北海道弁・方言一覧!語尾は?「わや」や「したっけ」の意味は?かわいいは?

スポンサーリンク

北海道民の大半はもともと本州をはじめとした日本各地からやってきており、比較的標準語に近いです。
しかし!やはり標準語と比べると訛りがあるみたいです。
今回はそんな北海道弁!北海道の方言を紹介します。
「わや」や「したっけ」他にも北海道弁でかわいいとはなんていうのか?
などなど北海道弁をマスターしてぜひ使ってみましょう!

 

読みたい場所へジャンプ

北海道弁・北海道の方言!
「今でもよく使う方言・比較的よく使う方言」編

北海道は比較的標準語に近い言葉を使う地域ですが、
やはり方言というものがたくさんあります。

またイントネーションも多少違いがあります。

たくさんある方言の中でも北海道の人は方言だと気づかずによく使う方言もあれば、もうあま使ってる人がいない方言もあります。

まずは今でもよく使う方言!比較的今でも使う方言を紹介します。

 

 

今でもよく使う北海道の方言!

まずは今でも北海道の人は北海道弁だと気づかないような、
よく使う北海道弁を紹介します!

 

 

とうきび(とうもろこし)

北海道ではとうもろこしの事を「とうきび」と言います。

北海道にいくととうもろこしは「とうきび」という名前で売っています。

【例文】
◆とうきび1つください。
◆そのとうきびは甘い。

 

 

なげる(捨てる)

北海道ではゴミを捨てるという時に「ゴミを投げる」と言います。

北海道に引っ越してきて「そこのゴミ投げといて」と言われた場合は、外などに投げるのではなくゴミ箱に捨てましょう。

【例文】
◆そこの雑誌投げといて。
◆お母さん!大事にしていたつば九郎のぬいぐるみ投げたでしょ?

 

 

ぼっこ(棒)

北海道では棒のことを「ぼっこ」と呼びます。
棒全般というよりは木の枝などに使われることが多いです。

【例文】
◆昨日木のぼっこで殴られた。
◆どっちのぼっこがいい?

 

 

めっぱ(ものもらい)

「めっぱ」とは標準語で目にできるもらいのこと。

私もめっぱは方言ではなく標準語だと思っていました。

【例文】
◆めっぱできてしまった。悔しい。

 

 

〜さる・〜さった (〜してしまった・〜できるなど)

北海道で万能で便利な言葉「〜さる」

「〜さる」は色々な使い方があり、
特に使われるのが「押ささる」「書かさる」などが一般的です。

・意図せずに押してしまった→押ささった。
・意図せずに書いてしまった→書かさった。
・スイッチが押してあった→押さってた。
・書いてあった→書かさってた
・押せるよ→押ささるよ。
・書けるよ→書かさるよ。
など色々な場面で使える便利な方言です。

他にも「行かさる」など結構万能に使うことができます。
が!慣れてない人はなかなか難しいです。

【例文】
◆カバンでエレベーターのスイッチが押ささった。
◆え?このボールペン書かさるよ?

 

 

サビオ(絆創膏)

北海道では絆創膏のことを「サビオ」と言いいます。

サビオはもともと商品名だったのですが、なぜか北海道で絆創膏=サビオになりました。

【例文】
◆指切った。サビオちょうだい。

 

 

なして?・なした?(どうして?・どうした?)

北海道では「どうして?」「どうした?」を「なして?」「なした?」と言います。

他にも「なしても」「なしたの?」なども使います。

これは私も方言だと知らずに本州の方にも自然と使っていました。

【例文】
◆なした?肩に蕎麦つけて。
「なしてその服の色にした?」「なしても」

 

 

ザンギ(唐揚げ)

北海道では唐揚げのことをザンギと呼びます。

厳密にはザンギと唐揚げの呼び方には色々あります。

ザンギとは?唐揚げなどの違いはこちらの記事をチェック

ザンギとは?唐揚げとの違いや由来は?

 

 

秋味(鮭)

鮭全般を「秋味」と呼ぶのではなく、
秋の旬の鮭を「秋味」と呼びます。

 

 

手袋を履く(手袋をすること)

北海道の人は手袋をすることを、
ズボンを履く同様「手袋を履く」と言います。

 

 

ゴミステーション(ゴミ捨てば)

北海道ではゴミ捨てばのことを「ゴミステーション」と呼びます。

呼ぶだけではなく「ゴミステーション」と明記しているところもあります。

 

 

青看(道路標識の青い看板のこと)

方言とは少し違うかもしれませんが、
北海道では右が千歳空港など道案内の青い看板のことを「青看(アオカン)」といいます。

北海道以外で使うと卑猥な言葉に取られてしまこともあるので注意が必要です。

 

 

比較的よく使う北海道の方言

上記では基本的に誰でも使う北海道の方言を紹介しました。

次は使う人もいればあまり使わない人もいる北海道の方言を紹介します。

 

しゃっこい(冷たい)

冷たい時に使う北海道の方言。

冷たい水がかかった時などに思わず「しゃっこい」と言ってしまう人も多い方言です。

【例文】雪はしゃっこい

 

 

いずい(違和感がある)

何か違和感がある時に使う言葉。

【例文】目にゴミが入っていずい

 

 

うるかす(浸す)

お米を水に浸けておくや茶碗を洗う前に水につけ浸す時などによく使う言葉です。

【例文】使った茶碗をうるかしておいて

 

ゲッパ(最下位・ビリ)

最下位やビリの時に使う言葉。

【例文】
◆昨日の100m走ゲッパだった

 

 

しばれる(めっちゃ寒い)

札幌や函館などの人は使う人も減ってきましたが、
旭川や帯広など道北、道東の北海道の中でも極寒の地域の方は結構使います。

ただ寒い日に使うのではなく、めちゃめちゃ寒い日に使うことが多いです。

【例文】
◆今日は本当しばれるな。

 

 

ちょす(触る)

「触る」などに使う北海道の方言。

昔は色々な触るに使うこと言葉でしたが、
今はどちらかというと「触るな」などネガティブなことに対して使う言葉になってきています。

【例文】
◆そのニキビちょしたらダメだよ。
◆この河童のフィギュア絶対にちょすなよ!

 

 

したっけ(それじゃ・そうしたらなど)

北海道弁の中でもなかなか使うのが難しい「したっけ」

したっけには「それじゃ」「そうしたら」「それなら」「それでは」など様々な意味を持ちます。

「したっけそれでいいよ」や友達と別れる時に「したっけまたね」などと使います。

【例文】
◆したっけ俺はいらないってこと?
◆したっけまた明日ね!

 

 

おっちゃんこ(座る)

赤ちゃんや子供に対して使う言葉で、
座ることを「おっちゃんこ」と言います。

【例文】
◆そこにおっちゃんこして。

 

 

かしがる(傾く)

傾いてるものや傾いてしまったもに「かしがる」という言葉を使います。

【例文】
◆ジェンガかしがってきた!

 

 

かっちゃく(ひっかく)

ひっかくことを「かっちゃく」といいます。

【例文】
◆その虫刺されあんまりかっちゃくな。

 

 

こちょばい・もちょこい(くすぐったい)

くすぐったい時に使う言葉。

それぞれ言い方があり、
友達とくすぐりあっている時に「こちょばすな」や
なんかちょっとくすぐったいなって時に「もちょこい」など使います。

 

 

こわい(疲れるなど)

疲れた時になどに使われる言葉。

他にも風をひいてしまって「こわい」など体調を表す時などに使います。

【例文】
◆風邪ひいたの?体こわくない?

 

 

なまら(とてもなど)

北海道の方言の中でも有名な「なまら」

「とても」や「すごい」などに使われる方言で、
イメージとしては愛知の「でら」や広島の「ぶち」福岡の「ばり」のようなイメージです。

【例文】
◆昨日食べたお好み焼きなまらうまかった。

 

 

わや(とても・大変・ひどいなど)

上記の「なまら」と同じような意味を持つ「わや」

地域や人それぞれ「なまら」と「わや」の使い分けが自分では理解していなくてもあり、

イメージとしては、
なまら→わや→なまらわや
と、すごいの意味合いが強くなる使い分けをすることも多いです。

「わや」は他にも、
「やばいな」のようなニュアンスで使うこともあり、
「それわやだな(それやばいな)」のような使い方もできます。

また「わやくちゃ」という「めちゃくちゃ」という言葉としても使えます。

【例文】
◆今日わや寒い。
◆昨日の試合わやだったな。

 

 

〜しょや(〜じゃん)

「〜じゃん」に似たような意味合いで使われる「〜しょや」

【例文】
◆そうでしょや

 

 

めんこい(かわいい)

「かわいい」という意味で使われる「めんこい」

大人の女性の綺麗な人を見て「めんこい」と使うというよりは、
かわいい子供や動物などに使われることが多いです。

【例文】
◆あそこにいるきつねめんこい

 

 

鍵をかる(鍵をかける)

家の鍵など「鍵をかける」ことを「鍵をかる」「鍵かった」などと使います。

【例文】
◆「家の鍵かった?」「かったよ」

 

 

ばくる(交換する)

交換する時に使う言葉「ばくる」

「〜をばくる」「〜をばくりっこしよう」「〜とばくんない?」 などと使います。

【例文】
◆俺の馬刺しとばくんない?

 

 

なんぼ(いくら)

これいくら?などの北海道弁。

「この掃除機なんぼ?」や「その服なんぼした?」などと使います。

 

 

たいぎ(面倒くさい)

面倒くさいなどなどに使う言葉。

【例文】明日の仕事たいぎだわ。

 

 

なんも(ぜんぜん・どういたしましてなど)

「ぜんぜん気にしないで」や「どういたしまして」などに使う言葉。

「なんもなんも」や「なんもだよー」「なんもだ」などの使い方があります。

また「全然」などにも使うことが多く、
「なんもわからない」と使うこともあります。

【例文】
◆「ペン貸してくれてありがとう!」「なんもだよー」

 

 

年配の方や地域によって使う北海道の方言や、
あまり使わなくなってきた北海道の方言

スポンサーリンク

上記では基本的に北海道の幅広い地域、幅広い年代で使う北海道弁を紹介しました。

他にも北海道の方言はたくさんあり、
その中でも最近はあまり使わなくなってきた方言や年配の方、限定された地域の人が使うような方言もあります。

次は最近はあまり使わなくなってきたような北海道の方言を一気に紹介します!

ただ最近使わなくなってきたというだけで基本的には通じます!

 

 

使う人が減ってきた北海道の方言集!

 

あずましい(心地よいなど)

【例文】ここあずましいはorあずましくない

 

あめる(痛む、腐るなど)

食べのもが腐る、痛むや地域によってはベタベタするようなものにも使います。

 

あんばい(居心地、具合、体調など)

居心地の悪い場所では「あんばい悪い」や調子がよくない時にも「お腹のあんばい悪い」などと使います。

 

あわくう(慌てる)

【例文】そんなにあわくってどこ行くのさ?

 

いたましい(もったいない)

【例文】そのおかず投げるのいたましい。

 

いいふりこき(かっこつけるなど)

かっこつけるや八方美人に対して使う言葉。

 

おばんです。(こんばんは)

おばんです。の他にも「おばんでした」や丁寧語になると「おばんでございます。」

 

おがる(植物が成長したなど)

植物が成長した時やなどに使う言葉。
【例文】このとうきびの苗だいぶおがってきたね。

 

がさい・がっちゃい(かっこわるい、ださい)

ださいものなどに使う言葉で、地域によって「がさい」「がっちゃい」があります。

 

かます・かまかす(かきまぜる)

【例文】ごはんかまかして。

 

きかない(気が強い・頑固・言うことを聞かないなど)

言うことを聞かない子などに対して「きかない子だね」と使います。

 

くっちゃべる(喋る)

どちらかというと喋るのネガティブな要素が多い時に使われる言葉。
【例文】いつまでもくっちゃべってないで勉強しなさい。

 

〜こく(する・言うなど)

少し使うニュアンスが難しいのですが、よく「嘘つくな」などの時に「嘘こくな」などと使います。

 

ごんぼほる(だだ・わがまま)

だだをこねるやわがままなどに使う言葉
【例文】いつまでごんぼほってるの!

 

じょっぴん(鍵)

鍵のこと。上記の「鍵をかる」とセットで「じょっぴんかる」

 

ぜんこ(お金)

【例文】ぜんこかして。

 

たなく(持つ)

【例文】半分たないて

 

つっぺ(栓をする)

鼻血が出た時にテッシュを詰める時などに使う言葉。

 

内地(本州)

本州のことを「内地」と言います。
本州以外にも北海道外の九州や四国などもひっくるめて内地と言う人もいます。

 

ぬくい(あたたかい)

【例文】いやー今日はぬくい!

 

はんかくさい(あほらしい、ばからしい、だらしないなど)

「ばかなことをするな」や「あほなことするな」など「はんかくさい」と言います。

 

ばっぱい(汚い)

小さい子に対して使う言葉で、「そんなの触ったらばっぱいよ」などと使います。

 

みったくない(可愛くない・ださいなど)

【例文】その服みったくないは。

 

 

北海道弁の語尾

上記では北海道の様々な方言を紹介しました。

では北海道弁では語尾にどんな言葉をつけたり、イントネーションはどんな感じなのでしょうか?

 

 

北海道弁でよく語尾につけられる言葉

北海道ならではの特別な言い方以外にも、
語尾につける言葉もたくさんあります。

 

「〜だべ」「〜べ」「〜だべや」

北海道弁でも有名な「〜だべ」や「〜べ」

仲のいい人に使うことが多く、女性よりも男性の方が多く使うイメージがあります。

【例文】
◆俺のえびピラフおいしいべ?
◆『このえびピラフおいしいね」「だべ?」
◆いいね!そうするべ!
◆昨日もえびピラフ食べたべや。

 

 

「〜しょ」「〜しょや」

「この服いいしょ?」や「別にいいしょや」など
比較的「〜べ」と使い方が同じです。

【例文】
◆昨日会えるっていったしょや。
◆明日は会えるしょ?
◆この天かすいいしょ?

 

 

「〜でない?」

疑問文で使われる言葉で、
「いいんでない?」「ちがうんでない?」など
「〜じゃない?」と同じ意味を持ちます。

【例文】
◆明日?会えるんでない?
◆「この服買っちゃおうかな」「いいんでない?」

 

 

〜かい?

何かを訪ねる時に使う言葉で、
「〜したかい?」や「〜元気かい?」などと使われます。

【例文】
◆全然連絡くれないけど元気かい?
◆ご飯は食べかい?

 

 

〜さ

「〜さ」とつけることもとても多く、
文の最後や文の節につけることが多いです。

【例文】
◆昨日さ、天気が良くてさ、散歩に行ったさ。
◆私さ、今日の夜さ、ドライブに行こうと思うさ。

 

 

〜すれ

語尾につく命令口調の言葉。
「〜やれ」のような意味を持ちます。

【例文】
◆いいから早く準備すれ。

 

 

最後に

今回は北海道弁・北海道の方言について紹介しました。

北海道と行ってもとても広いので基本的には似たような方言を使いますが、
地域によってはイントネーションやその地域ならではの方言などもあります。

紹介しきれてない方言やこれも北海道の方言だよ!などありましたら是非コメントください!

スポンサーリンク