函館山の夜景アクセス方法!駐車場はある?ロープウェイの時間や料金は?

スポンサーリンク

北海道の絶景夜景として有名な函館山。夏と冬で夜景が違うのも魅力です。そんな函館山のアクセス方法についてご紹介します!
夏と冬で営業時間は違うのか?ロープウェイでしか上がれないのか?駐車場は?登山としては?料金は?など、アクセス方法についての素朴な疑問も解決していきます!
日本でも特に人気の函館山に行きましょう!

※2019年10月の増税後の料金を記載しています。

スポンサーリンク

函館山とは?楽しみ方は?

IMG_4950

函館山とは、「北海道函館市元町19−7」に位置する標高334mの陸繋島です。

形が牛の寝そべる姿に似ていることから、臥牛山と呼ばれています。

 

過去には神戸の摩耶山掬星台、長崎の稲佐山とともに「日本三大夜景」とされ、街の灯りだけではなく、

イカ釣漁船の灯りも夜景を引き立てているのが特徴です。

 

また、夜景の中にハートマークを見つけると、好きな人と両思いになれるというジンクスもあり、これもまた楽しみの一つです!

 

 

夜景を楽しむ

 

函館山で最も有名なのは、やはり夜景です。

観光の方は必ずと言ってもいいほど、函館山に登り夜景を楽しむのではないでしょうか?

函館山の夜景はとにかく形が綺麗です!

観光の時期やそれに関係なくたくさんの人が訪れます!

日が暮れる前から登りどんどん日が暮れるのを待つのもよし!

登った瞬間に広がる絶景の夜景を楽しむのもよし!

函館に行ったら絶対に見て欲しい景色です!

 

 

登山で自然を楽しむ

 

夜景で有名な函館山ですが、実は登山もできるんです!

函館山は標高334mと高い山ではありませんかが、夏は登山として登る方も多いです。

軽装でも登山可能なことから、観光客の姿も多く見られます。

また、道のりも1本ではなく、急な道と緩やかな道と選べるので、気軽に自然を楽しむことができます。

ロープウェイなどを使わず自分の足で登った景色は格別かもしれません!!!

 

 

函館山のアクセス方法は?

スポンサーリンク

アクセス方法は3つ。車か電車、バスのいずれかになります。

 

函館山へ電車でアクセス

最寄駅は市電「十字街電停」で、そこからロープウェイの入口までは徒歩約10分 約550mです。

駅から歩く街並みも、季節折々の風景でこれもまた観光名所となっています。

 

【路面電車】

◆函館駅前→市役所前→魚市場通→十字街(約10分)
料金:210円

◆五稜郭公園前→省略→十字街(約25分)
料金:250円

 

 

函館山へバスでアクセス

 

函館山ロープウェイ山麓駅までは日中

元町・ベイエリア周遊号(3系統)」で行くことができます。

大人:210円 小人110円で利用することができます!

 

夕方以降は「函館山ロープウェイ接続 シャトルバス(2系統)」が出ていますので、こちらも利用できます。

大人:240円 小人120円で利用可能!

 

山頂まで直接バスで行く方は、「函館山登山バス」をご利用ください。

このバスは直接函館山の山頂まで行くことができます!

運行期間は4月中旬から11月初旬まで運行しています。

大人400円 小人200円で利用可能!

 

【函館駅から函館山へバスで行く】

《日中(9時〜17時40分)》
3系系統 元町・ベイエリア周遊号を利用

乗り場:4番乗り場 所有時間:約15分 料金:210円
※4月〜10月は20分間隔、11月〜3月は40分間隔)

 

《夕方以降(17時55分〜21時5分)》
2系統 函館山ロープウェイ接続 シャトルバスを利用

乗り場:4番乗り場 所有時間:約11分 料金:240円

 

《山頂まで直接行く場合》
1系統 函館山登山バスを利用
※4月中旬から11月初旬のみ運行

乗り場:4番乗り場 料金:400円

 

 

また、函館空港やフェリーターミナルから直接函館山に行く場合には、函館駅行きのシャトルバス「函館山帝産バス」または「函館バス96系統」に乗り、函館駅へ向かい、

函館駅から市電またはバスに乗り換えるかたちとなります。

 

運行時間、乗車場所など詳細は函館バスの公式サイトを確認してみてください!

函館バス公式サイト

 

 

 

車でのアクセス

函館山ロープウェイ山麓駅には、市営観光駐車場(58台)、

ロープウェイ駐車場(85台)があります。

ここ車を停めて、ロープウェイで山頂まで登る方がほとんどです。

山頂にも、山頂駐車場がありますのでこちらも利用できます。

車で山頂まで行く場合、時期や時間によって通行止になっていることもありますのでご注意下さい。

 

駐車場は大型バスがメインになり日没になると平日でもかなり混みい満車状態になることも多々あるので注意しましょう!!

 

カーナビを利用の際は「函館山」で検索で到着することができます!

 

函館駅からは車で約10分!

五稜郭公園からは約20分

函館空港からは車で約22分ほどで到着することができます。

 

 

函館山ロープウェイの料金や営業時間は?

IMG_4948

つぎは函館山ロープウェイの利用料金や、営業時間のご紹介をします。

 

函館山ロープウェイの料金

【函館山ロープウィ  普通運賃】
◆大人(中学生以上):往復1,500円 片道1,000円
◆小人:往復700円 片道500円  

※0〜2歳までは無料 3歳以上は大人1名につき1名無料

 

【団体運賃(15名以上)】
◆大人(中学生以上):往復1,350円 片道900円
◆小人:往復650円 片道450円

 

【身体・知的・障がい者運賃(手帳提示)】
◆大人(中学生以上):往復700円 片道500円
◆小人:往復400円 片道250円

 

 

函館山ロープウェイ営業時間

 

【4月25日〜10月15日の期間】

◆始発:10:00
◆上り最終:21:50
◆下り最終:22:00

最終で上がった場合、最終下りまで10分しかないので夜景を楽しめるのは5分ほどになってしまうので、気をつけましょう。

また乗車時間は約3分間です。

 

【10月16日〜4月24日の期間】

◆始発:10:00
◆上り最終:20:50
◆下り最終:21:00

夏と冬で時間が異なりますので、夏と同じ時間に行っても上がれない!なんてことにならないように、気をつけてください。

10月中旬から4月下旬まではいつもより一時間終わるのが早いと思えておきましょう。

 

 

札幌が新三大夜景??

スクリーンショット 2017-07-20 8.31.42

今まで日本の三大夜景といえば神戸、長崎、そして今回紹介した函館が日本の三大夜景として有名でしたが、

実は2015年に夜景サミットが開催され札幌の夜景が新日本三大夜景に選ばれました!

そこで落選したのがまさかの函館。。。。

新三大夜景に選ばれた札幌の夜景も気になる。。。

そんな方はこちらの札幌の夜景おすすめスポットの記事を参考に!!!

新三大夜景札幌のおすすめ夜景スポット藻岩山などをご紹介!

 

 

最後に

函館は様々な歴史や建物、観光地が集まってるいる小さな街です。函館山だけで観光が終わることもないかと思います。

北海道ならではの冬の時期の営業時間の違いや、天候によってロープウェイが営業しなかったり…。

山だからこそ、北海道だからこその注意点も沢山ありますので、函館山に振り回されてスケジュールがめちゃくちゃ…

なんてことにならないよく、行く際は情報を集めて天候にはくれぐれも気をつけましょう!

是非この100万ドルの夜景を楽しんでいただけたらと思います!

スポンサーリンク