北海道の世界遺産知床のアクセス方法!飛行機や空港は?札幌からは?

スクリーンショット 2017-10-20 10.28.13

スポンサーリンク

2005年に北海道で初めてとなる世界遺産に認定された知床!
野生の動物に自然豊かな知床!
流氷に秋には鮭、四季折々の素敵な景色を見ることができます!
今回はそんな知床についてご紹介!
知床へのアクセス方法!飛行機や近くの空港は?札幌からはどう行けばいいのか?
一度は行きたい北海道の大自然の知床へご招待!

 

世界遺産 知床半島

スクリーンショット 2017-10-19 22.03.49

2005年に自然遺産に登録された北海道知床半島。

北海道では初めてとなる世界遺産!

野生の動物たち北海道の大自然!

もっとも北海道らいさを味わえるところかもしれません!

まずはその知床も魅力についてお伝えいたします。

 

 

 1.豊かな生態系

fa00fe27a744f058fcd1dc3968762da8_s

流氷がもたらす豊かな海洋生態系と、原生林などからなる陸上の生態系が相互に密接に関係していて、この相互関係が知床独特なものなのです。

冬、知床の海を覆いつくす流氷ですが、一緒に運ばれてくる栄養分はプランクトンを養い、知床の海を豊かにしてくれているのです。

その豊かさは、アザラシなどの海獣類、海鳥やオオワシなど鳥類、海に生きる命がつながる糧となっています。

回遊して海の豊かさを体一杯に蓄えたサケの仲間は、ふるさとの川を登り、そこで山の生き物の餌となり、死体は土に返り知床の森を豊かにしています。

生きるものと死んで行くもの、海と山の栄養の循環。この命の輪が知床の価値を高めている要因なのです。

 

絶滅危惧種に指定された動物の生存

9f242fd1c5af093ed9d52933d88daa98_s

床には、シマフクロウやシレトコスミレといった絶滅危惧種や希少な動植物が分布しています。

それだけでなく、ヒグマやエゾシカ、トドやアザラシなどの大型哺乳類も高密度で生息しています。

海から高山までそろった知床の多様な環境が、多様な生息環境と餌資源を提供していることが生物多様性を支えています。

 

法的整備で環境を守れる

e120001dcff712d88c262b335354416b_s

「知床世界自然遺産地域科学委員会」、人の利用と自然の保全の両立を目指す「知床国立公園利用適正化検討会議」、「知床エコツーリズム推進協議会」などが設置されています。

そういったところが世界遺産としてふさわしい保護管理ができると評価を受け、遺産登録へと結びつけることができたと言われています。

 

 

観光シーズンは?

スポンサーリンク

ではその世界自然遺産に登録されている知床半島ですが、適したシーズンはいつなのでしょうか。

 

夏の見どころ

6月を過ぎると、新緑の季節、樹々の芽吹きが鮮やかです。

この時期は、標高の低いところは初夏、標高の高いところは雪に埋もれていたり、サクラやミズバショウが咲いていたりと冬から初夏というまったく違う季節感を味わうことができるのです!

また、この時期はエゾシカたちの出産のシーズンです。

生まれたての仔ジカに出会うこともできます。

ヨチヨチ歩きから、1ヶ月も経つと元気に草原を駆け回る元気な姿も見れるでしょう。

大人のエゾシカの体も、白い斑点模様の夏毛がはえそろいます。

ほかにもさまざまな野鳥も子育てのシーズン、知床が一番にぎやかな季節です。

 

秋の見どころ

知床のほとんどの河川には、サケやマスが遡上してきます。

まずは、8月下旬頃からカラフトマスの遡上がはじまり、見ごろとなるのは、9月に入ってからです。

10月になるとカラフトマスにかわり、シロザケの遡上が観察することができます。

9月下旬頃になると、紅葉が知床連山の稜線からはじまります。

知床峠付近が10月上旬頃、知床五湖やフレペの滝遊歩道周辺は10月中旬以降が見ごろとなります。

年によって紅葉の時期がずれることがありますので、ご注意下さい。

 

冬の見どころ

厳冬に差し掛かる前、オオワシたちは、ロシアのアムール川沿岸から国後島や知床半島に渡ってきます。

渡りの日には1時間に200羽以上の渡りを観察することができます。

厳冬期となる1月〜3月の間、多くのオオワシたちが知床半島で越冬します。

羽を広げた翼開長は2mを超え、その大きさに圧倒されます。

断崖沿いの大木の上や流氷の上などを探すのがポイントです。オオワシを見ることができるのは、冬の流氷期だけです。

同時期、ホーツク海には流氷がやってきます。

この流氷が、知床の生態系を支える大きな役割を持っています。

真っ白い氷の大陸が水平線まで続く様子は、冬の知床ならではの景色です。流氷の上にゴマフアザラシがお昼寝しているかもしれないですよ!

 

アクセス方法

「飛行機 フリー素材」の画像検索結果

ではその知床半島へのアクセス方法をご紹介いたします。

 

飛行機

最寄り空港は、女満別空港、根室中標津空港の2つがあります。

女満別空港からはレンタカー、都市間バスも利用できますが、根室中標津空港からは都市間バスがありません。

 

基本的には知床へのアクセスは女満別空港が便利です!

女満別空港へは羽田空港、中部国際空港、新千歳空港から直行便が運行しています!

 

・羽田から女満別空港へは約1時間50分

・中部国際空港からは約3時間

・新千歳空港からは約1時間

 

女満別空港から知床まではレンタカーを利用するかバスでの移動になります!

 

○レンタカーで知床(ウトロ)へ向かう場合は約98㎞ 約2時間15分

レンタカーを利用して乗り捨てを考えてる人はこちらの記事も参考に!

北海道のレンタカー乗り捨て料金!

 

○バスを利用する場合は、斜里バスまたは網走バスを利用して向かいます!

・斜里バス「知床エアポートライナー号」を利用で知床(ウトロ)まで直行でいけます!

約2時間15分  片道3300円

 

網走バスは女満別空港からJR斜里から斜里バスで知床へ向かうことになります!

知床へ向かうのであれば女満別空港から斜里バスを利用するのが便利です!

斜里バスホームページ

 

 

JR

最寄駅は、釧網本線の知床斜里駅。札幌からは網走まで特急オホーツクが1日4往復運行しており、その先は普通列車になりますが、本数が少なく不便かもしれません。

JRはJR斜里駅から知床まで斜里バスを利用することになります!

 

都市間バス

「イーグルライナー号」(札幌~斜里町ウトロ間)

夜行便含む1日2往復(約7時間)

※完全予約制片道8000円・往復15000円

中央バスホームページ

 

網走経由・網走発の高速バス(網走~斜里町ウトロ間)
札幌~網走間「ドリーミントオホーツク号」

網走から「知床エアポートライナー」利用で1時間40分
その他の都市間バス利用
札幌市からは、釧路市、中標津町とを都市間バスが結びますが、その先は路線バスになりますので、不便です。

 

○札幌〜知床 約400㎞  高速利用で約6時間  下道で約7時間

○旭川〜知床 約282㎞  約4時間30分

○釧路〜知床 約170㎞  約3時間

○帯広〜知床 約244㎞  約4時間

○函館〜知床 約660㎞  約9時間

 

お得情報満載!あそびば北海道公式LINE!

あそびば北海道!公式LINEを始めました!

どこ行こう?こんなことを知りたい!おすすめスポットやおすすめコースは?などなどメッセージください。ご提案させていただきます♫
他にも色々な北海道情報をお届けいたします♩

毎月3名様に北海道限定グッズをプレゼント中!!

スクリーンショット 2017-06-21 23.02.03

 

最後に

世界自然遺産に登録されている知床半島。アクセスに便利とはいえないですが、観光はもちろん北海道民としては一度は足を運びたいスポットです。

四季折々の魅力がございますので、それぞれの楽しみ方で観光をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク