北海道日本海沿いオロロンライン!各市町村の観光名所や温泉!グルメや道の駅を紹介!

こんにちは!あそびば北海道です!
この記事では、
✔︎オロロンラインとは?
✔︎オロロンラインの市町村まとめ
などオロロンラインについて
紹介しています!
また各市町村ごとのグルメや温泉
なども紹介しています!
北海道の日本海沿いには「オロロンライン」
という最北端稚内へと続く
人気のドライブコースがあります。
今回はそんな北海道の人気の
ドライブコースオロロンラインを紹介します!
オロロンラインにある各市町村の
観光名所や温泉、グルメや道の駅など
オロロンラインのドライブを楽しみましょう!

目次


オロロンラインってなに?

オロロンラインの地図

北海道にある人気のドライブコース
『オロロンライン』

オロロンラインは日本海側の、
石狩市〜天塩町までの、
国道231号線/国道232号線
ルートをオロロンラインと呼びます!

日本海沿いを通る、
石狩市中心部から天塩町中心部までは、
約228㎞ 車で約4時間20分ほどかかります。

 

日本最北端の稚内を目指す際に、
通るルートでもあり、
夏になるとツーリングやドライブ、自転車など多くの人が訪れます。

オロロンラインには、
これぞ北海道!というような大自然が広がり、
片方には日本海の海!
その反対には北海道の大自然を楽しむことのできる絶景のドライブコースです!

オロロンラインは、
石狩から天塩町までの道と紹介しましたが、

広く小樽から稚内までの道を
オロロンラインと呼ぶこともあります。
この記事では石狩から天塩町までのルートを
オロロンラインと呼んでいます。

オロロンラインにある市町村は?

オロロンラインマップ

石狩市から天塩町まで続く、
オロロンラインは9つの市町村があります。

オロロンラインの市町村
✔︎石狩市
✔︎増毛町
✔︎留萌市
✔︎小平町
✔︎苫前町
✔︎羽幌町
✔︎初山別村
✔︎遠別町
✔︎天塩町
※石狩から北上した場合の順番

それぞれの市町村に魅力があり、
全ての街に温泉があり、
増毛町以外は道の駅があります!

オロロンラインの名前の由来は?

羽幌町のオロロン鳥のモニュメント

オロロンラインの「オロロン」
とはなんなのか?

オロロンラインに面している、
羽幌町には天売島と焼尻島という、
島が二つあります。

その天売島に生息するウミガラスの泣き声が
「オロローン」と聞こえることから、
オロロン鳥と呼ばれています。

このオロロン鳥が、
オロロンラインの名前の由来になっています。

ウミガラスは、
現在日本国内では、
天売島が唯一確認されている繁殖地。
ウミガラスは絶滅危惧種にも指定されています。


オロロンラインの市町村情報まとめ

オロロンラインの市町村情報まとめ
市町村道の駅特徴
石狩市あいろーど
厚田
✔︎札幌中心部から車で30分!
✔︎北海道屈指の人気海水浴場!
✔︎温泉にカピバラがいる!
⬇︎車で約2時間(石狩中心部から増毛中心部)
増毛町✔︎日本最北の酒蔵!
✔︎観光スポットが多い!
✔︎果物狩りも楽しめる!
✔︎夕陽が見れる露天風呂!
⬇︎車で約20分(増毛中心部から留萌中心部)
留萌市道の駅るもい✔︎オロロンラインで特に
栄えてる街!

✔︎黄金岬でカニ釣り!
✔︎数の子日本一の街!
⬇︎車で約15分(留萌中心部から小平中心部)
小平町おびら鰊番屋✔︎国指定重要文化財の番屋!
✔︎人気のレストランすみれ!
✔︎稚内含め最後のローソン!
✔︎道の駅が人気!
⬇︎車で約35分(小平中心部から苫前中心部)
苫前町ふわっと✔︎風車の絶景!
✔︎日本最大の熊事件の町!
✔︎キャンプ場がおすすめ!
✔︎綺麗なホテル!
✔︎新鮮で格安なウニ丼!
⬇︎車で約10分(苫前中心部から羽幌中心部)
羽幌町ほっとはぼろ✔︎天売島/焼尻島へ行ける!
✔︎ゆるキャラ、
「オロ坊」が可愛い!

✔︎甘海老日本一の街!
✔︎新鮮で安い海鮮丼屋!
✔︎稚内含め、
最後のセブンイレブン!
⬇︎車で約25分(羽幌中心部から初山別中心部)
初山別村ロマン街道
しょさんべつ
✔︎道北最大の天体望遠鏡!
✔︎キャンプ場がおすすめ!
✔︎写真映えスポット、
「金比羅神社」

✔︎レストランで、
真フグを楽しめる!

✔︎温泉に家族風呂がある!
⬇︎車で約25分(初山別中心部から遠別中心部)
遠別町えんべつ
富士見
✔︎最北の水田がある町!
✔︎温泉総選挙、
リフレッシュ部門2位の温泉!

✔︎日本最北の純米酒
✔︎コロッケフェス3位!
⬇︎車で約25分(遠別中心部から天塩中心部)
天塩町道の駅てしお✔︎美味しいスイーツ!
✔︎しじみラーメンがおすすめ!
✔︎稚内まであと1時間!

私の地元はオロロンラインにある街で、
オロロンラインの市町村は詳しいです。

そんな私が下記で、
オロロンラインにある市町村の観光名所や、
グルメ!温泉や道の駅などを紹介します!

石狩市の観光名所など!

あそびーち石狩

石狩市は札幌の北側に隣接している町で、
札幌中心部から車で約30分ほどで、
行くことができます。

石狩市は、
札幌に近いことから人気の海水浴場が、
たくさんあります。

【石狩の海水浴場】
✔︎あそびーち石狩
✔︎ジェットビーチ石狩
✔︎望来浜中央海水浴場
✔︎厚田ビーチセンター
✔︎厚田海浜プール
✔︎川下海水浴場

石狩市でおすすめの観光名所は、
『恋人の聖地/厚田展望台(あいロード)』

恋人の聖地厚田展望台

誓いの鐘や南京錠をつけるための、
フェンスがあります。

厚田展望台からは、
日本海を一望することができ、
綺麗な夕陽を楽しむことができます。

石狩市の主な観光スポット
✔︎はまますの丘公園(石狩市浜町29-1)
✔︎マクベツ湿原(石狩市船場町)
✔︎白銀の滝(石狩市浜益区雄冬)
✔︎千本ナラ(石狩市浜益区毘砂別)
✔︎あつた港朝市(石狩市厚田区厚田7-4)
✔︎浜益ふるさと市場(石狩市浜益区浜益2)
✔︎サーモンファクトリー(石狩市新港東1丁目54)
✔︎弁天歴史公園(石狩市弁天町38)

石狩おすすめグルメ【信玄 本店】

信玄花川本店人気のラーメン店『信玄の花川本店』

信玄は札幌にも店舗があり、
札幌店もいつも列ができるほどの人気店!

ほのかな甘みがある、
濃厚な味噌ラーメンを楽しむことができます!

札幌でも列ができるほどの人気のラーメン店の、本店の味を石狩で楽しめます!

信玄 花川本店 基本情報
住所石狩市花川南1条1丁目5
ライフブラッド花川
営業時間11:00~20:00
定休日:不定休
主な
メニュー
✔︎コク味噌:800円
✔︎辛味噌:800円
✔︎あっさり塩:800円
✔︎こがし背脂醤油:800円 他
地図

他にも石狩には、
佐藤水産直営のサーモンファクトリーにある、
『佐藤水産サーモンファクトリー』
(住所:石狩市新港東1)
では鮭の加工品などを扱っています。

2階のレストランでは、
季節限定のメニューなど、
サーモンをはじめとした海産物などのグルメなどを、楽しむことができます。

石狩の道の駅【あいろーど厚田】

あいろーど厚田

2018年にオープンした石狩の道の駅
「あいろーど厚田」

国道231号線オロロンライン沿いにあります。

上記のおすすめの観光スポット、
「恋人の聖地/厚田展望台」と同じ、
「厚田公園」にあり、
夕陽が見れる展望台や、
フードコート、
石狩の自然や歴史の展示コーナー、
子供の広場などがあります。

車で10分ほどの距離はありますが、
近くには「厚田キャンプ場」もあります。

あいろーど厚田 基本情報
住所石狩市厚田区厚田98番地2
営業時間10:00~16:00
6/1~8/31までは9時~19時
地図

 

石狩の温泉【番屋の湯】

番屋の湯

石狩の人気の海水浴場あそびーち石狩の近くにある「番屋の湯」

日帰り温泉も行われており、
営業時間は10時から24時までの営業と、
営業時間が長いのが特徴!

番屋の湯の面白いところは、
カピバラがいるところ!

カピバラが、
温泉施設にいて温泉に入ったり、
しているところを見ることができます。

部屋から夕日が見れるオーシャンビューの部屋など、宿泊もおすすめです!

番屋の湯 基本情報
住所石狩市弁天町51-2
営業時間10:00~24:00
料金日帰り大人:650円
小学生以下:350円
地図

 

増毛町の観光名所など

増毛駅跡の看板

石狩の隣が増毛町!

増毛は「ぞうもう」ではなく、
「ましけ」と読みます。

増毛は、
高倉健主演の映画「駅STATION」の、
舞台にもなった町。

オロロンラインにある街の中でも、
観光スポットらしい名所が多い街!

増毛町は、
日本最北の酒蔵「國稀酒造」があります!

国希酒造

國稀酒造では、
酒作りなどの資料館を始め、
グッズや食品、お酒の販売、
試飲などもあります!

 

重要文化財の「旧商家丸一本間家」
旧商家丸一本間家
他にも、
廃線になった「増毛駅跡地」や「千石蔵」などの、人気の観光スポットもあります!

また増毛町は、
果物も有名で果物の時期には、
「さくらんぼ」や「ぶどう」「りんご」
などの果物借りも楽しむことができます!

増毛町の主な観光スポット
✔︎國稀酒造(増毛町稲葉町1-17)
✔︎増毛駅跡地(増毛町弁天町1丁目)
✔︎観光案内所(増毛町弁天町1丁目)
✔︎旧商家丸一本間家(増毛町弁天1丁目27番地)
✔︎千石蔵(増毛町稲葉海岸町53番地)
✔︎総合交流促進施設元陣屋(増毛町永寿町4-49)
✔︎増毛厳島神社(増毛町稲葉町3-38)
✔︎ヤマセン仙北果樹園(増毛町暑寒沢188)
✔︎マルゼン佐藤果樹園(増毛町暑寒沢256)

増毛町おすすめグルメ
【オーベルジュましけ】

オールべジュましけの料理増毛町は、
日本の有名なフレンチシェフ
「三国シェフ」の出身地!

そんな増毛には、
三国シェフ監修のホテルがあります!
それが『オーベルジュましけ』

オーベルジュましけには、
レストランもあり、
増毛の食材などを使用した、
豪華な料理を楽しむことができます。

メニューはその都度変わり、
ホームページのスタッフブログで、
今のメニューを確認することができます。

オーベルジュましけ 基本情報
住所増毛町別苅217-1
営業時間11:30~13:30
定休日:水曜日
※レストラン営業時間
地図

 

増毛町の温泉【岩尾温泉あったま〜る】

岩尾温泉あったまーる上記で紹介した、
オーベルジュましけにも温泉はありますが、
「岩尾温泉あったま〜る」もおすすめ!

海岸沿いの子高い丘の上にある小さな温泉で、
露天風呂からは沈む夕陽を、
眺めることができます。

綺麗で新しい温泉というわけではないですが、
増毛町民に愛される昔ながらの温泉です。

岩尾温泉あったま〜る 基本情報
住所増毛町弁天町3丁目61番地
営業時間11:00~21:00
料金大人:500円
子供:250円
地図

 

留萌市の観光名所など

留萌市黄金岬の風景

数の子の生産量一位の留萌市!

オロロンラインの街の中でも、
特に栄えている街!

モスバーガーやTSUTAYA、GEO、
イエローハットなどの、
全国チェーンのお店もあります。

車用品を購入するなら、
留萌より北は、
ディーラーや町の車屋などになるので、

車用品を購入するなら、
留萌のイエローハットで、
購入しておくのがおすすめ!

 

留萌の観光スポットは、
【黄金岬】という岬が有名!

黄金岬黄金岬は、
綺麗な夕陽が見ることができ、
カニ釣りのスポットとしても人気!

黄金岬迎えのお店でカニ釣りの道具をレンタルすることができ、
岩の隙間に隠れている小さなカニを釣って楽しむことがでいます。

また、
黄金岬周辺には、
「留萌市海のふるさと館」や
「ゴールデンビーチ」などもあります。

札幌や旭川から留萌までは高速道路で来ることもできます!

“留萌市の主な観光スポット”
✔︎黄金岬(留萌市大町2丁目)
✔︎留萌市海のふるさと館(留萌市大町2丁目3-1)
✔︎ゴールデンビーチ(留萌市沖見町地先)
✔︎千望台(留萌市礼受町)

留萌市おすすめグルメ【高麗館】

高麗館

海鮮や留萌特産の数の子が食べれるお店ではないですが、
留萌市民に人気のお店「高麗館」

高麗館は、
焼肉やラーメン、定食などを楽しめるお店で、
海鮮とかではなくガッツリ食事を楽しみたい方におすすめ!

海鮮などは、
留萌より北の小平や苫前、羽幌の方がおすすめです。

ラーメンなどの種類も豊富で、
お腹が空いた方におすすめ!

高麗館 基本情報
住所留萌市住之江町1
営業時間11:00~14:00/
17:00~21:30
定休日:火曜日
主な
メニュー
✔︎醤油らーめん:700円
✔︎バターらーめん:760円
✔︎黄金らーめん:1,400円
✔︎うに卵丼:1,300円
✔︎かつ重:770円 他
地図

 

留萌市の道の駅【るもい】

道の駅るもい

2020年7月にオープンした「道の駅るもい」

ソフトクリームやお土産品、
軽食などが販売されています。

留萌の特産品でもある、
数の子を使った『数の子ドッグ』も楽しむことができます。

道の駅るもいは敷地がとても広く、
パークゴルフやドッグラン、
遊具の貸し出しも行っているので、
広い敷地内で思いっきり遊ぶことができます。

道の駅るもい 基本情報
住所留萌市船場町2丁目114
営業時間✔︎5月/9月 9:00~18:00
✔︎6月~8月 9:00~19:00
✔︎10月~4月 9:00~17:00
地図

 

留萌市の温泉【ホテル神居岩】

ホテル神居岩留萌市にある温泉宿「ホテル神居岩」

海沿いではなく、
山の方にある温泉宿で、
日帰り温泉も行っています。

温泉は23時まで営業と、
営業時間が長いのが嬉しいポイント!

ただ、
せっかくオロロンラインで温泉に入るなら、
留萌から北へ車で50分ほどかかりますが、
苫前町の「ふわっと」の方が綺麗でおすすめです。

ホテル神居岩 基本情報
住所留萌市大字留萌村字カムイ495
営業時間温泉時間
10:00~ 23:00
※月金は22時まで
地図

 

小平町の観光名所など

小平町の看板

留萌から北げへ進むと小平町があります。

小平町は、
ニシン漁で栄えた町で、
タコやホタテ 、メロン、小平和牛など、
美味しいグルメがたくさんあります。

オロロンラインを渡ると、
小平町はずーっと海岸を通るルートになり、
日本海を眺めながらドライブを楽しめます!

海水浴場は、
「おにしかツインビーチ」と
「臼谷海水浴場」の二つがあります!

道の駅に隣接した、「旧花田家番屋」
旧花田家番屋国指定重要文化財に指定されており、
北海道内に現存する番屋では最大規模!

実際に中を観覧することもできます。

小平町の主な観光名所
✔︎旧花田家番屋(小平町鬼鹿広富35-2)
✔︎小平町B&G海洋センター(小平町字小平458-3)
✔︎臼谷海水浴場(小平町字臼谷)
✔︎おにしかツインビーチ(小平町字鬼鹿元浜)
✔︎小平町国際パークゴルフ場(小平町字小平町)
✔︎おびらしべ湖(小平町字滝下)

また、
小平町のオロロンライン沿いには、
「ローソン鬼鹿店」があり、
稚内を含めこれより北にはローソンがないので、
オロロンラインを北上する場合は、
小平町のローソンが、
最後のローソンになります。

小平町おすすめグルメ【すみれ】

小平町おすすめグルメすみれ小平町で一番人気!
と言っても過言ではない食堂「すみれ」

ローソンを過ぎてすぐの場所にあり、
観光シーズンは列ができるほどの、
人気のお店です。

ラーメンやカレー、丼、定食と言った一般的なメニューを始め、
海産物も楽しむことができます。

ウニのシーズンには、
ウニ丼も楽しむことができます!

うにうに丼(ムラサキウニとバフンウニのハーフ)は、
2,200円と札幌や小樽といった観光地と比べると、
安い値段で新鮮なウニ丼を
楽しむことができます。

すみれ 基本情報
住所小平町鬼鹿港町3
営業時間11:00~14:30/
17:00~20:00
※土日は18時まで
定休日:不定休
主な
メニュー
✔︎うにうに丼:2,200円
✔︎うに丼:2,800円
✔︎いくら丼:1,630円
✔︎生ちらし:1,730円
✔︎豚カツ定食:1,400円 他
地図

 

小平町の道の駅【おびら鰊番屋】

道の駅おびら鰊番屋

オロロンラインにある道の駅の中でも、
人気の高い道の駅「おびら鰊番屋」

建物の中には、
実際に使用されていた大漁旗の展示や、
特産品の販売コーナー、
歴史文化保存展示ホール、
食堂などがあります。

また、
道の駅から道路を挟んだ海側には、
北海道とい名前をつけた「松浦武四郎」の像があり、
日本海を一望できるスポットになっています。

道の駅おびら鰊番屋 基本情報
住所小平町字鬼鹿広富
営業時間9:00~18:00
※12月~ 3月は10時~17時まで
地図

 

小平町の温泉【ゆったりかん】

ゆったりかん小平町の道の駅から南に12㎞ほどの場所にある、小平町の温泉「ゆったりかん」

露天風呂がない小さな温泉宿ですが、
町の温泉といった雰囲気を、
楽しむことができます。

うにの時期には、
食堂でウニ丼を楽しむこともできます!

ゆったりかん 基本情報
住所小平町字小平町458-25
営業時間日帰り入浴
10:00~22:00
料金日帰り入浴大人:500円
小人:300円
地図

 

苫前町の観光名所など

苫前町の熊のモニュメント

日本最大の熊事件
「三毛別熊事件」でも有名な苫前町。

風車の町としても有名で、
テレビなどにも取り上げられることがあります。

最近では欅坂46の「世界には愛しかない」の
ミュージックビデオにも使われた、
無数の風力発電の景色
「苫前グリーンヒルウインドパーク
(上平グリーンヒルウインドパーク)」
も苫前町にあり、実際に風車の近くに行くこともできます。

※2020年8月から
建て替えのため工事をしており、
2023年7月に完成予定。
苫前グリーンヒルウインドパーク

オロロンラインでキャンプをするなら、
苫前町か苫前から約30㎞北にある初山別がおすすめ!

苫前のキャンプ場
「とままえ夕陽々丘オートキャンプ場」は、
苫前温泉ふわったのすぐ隣にあり、
温泉や食事、
すぐそばに白い砂があるビーチ
「ホワイトビーチ」もあり、
キャンプ、温泉、食事、ビーチを一気に楽しむことができます!
とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場また、
苫前温泉ふわっとの下に、
「とままえ夕陽ヶ丘未来公園」があり、
そこでもキャンプをすることができます。

夕陽ヶ丘オートキャンプ場よりは、
施設は整っていませんが、
2人以上用テントは1泊1,000円と安く利用できます。

 

日本最大の熊事件「三毛別熊事件」が
実際に起きた現場には、
三毛別熊事件復元地として事件の様子を再現した資料館がありますが、
海岸沿いから約27㎞ほど離れた、
携帯電話も圏外になるような山奥にあります。

興味のある人、時間のある人は、
ぜひ足を運んでみましょう!

苫前町の主な観光スポット
✔︎苫前グリーンヒルウインドパーク
(苫前町上平)

✔︎ホワイトビーチ(苫前町字栄浜55-3)
✔︎夕陽ヶ丘未来公園(苫前町栄浜313番地)
✔︎三毛別熊事件服現地(苫前町字三渓)
✔︎古代の里 復元住居(苫前町苫前393)
✔︎苫前町考古資料館(苫前町苫前393)

苫前町おすすめグルメ【ココカピウ】

ココカピウ

ホワイトビーチのすぐ上にある、
「ココカピウ」

夏季限定で営業しているお店で、
朝獲ってきたウニを使用した、
ウニ丼を楽しめるお店!

ウニには基本的に2種類あり、
安い方のムラキウニと、
高い方のバフンウニがあります。

札幌や小樽などの観光地で、
高い方のバフンウニだけの、
ウニ丼を食べるとなると、
6,000円以上するお店もありますが、
ココカピウは朝取り立てのウニを使った、
バフンうに丼が3,500円と、
かなり安い値段で楽しむことができます!

オロロンラインでウニを楽しみたい方に、
おすすめのお店!

また、
ココカピウは夏季限定の営業なので、
夏以外に苫前へ訪れる人は、
海岸から街に入ることになりますが、
「山海幸」「風蓮」がおすすめです!

ココカピウ 基本情報
住所苫前町字栄浜55-3
営業時間11:00~16:00
※6月~9月限定営業
主な
メニュー
✔︎ばふんウニ丼:3,500円
✔︎むらさきウニ丼:2,500円
✔︎ばふんウニ・ホタテ丼:3,500円
✔︎うにうに丼:3.800円
✔︎むらさきウニ・いくら丼:2,500円 他
地図

 

苫前町の道の駅/温泉【ふわっと】

苫前温泉ふわっと

温泉と道の駅が一緒になっている、
「とままえ温泉ふわっと」

オロロンラインで、
比較的綺麗なホテルに宿泊したい方は、
ここ「ふわっと」がおすすめ!

男女日替わりで、
露天風呂が異なりますが、
片方の露天風呂からはお風呂に浸かりながら、
日本海を眺めることができます。

また日本海を眺めながら楽しむことができる、
足湯は無料で利用可能!

レストランもあり、
ラーメンや定食などをはじめ、
苫前の食材を使ったメニューも、
楽しむことができます。

苫前温泉ふわっとの周辺には、
キャンプ場やビーチなどもあります!

とままえ温泉ふわっと 基本情報
住所苫前町字苫前119-1
営業時間開館時間 7:00~22:00
日帰り温泉 10:30~22:00
料金日帰り入浴大人:500円
小人:250円
地図

 

羽幌町の観光名所など

羽幌町のオロロン町のモニュメント

オロロンラインの名前の由来にもなっている、
オロロン鳥が生息している島「天売島」

洞爺湖サミットでも使用されるほどの、
高級ラム肉の産地「焼尻島」などがある
羽幌町!

そんな羽幌町も、
甘海老の水揚げ量が日本一の町でもあります。

 

オロロンラインを走っていると、
日本海に二つの島が見えるのが、
ここ羽幌町の
「天売島」と「焼尻島」になります。

羽幌町からフェリーが出ており、
天売島、焼尻島へ行くことができます。
羽幌町フェリーターミナル

また羽幌町には、
薔薇の時期になると、
綺麗なバラを楽しめる
「バラ園」があります。

はぼろバラ園

バラ園の隣には、
「海鳥センター」という、
海鳥を対象とした日本で唯一の施設があり、
海鳥について学ぶことができます。

羽幌町は、
人気漫画「君に届け」の作者の地元で、
君に届けの街並みにそっくりな風景が、
羽幌町にはたくさんあります!

また、
羽幌町には「吉里吉里」という、
ツーリングする人に人気の、
ライダーハウスもあります!

羽幌町の主な観光名所
✔︎はぼろバラ園(羽幌町北5条1丁目)
✔︎海鳥センター(羽幌町北6条1丁目)
✔︎サンセットビーチ(羽幌町湊町5丁目)
✔︎羽幌パークゴルフ場(羽幌町栄町)
✔︎羽幌郷土資料館(羽幌町南町20)

国道232号線沿いに、
「セブンイレブン羽幌役場前店」があります。

稚内を含め、
羽幌より北にはセブンイレブンはないので、
稚内に向かう場合は、
最後のセブンイレブンになります。

また、
オロロンラインの街には、
それぞれゆるキャラがいますが、
ここ羽幌町のゆるキャラ「オロ坊」が、
個人的には一番可愛いです!

羽幌町おすすめグルメ
【北のにしん屋さん】

北のにしん屋さんお昼の時間帯のみ営業する、
渋谷水産が経営する食堂「北のにしん屋さん」

夏の観光シーズンになると、
たくさんの人が訪れる人気のお店!

ガイドブックなどにも載っているお店ですが、
なんだかんだ、
リーズナブルで新鮮で美味しい海鮮丼を楽しめる、一番おすすめのお店です!

無駄に穴場を探すより、
北のにしん屋さん、
もしくは、
フェリーターミナル内にある
「浜のかあちゃん食堂」で問題ありません!

羽幌の甘海老を使った「えび丼」や
甘海老やタコなどが載った「羽幌丼」など、
新鮮で豪華な美味しい海鮮丼を、
リーズナブルな価格で楽しむことができます。

 

ただ、
北のにしん屋さんは、
11:00~14:30と営業時間が短いという
難点があります。

羽幌町で夜ご飯をと考えている方は、
少し値は張りますが、
『なか川』というお寿司屋さんもおすすめ!

羽幌町のランチやグルメおすすめ!名物や海鮮丼は?北のにしん屋さんは?

北のにしん屋さん 基本情報
住所羽幌町栄町89
営業時間11:00~14:30
定休日:火曜日
主な
メニュー
✔︎羽幌丼:1,800円
✔︎えび丼:1,800円 他
地図

 

羽幌の道の駅/温泉【ほっとはぼろ】

はぼろ温泉サンセットプラザ

温泉宿と道の駅が一緒になっている、
「はぼろ温泉サンセットプラザ」

温泉の名前は「サンセットプラザ」ですが、
道の駅の名前は「ほっとはぼろ」です。

大浴場も、
オロロンラインにある大浴場の中では、
比較的大きいほう!

また、
7階の展望ラウンジからは、
お酒などを楽しみながら、
日本海に沈む夕陽を眺めることができます。

はぼろ温泉サンセットプラザ 基本情報
住所羽幌町北3条1丁目29
営業時間日帰り温泉
10:00~22:30
料金日帰り温泉大人 500円
小人 400円
地図

 

初山別村の観光名所など

初山別の顔出しパネル

オロロンラインにある唯一の村「初山別村」

初山別の人気の観光スポットは、
道北随一の大きさを誇る天体望遠鏡がある、
「しょさんべつ天文台」
しょさんべつ天文台実際に天体望遠鏡で、
惑星などを見ることができ、
星に自分の好きな名前をつけることができる、
ロマンチックなサービスもあります!

天文台のそばには、
道の駅やキャンプ場、温泉などが集まっており、
苫前町と並んで、
オロロンラインでキャンプをするのに、
おすすめの場所です!

温泉側にあるオートキャンプ場は有料ですが、
天文台側にあるキャンプ場は、
無料で使用することができます!
初山別みさき台公園

近年写真映えするスポットとして人気の、
『金比羅神社』も近くにあります!
金比羅神社

初山別村の主な観光スポット
✔︎しょさんべつ天文台
✔︎みさき台公園
✔︎金比羅神社
✔︎ゴーカート
✔︎パークゴルフ場
初山別村の観光スポットを紹介

初山別村の観光スポットを紹介!海の鳥居やキャンプ場!天文台/道の駅/温泉も!

初山別の主な観光スポットは、
ほとんどが道の駅、温泉、キャンプ場の周辺にあり、
運動公園やゴーカート、パークゴルフ場などもあります。

初山別村おすすめグルメ【花みさき】

初山別花みさきしょさんべつ温泉岬の湯の、
中にあるレストラン「花みさき」

初山別は真フグが有名で、
フグの天丼や照り焼き、串カツなどを、
楽しむことができます!

てっちりはないですが、
なかなか食べることができないフグを、
リーズナブルな価格で楽しむことができます!

フグを食べたことがない人はぜひ!

花みさき 基本情報
住所初山別村字豊岬153
営業時間11:00~14:00/
17:00~20:00
主な
メニュー
✔︎真ふぐ照り焼き丼:1,250円
✔︎真ふぐ天丼:1,210円
✔︎たこかき揚げ丼:900円
✔︎真ふぐ串カツ:870円 他
地図

 

初山別村の道の駅
【ロマン街道しょさんべつ】

ロマン街道しょさんべつ

初山別の道の駅は、
「ロマン街道しょさんべつ」

初山別の温泉岬の湯のすぐ迎えにあり、
ソフトクリームや売店、
食事などを楽しむことができます。

ロマン街道しょさんべつ 基本情報
住所初山別村字豊岬153-1
営業時間10:00~21:00
※11月~ 3月は20時まで
地図

 

初山別村の温泉【岬の湯】

初山別温泉岬の湯

道の駅のすぐ迎えにある、
「しょさんべつ温泉岬の湯」

上記で紹介した観光スポットやグルメなどは、
この周辺に固まっています。

岬の湯の温泉は、
露天風呂や家族風呂も完備されいます。

露天風呂からは、
日本海を眺めることができます!

家族風呂は予約制になっていて、
1時間750円で利用が可能!

しょさんべつ温泉岬の湯 基本情報
住所初山別村字豊岬153
営業時間日帰り温泉営業時間
11:00~21:30
料金日帰り温泉大人 500円
小人 250円
地図

 

遠別町の観光名所など

遠別町とんがり館

日本最北の水田がある町遠別町!

遠別町には、
人気の海水浴場「みなくるびーち」
ビーチのすぐそばにあり、
水遊びなどができる「河川公園」などが、
あります。

遠別町は、
稲作の最北端の町で、
もち米の産地でもあります!

他にも、
日本最北の純米酒や、
2019年度全国コロッケフェスティバルで、
3位を獲得した「えんべつコロッケ」

餅米を使用した、
ラーメンやうどん、パスタなど、
おいしいものもたくさんあります。

遠別町の主な観光名所
✔︎富士見ヶ丘公園(遠別町字富士見46番地)
✔︎河川公園(遠別町字富士見32番地)
✔︎みなくるびーち(遠別町字富士見31番地)
✔︎金浦原生花園(遠別町字金浦246番地)
✔︎郷土資料館(遠別町字丸松163番地)
✔︎日本最北の水田(遠別町字清川114)

遠別町おすすめグルメ【メルヘン】

遠別町メルヘン遠別町にある洋食店「メルヘン」

町の洋食屋さんといった感じのお店ですが、
メルヘンの「和風カットステーキ定食」は、
本当に美味しいです!

特別いい肉を使っている!と謳っているわけではないですが、
個人的に今まで食べたステーキの中で、
ダントツで一番美味しいステーキです。

他にも、
エビフライ定食などの定食ものをはじめ、
ラーメン、サンドイッチ、パスタなど、
様々なメニューがあります。

また、
営業時間が23時までととても長いので、
時間が遅くなってしまった時も安心!

メルヘン 基本情報
住所遠別町本町2
営業時間11:0~23:00
主な
メニュー
✔︎和風カットステーキ定食::1,500円
✔︎チキンカツ定食:1,000円
✔︎エビフライ定食:1,200円
✔︎牛肉うす焼き定食:1,500円 他
地図

 

遠別町の道の駅【えんべつ富士見】

道の駅えんべつ富士見

遠別町の道の駅「えんべつ富士見」

2020年4月にリニューアルオープン!

レストランやお土産コーナーなどがあります。

また、
遠別町の子供等がプログラミングした
ロボット「ペッパー」が、
道の駅や観光を案内してくれます。

えんべつ富士見 基本情報
住所遠別町富士見46-21
営業時間10:00~18:00
定休日:火曜日
地図

 

遠別町の温泉【旭温泉】

旭温泉遠別町の人気の温泉「旭温泉」

旭温泉は、
全国の温泉総選挙2019年度版の、
リフレッシュ部門で2位を獲得!

建物自体は古そうに感じますが、
施設内は清潔で綺麗にされていて、
温泉も綺麗です!

国道から約6㎞ほど内陸に入ったところにあり、秘境のような建物の雰囲気も魅力的です!

旭温泉 基本情報
住所遠別町字旭294番地2
営業時間日帰り入浴 9:00~21:00
料金日帰り入浴大人:500円
子供:200円
地図

 

天塩町の観光名所など

天塩町の松浦武四郎像

オロロンラインの
留萌管内最北に位置する「天塩町」

士別市から天塩町にかけて流れる、
全国4位の長さを誇る
「天塩川」がある町です!

天塩町は、
しじみや牛乳の産地!

天塩の牛乳を使った美味しいスイーツも多く、
マヨネーズのような容器に入った、
プリンを吸って食べる、
「ChuChuプリン」はおすすめです!

天塩町まで来れば、
稚内中心部までは車で約1時間、
最北の宗谷岬までは車で約1時間半ほどです。

天塩町の主な観光名所
✔︎天塩川
✔︎鏡沼海浜公園(天塩町海岸通7丁目70)
✔︎川口遺跡風景林(天塩町字川口)
✔︎天塩川歴史資料館(天塩町新栄通6丁目)

天塩町おすすめグルメ
【道の駅てしおレストラン】

道の駅てしおのしじみらーめん天塩の道の駅「てしお」にあるレストラン!

天塩の特産品であるしじみを、
使った料理を味わうことができるレストラン!

中でもおすすめなのが「しじみラーメン」

こってりとしたラーメンより、
あっさりとしたラーメンが好きな私には、
どストライクのラーメン!

あっさりとしたしじみのスープで、
最後まで飽きることなく、
美味しく食べることができます。

こってりとしたラーメンより、
さっぱり系のラーメンが好きな人には、
おすすめです!

道の駅てしお レストラン 基本情報
住所天塩町新開通4丁目7227-2
営業時間9:00~19:00
※11月~4月は17時まで
主な
メニュー
✔︎しじみラーメン:1,000円
✔︎北寄カレー:900円
✔︎寄り道定食:700円
✔︎キムカツ丼:1,000円 他
地図

 

天塩町の道の駅【てしお】

道の駅てしお

天塩町の道の駅「道の駅てしお」

レストランや売店、
お土産品などが販売されています。

レストランは上記で紹介した、
「しじみラーメン」などを楽しむことができ、

売店では、
ChuChプリンや黒いプリン、
マスカットサイダーなど、
天塩町の美味しいスイーツなども
購入することができます!

道の駅てしお 基本情報
住所天塩町新開通4丁目7227-2
営業時間9:00~19:00
※11月~4月は17時まで
地図

 

天塩町の温泉【てしお温泉夕映】

ていお温泉夕映道の駅てしおから約1,5㎞ほどの場所にある、
「てしお温泉夕映」

日本海を眺めながら温泉を楽しむことができ、
天気が良ければ「利尻富士」も見ることができます!

また卓球コーナーもあり、
1時間540円で利用することができます。

てしお温泉夕映 基本情報
住所天塩町サラキシ5807番地4
営業時間日帰り入浴 11:00~22:00
土日祝は10時から
料金日帰り入浴大人:600円
小学生:200円
地図

日本の最北端や色々な最北を紹介!

日本の最北端はどこ?

今回は、
北海道の人気のドライブコース
「オロロンライン」を紹介しました。

オロロンラインは、
日本の最北の町「稚内」に続く道で、
稚内を目指してオロロンラインを通る人も多いと思います。

日本の最北端はどこなのか?
周辺の観光スポットは?

最北のコンビニや最北の水族館や動物園は?
など、
色々な最北情報はこちらの記事をチェック!

日本の最北端はどこ?

日本の最北端を紹介!稚内宗谷岬のアクセス方法や最北の島や駅など色んな日本最北を紹介!

最後に

今回は、
北海道の人気のドライブコース、
「オロロンライン」を紹介しました。

バイクや車、自転車で日本最北を目指す人が、
よく利用するオロロンライン!

日本海を眺めながらずーっと北上していきます。

今回紹介したように、
それぞれの街に見所があり、
美味しいグルメや温泉、道の駅などもあります。

北海道の人気のドライブコース、
オロロンラインを利用して、
日本の最北端をぜひ目指してください!


ぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です