りの名所、朱鞠内湖でも気温がぐっと下がりワカサギ釣りをしながらダイヤモンドダストを見ることができます。

 

十勝地方

%e5%8d%81%e5%8b%9d

出典:http://ord.yahoo.co.jp

十勝地方では1月、2月になると気温が−20℃になることもあり、ダイヤモンドダストを見ることができます。

日本一寒い街と言われている、十勝地方の陸別町ではダイヤモンドダストの他に奇跡的にオーロラが見れるかも。

オーロラに関する記事はこちら!

 

 

弟子屈町

%e5%bc%9f%e5%ad%90%e5%b1%88

出典;http://ord.yahoo.co.jp

摩周湖、屈斜路湖が近くにある弟子屈町。

2月には弟子屈町の川湯温泉街ではダイヤモンドダストをイメージしたいるミネーションが登場します。

もちろん本物のダイヤモンドダストも見ることができます。

 

 

ダイヤモンドダストを見るには?

 

上記のダイヤモンドダストが見れる条件、見れる場所などを参考にダイヤモンドダストを見るには、

 

北海道の中でもさらに寒い内陸部で1月〜2月。

氷点下10℃以下で視界が1m以上の空気が澄みきった、湿度が高い、無風の早朝にダイヤモンドダストを見ることができます。

天気予報などをチェックして気温が低く、風がなく天気がいい日をチェックしましょう。

 

やはりなかなか難しい条件ですが、この条件を満たせばダイヤモンドダストの絶景を見ることができます。

 

 

最後に

 

今回は冬の絶景ダイヤモンドダストを紹介しました。

様々な条件が重なり見ることのできる自然が生み出す絶景!

見に行って確実に見ることができないのもまた見ることができた時の感動が増します。

一度は見てみたい北海道の冬だけで見れる絶景ダイヤモンドダスト。

一度ダイヤモンドダストに絶景に挑戦してみては?

 

他にも北海道の冬に見れる絶景がたくさんあります!

北海道の冬の絶景のまとめはこちら!

スポンサーリンク

 

 

 


 - , 季節, 絶景