北海道や札幌の雪はいつから降る?初雪や積もるのは?根雪は?


北海道の冬といえば雪!
そんな北海道の雪はいつ頃降るのでしょうか?
また雪が積もるのはいつなのでしょうか?
今回は北海道や札幌の雪について紹介します!
初雪が降るのはいつ頃なのか?
雪が積もるのはいつ頃なのか?根雪になるのは?などなど
北海道、札幌の雪について紹介します!



北海道の初雪/雪が降るのはいつ?

北海道の冬のといえば雪!

あたり一面雪景色になり、
街にも雪が降り積もります。

そんな北海道では雪がいつ頃降り始めるのでしょうか?

今回は北海道にいつ頃雪が降り始めるのか?

積もるのはいつ頃なのかなど北海道の雪を紹介します!

まずは北海道ではいつ頃雪が降り始めるのでしょうか?

 

札幌の初雪/雪が降るのはいつ頃?

札幌では初雪や雪はいつ頃降るのでしょうか?

 

初雪が日は毎年大きく変わってきます。

10月上旬に降ることもあれば、
11月まで降らないこともあります。

 

過去の記録では、
最も早い初雪が、10月5日(1988年)
最も遅い初雪が、11月20日(2018年)

が1887年から始まった統計での今までの記録になります。

 

札幌の初雪の平均は10月28日が初雪が降る平均の初雪が降る日になります。

もちろん年によって初雪が降る日は変わります。

早くて10月上旬、遅くて11月下旬には初雪が降ります。

基本的には10月下旬〜11月上旬に札幌では初雪が降るイメージです!

 

しかし、
初雪が降ってから全く雪が降らなくなる年もあれば、
初雪が降ってからどんどん雪が降って初雪から短い期間で雪が積もる年もあります。

 

 

ちなみに、

札幌の初霜は、
最も早い初霜が、9月9日(1888年)
最も遅い初霜が、11月15日(2005年)
平均が、10月25日

 

 

札幌の結氷は、
最も早い結氷
が、9月25日(1904年)
最も遅い結氷が、11月15日(2010年)
平均が、10月27日

 

 

 

北海道各地の初雪/雪が降るのはいつ頃?

上記では札幌の初雪について紹介しました。

北海道は広く、札幌より先に初雪が降る地域もあれば、札幌よりも遅く初雪が降る地域もあります。

次は北海道各地の初雪の時期などを紹介します。

 

【北海道各地の初雪時期】

平 年 平 均最 も 早 い 日最 も 遅 い 日
稚 内10月22日10月6日
(1978)
11月14日
(2018)
旭 川10月23日10月2日
(1898)
11月18日
(2012)
網 走10月31日10月7日
(1954)
11月18日
(2012)
札 幌10月28日10月5日
(1880)
11月20日
(2018)
帯 広11月7日10月11日
(1945)
11月24日
(1892)
釧 路11月10日10月11日
(1923)
12月9日
(1928)
室 蘭11月1日10月13日
(1978)
11月23日
(1975)
函 館11月3日10月11日
(1878)
11月27日
(1911)

※統計開始年
稚内:1939  旭川:1889 網走:1890 札幌:1877 帯広:1893 釧路:1911 室蘭:1924 函館:1873

 

平均としては10月下旬から11月上旬に初雪が降ることが多く、
早い時期で10月上旬、遅い時期で11月下旬に初雪が降ります。

記録を見てみると、
初雪が遅い記録が、稚内・札幌で2018年、旭川・網走で2012年と近年初雪が遅くなっている傾向にもあります。

また初雪が早い時期は逆に稚内・室蘭の1978年が早い記録の年になっており1970年代以降は初雪が早く降った日の記録を更新していません。

もしかすると温暖化の影響などで初雪が遅くなっているのかもしれません。

 

 

【北海道各地の冠雪時期】

平 年 平 均
稚内(利尻山)10月3日
旭川(旭岳)9月25日
網走(斜里岳)10月13日
札幌(手稲山)10月16日
釧路(雌阿寒岳)10月15日
室蘭(鷲別岳)10月28日
函館(横津岳)10月25日

山の山頂などに雪が積もる冠雪は、旭岳の9月下旬が最も早く、
利尻富士が10月上旬。
斜里岳・手稲山・雌阿寒岳が10月中旬。
鷲別岳・横津岳が10月下旬が平年の平均になります。

 

【北海道各地の霜/結氷の時期】

平 年 平 均最 も 早 い 日最 も 遅 い 日
稚 内霜:11/7
結氷:11/4
霜:10/1
結氷:10/11
霜:11/27
結氷:11/18
旭 川霜:10/8
結氷:10/5
霜:9/14
結氷:9/20
霜:10/25
結氷:11/6
網 走霜:10/25
結氷:10/27
霜:9/15
結氷:10/8
霜:11/16
結氷:11/16
札 幌霜:10/25
結氷:10/27
霜:9/9
結氷:9/25
霜:11/15
結氷:11/15
帯 広霜:10/9
結氷:10/13
霜:9/14
結氷:9/17
霜:10/30
結氷:10/30
釧 路霜:10/18
結氷:10/22
霜:9/16
結氷:9/30
霜:11/5
結氷:11/5
室 蘭霜:11/10
結氷:11/11
霜:10/5
結氷:10/21
霜:12/21
結氷:12/1
函 館霜:10/19
結氷:10/28
霜:9/22
結氷:10/5
霜:11/14
結氷:11/18

 

 

 


北海道で雪が積もる時期・根雪になるのはいつ?

上記では北海道の初雪の時期を紹介しました。

北海道では初雪が降ってすぐにそのまま雪が積もるのではなく、
断続的に雪が降った時などに雪が積もります。

また雪は積ったり溶けたりをくりかえし、
最終的に積もった雪が溶けずに雪溶けまで雪が残る根雪(長期積雪)になります。

では北海道では、いつ頃雪が積もり根雪になるのでしょうか?

 

 

札幌の雪が積もる時期や根雪になる時期は?

札幌ではいつ頃雪積もり、
またいつ頃根雪になるのでしょうか?

 

積雪も初雪同様、年によって大きく日にちが変わってきます。

 

札幌の積雪の記録では、
最も早い積雪が、10月5日(1880年)
最も遅い積雪が、11月30日(1989年)

と年によっても大きく変わります。

 

札幌の積雪の平均は11月8日が積雪を記録する平均の日になります。

年によっても大きく変わります。

最もは早い積雪の日と、最も遅い積雪の日を比べると2ヶ月近い差があります。

平均としては11月上旬頃に札幌では一度雪が積もります。

 

積雪してから雪が積ったり溶けたりを繰り返し、
最終的に雪溶けまでずっと雪が積っている状態になる根雪(長期積雪)になります。

 

札幌の根雪(長期積雪)の記録では、
最も早い根雪が、11月17日(1998年)
最も遅い根雪が、12月14日(2009年)

で、年にもよって変わってきます。

 

札幌の根雪(長期積雪)の平均は12月4日が根雪を記録した平均になります。

平均では12月上旬頃から、根雪になり雪溶けまで雪が積もった状態になります。

 

 

北海道各地の雪が積もる時期や根雪になる時期はいつ?

上記では札幌の雪が積もる時期、根雪になる時期を紹介しました。

では旭川や函館など北海道各地の雪が積もる時期や根雪になる時期はいつなのでしょうか?

 

【北海道各地の積雪の時期】

平 年 平 均最 も 早 い 日最 も 遅 い 日
稚 内11月3日10月17日
(1999)
11月23日
(1975)
旭 川11月3日10月7日
(1983)
11月23日
(1975)
網 走11月10日10月25日
(1964)
11月30日
(1977)
札 幌11月8日10月12日
(1968)
11月30日
(1989)
帯 広11月21日10月16日
(2013)
12月11日
(1991)
釧 路11月29日10月28日
(1978)
12月23日
(1983)
室 蘭11月16日10月25日
(1964)
12月5日
(2006)
函 館11月12日10月24日
(1983)
12月1日
(1997)

※統計開始年:1961年

北海道各地の平均を見てみると、
稚内、旭川、札幌、網走が11月上旬。
室蘭、函館が11月中旬。
帯広、釧路が11月下旬に積雪の平均になります。

また上記の地域で最も積雪を早く観測したのが1983年の旭川の10月7日。

最も遅いのが、1983年の釧路の12月23日。

もとも早い時期と最も遅い時期をそれぞれ見てみると2ヶ月ほどの差があります。

 

 

【北海道各地の根雪(長期積雪)の時期】

平 年 平 均最 も 早 い 日最 も 遅 い 日
稚 内11月26日10月31日
(2016)
12月22日
(2013)
旭 川11月22日10月29日
(2016)
12月15日
(1990)
網 走12月3日11月16日
(2000)
12月23日
(1962)
札 幌12月4日11月17日
(1998)
12月14日
(2009)
帯 広12月10日11月14日
(1976)
1月19日
(1978)
釧 路12月30日12月3日
(2011)
2月7日
(1983)
室 蘭12月25日11月25日
(1962)
2月12日
(1962)
函 館12月16日11月19日
(2017)
1月20日
(1992)

※統計開始年:1961年

北海道各地の根雪の平均は、
稚内、旭川では11月下旬。
網走、札幌、帯広では12月上旬。
函館では12月中旬。
釧路、室蘭では12月下旬が根雪になる平均の時期になります。

上記の地域の記録を見てみてると、
最も早い根雪が2016年の旭川の10月29日。
最も遅い根雪が1962年の室蘭の2月12日。

それぞれの最も早い時期と遅い時期を見比べてみると、
2ヶ月〜2ヶ月半ほどの差があります。

 

積雪と根雪を見ても最も早い時期と遅い時期を比べると2ヶ月ほどの差があります。

いつ頃積もるというのはざっくり分かるものの、
その年によってかなり日にちは大きく変わります。

 

北海道の雪を体験したい場合は、この時期だとやはり年によって変わってしまうので、
地域にもよりますが1月以降に来れば北海道らしい雪が積もった冬を確実に体験できます!

 

 

初雪・積雪時期に北海道の気温や服装は?

今回は北海道の初雪の時期や雪が積もる時期などを紹介しました。

では北海道で初雪が降る時期や雪が積もる時期はどれくらいの気温なのでしょうか?

札幌の初雪や雪が積もる時期、北海道の冬の気温や服装などはこちらの記事をチェック!

 

◆10月の北海道の気温や服装は?

◆11月の北海道の気温や服装は?

◆12月の北海道の気温や服装は?

◆1月の北海道の気温や服装は?

◆2月の北海道の気温や服装は?

◆3月の北海道の気温や服装は?

 

 

北海道の雪はいつまで?雪解けの時期は?

北海道の初雪や雪が積もる時期を初回しました。

では北海道で雪が溶けるのはいつ頃なのでしょうか?

北海道の雪解けの時期の詳細はこちらの記事をチェック!

◆北海道の雪はいつまで?雪解けの時期は何月?

 

 

冬の北海道旅行の持ち物リスト!

冬に北海道旅行をと考えている人も多いはず。

北海道の冬は気温がマイナスになり雪も積もります。

そんな冬の北海道旅行ならではの持ち物などあるのでしょうか?

冬の北海道旅行の持ち物はこちらの記事をチェック!

◆冬の北海道旅行の持ち物リスト!あると便利なものは?

 

 

最後に

今回は北海道の初雪の時期、雪が積もる時期を紹介しました。

北海道では初雪が平均では10月下旬〜11月上旬に降り、

11月上旬から下旬にかけて積雪を記録。

11月下旬〜12月下旬には根雪になります。

しかしその年によっても初雪も積雪も大きく日が変わります。

習慣天気予報などを見ていつ雪が降るのかをしっかりチェックしましょう!