小樽観光おすすめモデルコース!半日や1日!札幌からの日帰りも!地図も使って紹介!

こんにちは!あそびば北海道です!
今回は小樽のモデルコースを紹介します!

北海道の人気の観光スポット「小樽」

札幌の隣町とアクセスもよく、
北海道観光の定番のスポットになっています。

今回は、
そんな小樽観光のおすすめのモデルコースを紹介します!

半日観光や1日観光のモデルコース は?
札幌からの日帰りは?など、
わかりやすいように地図も使用して紹介していきます!



小樽観光スポット早わかり地図!

小樽観光マップ

小樽の人気の観光スポットは、
基本的には中心部に集まっています。

✔︎小樽駅から小樽運河までは約1㎞

✔︎小樽運河から中心部の観光スポットの、
端に位置するオルゴール堂までは約1㎞

と2㎞ほどの範囲に人気の観光スポットが集まっています。

 

しかし、
「小樽水族館」
「天狗山」
「朝里川温泉」
は歩いていける距離にはないので、
バスか車での行くことになります。

他の人気の観光スポットは、
中心部に集まっているので、
とても観光のしやすい街です!

 

小樽中心部観光マップ!

小樽中心部の主な観光地のエリアマップです。

「小樽運河のエリア」
がオルゴール堂やルタオなど様々なお店が並ぶ
「堺町エリア」
が小樽駅から運河まで続く「中央通り」
がお寿司屋さんが並ぶ「寿司屋通り」

上記のエリアには、
小樽のおすすめの観光スポットがたくさんあり、
小樽駅からも近いので、
小樽観光の中心スポットにもなります。

 

小樽中心部観光ルート地図

小樽中心部観光ルートマップ

 

小樽中心部観光の定番ルートマップです!

 

【小樽駅から旧手宮線へ向かいます。
小樽駅

⬇︎

【旧手宮線沿いを歩きながら、
北のウォール街がある日銀通りへ!】

旧手宮線

⬇︎

【北のウォール街を観光して小樽運河へ!】
日本銀行小樽支店

⬇︎

【北のウォール街をまっすぐいくと小樽運河に到着!】
小樽運河

⬇︎

【お店や観光スポットが並ぶ堺町通りへ】
(堺町通りには、
北一硝子やヴェネツィア美術館/ルタオ/オルゴール堂など
人気のスポットがたくさんあります。)
堺町通り

⬇︎

【観光しながら堺町通りの端にある、
オルゴール堂本館へ】

オルゴール堂本館

⬇︎

【オルゴール堂からは、
堺町通りを戻っても、
裏の大きい道路へ出てもどっちでもOK!
大きい道路方面には、
『かま栄』があるので寄っていきましょう!】

かま栄

⬇︎

【小樽運河沿いを歩いて、
小樽運河中央橋から小樽駅へ】
小樽運河クルーズ方面
小樽運河中央橋は、
運河クルーズがあるので最後にクルーズを楽しむのもあり!

 

小樽中心部観光は、
ざっくりとこんな感じのルートが、
定番で効率のいい周り方になります。

これに、
自分の行きたいとろを、
ピックアップしてプラスしてみてください!

 


小樽観光【半日】モデルコース

札幌からの日帰りや、
帰りのフライトの時間まで楽しみたい方に、
半日観光はおすすめだよ!

札幌から小樽へは、
JRで約39分/車で約45分ほど。

札幌からの半日の日帰りや、
帰りのフライトまでの間小樽観光、

または、
新千歳空港からまっすぐ小樽観光をして、
夜に札幌に宿泊。

など小樽の半日観光を考えている人も、
多いと思います。

まずは、
小樽観光の半日モデルコースを紹介します。

 

小樽半日モデルコース
【札幌からJRで日帰り】

 

【11:00頃 小樽駅に到着】
小樽半日モデルコース小樽駅
早めの昼食で小樽駅のすぐそばにある、
「三角市場」で海鮮丼でもOK!

⬇︎ 徒歩6分

【11:15頃 旧手宮線】
小樽半日コース旧手宮線
旧手宮線の線路沿いを歩いて、
「北のウォール街」がある「日銀通り」へ向かう。

⬇︎ 徒歩4分

【11:30頃 北のウォール街】
小樽半日コース日銀旧小樽支店
「旧北海道銀行」や「日銀旧小樽支店」などがあり、
無料で館内を見学できるところもあります。

⬇︎ 徒歩3分

【12:00頃  小樽運河】
小樽半日モデル小樽運河
帰りにもよることはできますが、
やはり小樽と言ったらここなので、
先に行って記念写真を撮りましょう!

⬇︎ 徒歩5分

【12:30頃 堺町通りへ】
小樽半日モデル堺町通り
たくさんの観光スポットやお店などがある通り!
飲食店もたくさんあるので昼食もここで!

小樽半日モデル食べ歩き

堺町通りには、
「北一硝子」や「ヴェネチィア美術館」
「ルタオ本店」
などの有名なところをはじめ、
たくさんのお店が並びます。

堺町通りを観光しながら、
堺町通りの端にある「オルゴールどう本館」を目指します!

⬇︎

【15:00頃 オルゴール堂本館】
小樽半日モデルオルゴール堂
運河方面から堺町通りを歩いていくと、
一番端にあるのが「オルゴール堂本館」になります。

⬇︎ 徒歩8分

【15:30頃 かま栄】
小樽半日モデルかま栄
オルゴール堂から小樽運河方面へ行き、
小樽駅に向かいます。

オルゴール堂から堺町通りを戻ってもいいですが、
裏の大きい通りを通るのもOK!
途中に「かま栄」があるので、
よっていきましょう!

⬇︎ 徒歩10分

【16:00頃 小樽クルーズ(中央橋)】
小樽半日モデル運河クルーズ
写真で有名な小樽運河から、
運河沿いを歩いて「中央橋」へ行くと、
「小樽運河クルーズ」があります。

クルーズは約40分船にの乗り小樽運河を進みます!

クルーズがある中央橋から小樽駅までは、
直線で徒歩約13分ほど!

⬇︎ 徒歩13分

【17:30頃 小樽駅】

※時間はあくまで目安です。

夜何時までに帰らなくちゃいけない。
と決まりがない人は、
夜ご飯も小樽で食べていくのもいいでしょう!

 

「紹介したモデルコースの時間より、
もっと小樽にいる時間が少ない。」
という人は、
まずは、
定番の『小樽運河』と『堺町通り』を楽しみましょう!

その上で時間が余った場合は、
他の観光地を回るようにしましょう!

 

小樽半日レンタカーがある場合

レンタカーで小樽まで来る人で、
小樽駅方面に用事がない場合は、
「堺町通り」付近の駐車場に車を止めてしまいましょう。

 

最大料金1,000円前後のところが多く、
最大料金がないところもあるので、
必ず最大料金がある駐車場に駐車するようにしましょう!

 

旅行最終日に小樽観光をして新千歳空港へ行く場合

最終日のフライトの時間が遅く、
小樽観光をしてから新千歳空港へ向う!
と考えている方も多いと思います。

 

小樽から新千歳空港までは、

✔︎JR快速エアポートで75分

✔︎車で約1時間20分(高速利用)

ほどの時間がかかります。

 

余裕を持って、
フライトの1時間半〜2時間前には、
空港に到着しておきたいので、

JRの人はフライト時刻の遅くても1時間半前

車の人はフライト時刻の遅くても2時間前

には、
小樽を出発するようにしましょう!

 

小樽観光【1日】モデルコース

次は、
小樽に前日の夜宿泊した人や、
朝から小樽へ行く人の、
1日小樽観光モデルコースを紹介するよ!

 

【9:00頃 小樽水族館着】
小樽1日観光モデル小樽水族館
小樽水族館や、
周辺の祝津エリアを観光!

⬇︎ バスで約20分 小樽中心部へ

【12:00頃 小樽中心部を観光】

⬇︎  バス約17分

【19:00頃 天狗山】
(ロープウェイ最終登り20:48)

 

1日あって朝少し早い行動をすれば、
少し離れた「小樽水族館」や
「天狗山」で夜景を楽しむことができます。

小樽水族館から、
徒歩10分ほどの場所にある
『祝津パノラマ展望台』からは、
沖縄の綺麗な透き通った青い海とはまた違う、
濃い綺麗な青い海を楽しむことができます!

 

青の洞窟クルーズもおすすめ
小樽観光で今人気があるのが、
「青の洞窟クルーズ」

4月〜10月までの限定になりますが、
小樽にある、
綺麗な青色の海を見に行くことができる、
クルーズ船があります!

小樽運河(中央橋)から徒歩3分の場所に、
出発が場所があるのでアクセスも抜群!

全工程約80分のクルーズで、
1日6便運行しています。

(6~8月以外は5便)

小樽の綺麗な海をクルージングしたい方は、
ぜひ日程に入れていみましょう!

ホームページ

 

天狗山から小樽駅への、
最終バスは21:17

小樽から札幌への最終JRは23:10

なので、
札幌に戻る予定の方は、
交通機関の最終時刻を意識しましょう。

 

小樽観光【1泊2日】モデルコース

最後に1泊2日で、
小樽観光をする場合のモデルコースを紹介するよ!

 

《1日目》

【10:00頃 小樽駅着】

⬇︎

⬇︎バス約17分(天狗山) バス約15分(朝里川温泉)

【19:00頃】
天狗山で小樽の夜景を楽しむ!
or
朝里川温泉宿泊で温泉でゆっくり過ごす!

⬇︎

宿泊先へ!

 

《2日目》

【10:00】小樽水族館!
(車の方や歩くのに自信がある方は、
是非祝津パノラマ展望台へ)

その後、
ガラスのコップ作りをしたり、

青の洞窟などを楽しむ!

 

《レンタカーや時間がある方》

車で約40分・小樽駅からJRで25分のところにある、
小樽の隣町「余市町」に行ってみましょう!

余市は「ニッカウイスキー余市蒸留所」や、
ワイナリー、フルーツ狩りなどを楽しむことのできるエリアです。

 

小樽観光の移動手段は?

小樽観光バスルート地図

小樽駅から小樽運河までは徒歩で約15分

小樽運河、堺町通り商店街、北のウォール街などを中心に回る場合は、歩くのに問題ない方は、
バスなどを使わなくても徒歩でも観光することができます。

 

他にも中央バスが運行している
「小樽散策バス」という、
小樽の主な観光スポットを巡るバスがあります。

 

✔︎小樽駅から「小樽運河」や「北一硝子前」
「メルヘン交差点」「かま栄本社」「日銀金融資料館」
など小樽中心部を回る『おたる散策バス』

✔︎夜景の人気スポット「天狗山」へ行くことのできる、
『天狗山ロープウェイ行』

✔︎小樽水族館などがある祝津エリアへ行くことのできる
『おたる水族館線バス』

があります。

【1乗車】大人:240円 小人:120円
【1日乗車券】大人:800円 子供:400円

夏は街を見ながら歩くのもいいですが、
冬や歩くのが苦手な人はバスを利用するのもおすすめです。

 

小樽駅前にはレンタル自転車も!

小樽レンタル自転車きたりん

小樽駅前に「きたりん」という、
レンタル自転車もあります!

自転車を使って観光したい人にはおすすめ!

しかし、
小樽は坂がとても多い街です。

少し高くなってしまいますが、
自転車をレンタルするのであれば、
電動アシスト付きをレンタルするのがおすすめです。

ウェブ予約もできるので、
電動付きをレンタルしたい方は、
事前に予約しておきましょう!

 

小樽モデルコースまとめ

オルゴール堂

小樽は「小樽水族館」「天狗山」「朝里川温泉」以外の、
主な定番の観光名所は、
中心部に集まっていて徒歩で観光することができます。

人それぞれ楽しみ方によって、
もちろん時間のかかりかたは違いますが、
時間がない人はまずは定番の「小樽運河」「堺町通り」
から観光してみましょう!

中心部プラス「小樽水族館」に行きたい人は、
時間の調整をして小樽水族館を楽しみましょう!

小樽水族館は敷地も広く
「所有時間は2時間くらいを、
目安に考えるのがおすすめです!」

 

札幌/新千歳空港と小樽のアクセス

札幌・新千歳空港と小樽のアクセス方法

札幌の隣町で北海道の人気の観光スポット「小樽市」

札幌から小樽へはJRで約32分〜40分
車で高速道路を利用して約45分ほどで行くことができます。

 

小樽から新千歳空港までは
JRの快速で75分ほど、
車で高速を利用して1時間30分ほどなので、
帰りのフライトの時間が遅い場合は最終日に、
小樽観光を半日挟むということもできます。

 

札幌・新千歳空港と小樽は、
アクセスがしやすくそこまで遠くないので、
小樽を入れた様々な観光プランを立てることができます。

小樽観光を入れる例
✔︎空港からまっすぐ小樽に行き、
小樽観光、小樽に宿泊して次の日の札幌

✔︎札幌から夕方に小樽に向かい、
小樽に宿泊して次の日に1日小樽観光

✔︎札幌から日帰りで小樽観光

✔︎帰りのフライトの便が遅いので、
それまで半日小樽観光

など小樽観光を様々なプランで入れることができます。

 

札幌から小樽へ、
新千歳空港から小樽へ、
小樽から札幌、新千歳空港へ、
のアクセス方法はこちらの記事を参考に!

札幌から小樽までの行き方!JRやバス・車の時間や料金は?距離は?

新千歳空港から小樽までの行き方!車やJR電車・バス・高速料金は?所有時間は?

小樽から札幌までの行き方!JRやバスは?車や高速料金は?

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

小樽のおすすめホテル!

小樽には小樽の街並みにあう素敵なホテルや、
温泉街にあるホテルなど素敵な宿がたくさんあります!

小樽運河沿いのホテルからは部屋から小樽運河を眺めれたり、
全室客室露天風呂付きのホテル!
オーシャンビューのホテルなど様々なホテルがあります。

他にも小樽には安く宿泊できるホテルが多数あります!

小樽のおすすめホテルはこちらの記事をチェック!

小樽ホテルおすすめランキング!人気は?大浴場や温泉・朝食は?

小樽の安いホテル!素泊まりやビジネスは?一人に人気なのは?ドミトリーは?

 

小樽の人気おすすすめグルメ!

小樽と言えば漁師町で、
お寿司や海鮮丼など新鮮で美味しい、
海産物にルタオなどのスイーツも楽しめるグルメの宝庫でもあります!

小樽に行った是非美味しいグルメを堪能しましょう!

 

小樽のおすすめ人気グルメはこちらの記事をチェック!

小樽のグルメ人気やおすすめ食べ歩きは?スイーツにランチや海鮮丼は?

 

札幌のモデルコースを紹介!

今回は小樽のモデルコースを紹介しました。

小樽と一緒に札幌を観光する方がほとんどかと思います!

札幌観光のモデルコースはこちらの記事をチェック!

札幌観光のモデルコース!二泊三日や半日!1日は?小樽へは行ける?

 

最後に

今回は、
小樽のモデルコースを紹介しました。

小樽は札幌の隣の街で、
アクセスもいい人気の観光地!

中心部に人気の観光スポットが集まっているので、
とても観光しやすい街でもあります。

今回紹介したモデルコースを、
一つの参考にして、
小樽で素敵な思い出を作りましょう!


ぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です