北海道で初雪前に大量発生する雪虫とは?雪虫の正体はなに?

      2016/12/07

yukimusi

スポンサーリンク

北海道では初雪が降る前に、白い小さな虫が大量に街の中を飛び回ります。その名も雪虫!
北海道では冬の始まりのを告げる、風物詩の雪虫。
自転車に乗ったり外を歩いてると目の中に入ったり、口の中に入ったり。車にも大量にくっついていたり。
そんな雪虫の正体は一体なんなのか?今回はそんな雪虫の謎に迫ります!

 雪虫ってなに?雪虫の正体は?

yukimusi

出展:img-cdn.jg.jugem.jp

北海道には秋の終わり、初雪が降る前に白い虫。『雪虫』がたくさん飛び回ります!

体長約5mm前後の全身が白い綿に包まれたような虫です。

自転車に乗っていると目に入ったり、口に入ったり、髪の毛の中に入っていたり。

北海道ではこの雪虫がたくさん飛び始めると、その1週間〜10日後ぐらいに初雪が降ると言われている、北海道民にはおなじみの虫なんです。

ではその雪虫の正体は一体なんなのでしょう?

 

雪虫の正体は?

雪虫の正体は、『アブラムシ』の仲間で、北海道にいる雪虫の具体的な名前が『トドネオオワタムシ』と言います。

秋になって越冬する前などに羽を持つ成虫が生まれ、交尾をして越冬のために産卵します。

この時の羽を持つ成虫が綿をまとい空を飛びます。

この時に雪虫と呼ばれるあの白い虫になるのです。

 

雪虫は主に北海道での呼び名で、他には綿虫、オオワタ、シーラッコ、シロコババ、オナツコジョロ、ユキンコ、しろばんばといった様々な呼び方があります。

 

雪虫(トドネオオワタムシ)は秋の終わりにトドマツからヤチダモの木に一斉にお引越しをします。

これが大量に雪虫を見る時期になり、初雪の前触れになるのです。

 

2015年に雪虫が大量発生

スポンサーリンク

そんな北海道の冬の始まりを告げる雪虫。

でも雪虫も北海道の人から少し鬱陶しい存在になることも。

 

2015年に北海道の白老町、苫小牧市で雪虫が大量発生し、まるで吹雪のような光景が。。

%e9%9b%aa%e8%99%ab%e5%a4%a7%e9%87%8f

出展:ord.yahoo.co.jp

見通しが悪くなるほどの雪虫。

目を開けていると目の中に入ってくる。

口を開けてると口に入ってきて息ができない。

服に大量につく。

髪の毛にもいっぱいくっついている。。

 

%e9%9b%aa%e8%99%ab

出展:http://ord.yahoo.co.jp

車もこんな感じに。。。

 

なぜ雪虫が大量発生してしまうのか?

雪虫が大量発生してします理由の一つとして考えられているのが、地球温暖化です。

雪虫はアブラムシの仲間。

アブラムシは夏直前から秋にかけて気温が高くなるにつれ大量発生すると言われています。

近年の地球温暖化の影響で気温が高い日が増え雪虫が成長しやすい環境になってきているのです。

今後大量発生する年がどんどん増えていくかもしれません。

 

今は雪虫が大量発生するのが多いのが北海道ですが、今後地球温暖化につれ雪虫が南下していくのではないか?と言われています。

南下して白い色にはならない小さいアブラムシが何年か後には東京などにも大量発生なんてこともあるかもしれません。

 

雪虫の対処方法は?

雪虫の寿命は1週間程度です。

大量発生すると1週間ほどつづく可能性があります。

 

雪虫の対処方法としては、

 

・サングラス、マスク、帽子などを身につけ目や口、頭につかないようにしましょう。本当にひどい時はカッパなどを着るのもいいかもしれません。

 

・雪虫は木の近くが好きで木の近くに集まります。なるべく木の近くにいかにようにしましょう。

 

・雪虫の一番害に会うのが、自自転車です。大量発生じゃなくても雪虫がいる時に自転車に乗ると、顔、体にすごいぶつかってきます。大量発生している時は自転車には乗らないようにしましょう。

 

最後に

北海道の冬の始まりの風物詩として親しまれてきた雪虫。

ふわふわっと飛び回る、小さな白い可愛い雪虫。

実は雪虫はアブラムシでちょうど北海道の冬の始まりに雪虫がお引越しをする際に現れます。

そんな雪虫もふわふわっと数匹飛んでいれば可愛いらしいのですが、大量発生してしまうと前が見えないなどの被害が出てきます。

温暖化の影響で大量発生しているんではないかと言われています。

こういうところでも温暖化の影響が出てきています。

今後さらに雪虫が大量発生しないように。昔の数匹飛んでる可愛いらしい雪虫の風景が戻るように。

温暖化のことなども考えなければなりません。

スポンサーリンク

 

 

 

 


 - ニュース, ,