くしろ冬まつり2019日程や雪像・会場は?花火の時間は?アクセス方法は?

スポンサーリンク

真冬の2月の釧路で開催される冬のイベント「くしろ冬まつり」
冬の釧路の一大イベントで毎年多くの人が訪れます。
今回はそんなくしろ冬まつりを紹介します。
開催日程や時間は?雪像はあるの?アクセス方法や会場はどこなのか?
巨大迷路は?グルメは?などなど
くしろ冬まつりを楽しみましょう!

 

 

くしろ冬まつり2019

真冬の2月の釧路市で開催される冬の一大イベント「くしろ冬まつり」

くしろ冬まつりでは雪像や氷像を始め様々な模様しものが開催!

夜にはライトアップや花火の打ち上げもされ素敵な風景を楽しむことができます。

今回はそんな釧路の冬のお祭り「くしろ冬まつり」を紹介します。

 

 

2019年くしろ冬まつりの日程や開催時間は?

2019年のくしろ冬まつりはいつ開催されるのでしょうか?

 

2019年のくしろ冬まつりは

2019年2月2日(土)〜2月3日(日)

の日程で開催されます。

 

【開催時間】
・2019年2月2日(土):10:00〜18:30
・2019年2月3日(日):10:00〜16:00

の時間で開催されます。

 

 

くしろ冬まつりの会場やアクセス方法

スポンサーリンク

くしろ冬まつりは釧路市のどこで開催されるのでしょうか?

アクセス方法は?駐車場はあるのなどご紹介いたします!

 

くしろ冬まつりの会場

くしろ冬まつりは大きく分けて二つの会場があります。

 

【くしろ冬まつりの会場】

◆釧路市国際交流センター前庭(メイン会場)
・住所:釧路市幸町3丁目3

 

◆釧路フィッシャーマンズワーフMOO
・住所:釧路市錦町2丁目4

 

釧路市交流センターと釧路フィッシャーマンズワーフMOOは徒歩で1分ほどの場所にあり会場間をバスに乗って移動しなくても徒歩で行くことができます。

 

 

くしろ冬まつりのアクセス方法

次はくしろ冬まつりへの各地からのアクセス方法を紹介します。

また「くしろ冬まつり」周辺のは駐車場もあり利用することができます。
しかしイベント時には満車になることもとても多くその際は待つか違う周辺のコインパーキング等に駐車することになります。

 

釧路駅、釧路市内から会場までのアクセス方法

くしろ冬まつりの会場「釧路国際交流センター」は釧路駅から約1㎞ほどの場所にあり、歩いて約10分ほどで到着することができます。

 

【バスでのアクセス】

またバスも運行されていて会場前で降りることができます。

バスて「国際交流センター前」「MOO」下車で会場前で降りることがでいます。

バスは「くしろバス」釧路市内中心部を走る路線バス「たくぼく循環線」を利用で行くことができます。

くしろバスホームページ

 

また釧路空港からは釧路駅まで釧路空港連絡バスが運行されていてバスで釧路市内まで行くことができます。

 

北海道各地からくしろ冬まつりへのアクセス

【札幌から釧路】

◆JRでのアクセス:
札幌から釧路行きの特急列車「スーパーおおぞら」は1日6本運行されています。
所有時間は最短で4時間、特急の片道料金は9370円

◆バスでのアクセス:
札幌から釧路へは高速バス「スターライト釧路号」と「釧路特急ニュースター号」が運行されています。
「スターライト釧路号」が1日5便。
「釧路特急ニュースター号」が1日4便。
所有時間は約5時間半〜6時間。料金が片道5770円

◆車でのアクセス:
高速利用で約301㎞ 約4時間
一般道利用で約324㎞ 約5時間50分

 

【旭川から釧路】

◆バスでのアクセス:
旭川からは高速バス「サンライズ釧路号」が1日2便運行されています。
所有時間は約6時間55分。 料金は片道5450円

◆車でのアクセス:
高速利用で約275㎞ 約4時間13分
一般道利用で約294㎞ 約5時間

 

【帯広から釧路】

◆JRでのアクセス:
帯広から釧路までは「スーパーおおぞら」が運行されています。
特急を利用の場合の所有時間は1時間34〜40分 片道4290円

◆車でのアクセス:
高速利用で約121㎞ 約2時間
一般道利用で約121㎞ 約2時間15分

 

【北見から釧路】

◆バスでのアクセス:
北見から釧路までは「特急釧北号」が1日2便運行されています。
所有時間は3時間20分 片道3390円

◆車でのアクセス:
約138㎞ 約2時間31分

 

【函館から釧路】
◆車でのアクセス:

高速利用で約540㎞ 約6時間44分
一般道利用で約556㎞ 約9時間30分

 

 

くしろ冬まつりの主なイベント内容

くしろ雪まつりではどんなイベントが開催されるのでしょうか?

次はくしろ冬まつりで開催される主なイベントを紹介します!

 

メイン会場「釧路市観光国際交流センター」

くしろ冬まつりのメイン会場「釧路市国際交流センター」では、
様々な雪像や氷像が登場!

夜になるとライトアップや雪像を利用したプロジェクトマッピングなどを楽しむことができます。

また雪氷でできた滑り台でチューブスライダーも楽しむことができます。

 

様々なステージイベントも開催され、
中でも旅行券や食事券などの豪華な景品が当たる『大ビンゴ大会』は大人気!

地元の食材をはじめとしたグルメを楽しめるブースも登場!

 

巨大迷路

釧路フィッシャーズワーフMOO会場には「くしろ冬まつり」人気の、
氷でできた大迷路が登場!

大迷路は夜になるとライトアップされカラフルな色の迷路に変身!

子供から大人まで楽しむことのできるくしろ冬まつり名物の大迷路です!

 

くしろ冬まつりの花火の日程や時間は?

くしろ冬まつりでは、花火の打ち上げも行われ、
冬の透き通った空気の中で綺麗な花火を楽しむことができます。

 

くしろ冬まつりの花火は初日の夜にメイン会場周辺で打ち上げられます!

雪像と花火のコラボレーションを楽しむことができます。

 

【2019くしろ冬まつりの花火の日程・時間】

2019年2月2日(土)18:00〜

の日程でくしろ冬まつりの花火が打ち上げられます。

 

 

2月の北海道のイベント!

今回は釧路で開催される「くしろ冬まつり」を紹介しました。

冬真っ只中のほ2月の北海道では1年を通しても北海道各地でたくさんのイベントが開催される月。

さっぽろ雪まつりを始め、旭川冬まつり、函館海上冬花火や流氷まつりなどなど!

 

2月の北海道各地のイベントはこちらの記事をチェック!

◆2月の北海道のイベント情報!

 

 

2月の北海道の気温や服装は?おすすめの冬靴は?

2月の北海道は1年の中でもっとも寒い月。

北海道旅行に来るときはどんな服装や靴がいいのか?

どれくらいの気温なのか想像しづらいと思います。

 

2月の北海道の気温や服装、おすすめの冬靴はこちらの記事をチェック!

◆北海道の2月の気温や服装、持ち物は?

◆北海道の冬におすすめの冬靴!

 

 

最後に

今回は冬の釧路で開催される「くしろ冬まつり」を紹介しました。

過去に開催されていた「くしろ氷まつり」が名前を変え始まった「くしろ冬まつり」

雪像や氷の迷路、花火を始め様々なイベントなどが開催されるくしろ冬まつり!

今年の冬はぜひくしろ冬まつりに!

スポンサーリンク

Facebook にシェア
LINEで送る
[`google_buzz` not found]