北海道地震。過去に起きた大きな地震は?奥尻島や十勝沖地震の被害や震度は?

スポンサーリンク

2018年9月6日発生した最大震度7の北海道胆振東部地震。土砂崩れや北海道全域にわたる停電など多くの被害が出ました。
北海道には過去にもいくつかの大きい地震が発生し被害が出ています。
奥尻島では津波が発生甚大な被害をもたらしました。
今回は北海道で過去に起きた大きな地震を中心にご紹介します。

 

2018年9月6日北海道胆振東部地震

2018年9月6日深夜3時7分

北海道胆振地方中東部を震源とした地震が発生しました。

最大震度は震度階級で最高の震度7を北海道で初めて記録。

地震発生当時は、震度データの入電しない地点があり、
安平町で最大震度6強との発表がありましたが、
その後地震発生当日の夕方に厚真町鹿沼で最大震度7を観測したと判明しました。

 

北海道胆振東部地震の各地の震度は?

平成30年北海道胆振東部地震では、北海道胆振地方中東部を震源に北海道の広い範囲で揺れを観測しました。

 

《北海道で震度4以上を観測した地域》

震度 観測地域
厚真町
6強 安平町/むかわ町
6弱 千歳市/平取町/日高町/札幌市東区
5強 札幌市北区/札幌市西区/札幌市白石区/札幌市手稲区/札幌市清田区/江別市/恵庭市/三笠市/長沼町/苫小牧市/新冠町/新ひだか町
5弱 石狩市/新冠村/札幌市豊平区/札幌市西区/札幌市厚別区/北広島市/函館市/岩見沢市/南幌町/由仁町/栗山町/伊達市/室蘭市/登別市/白老町
当別町/札幌市中央区/札幌市南区/長万部町/森町/七飯町/鹿部町/上ノ国町/乙部町/せたな町/小樽市/余市町/赤井村/ニセコ町/真狩村/留寿都村/喜茂別町/倶知安町/深川市/妹背牛町/秩父別町/北竜町/沼田町/芦別町/滝川市/砂川市/奈井江町/羅臼町/新十津川町/夕張市/旭川市/美唄町/月形町/剣淵町/中富良野町/南富良野町/占冠村/留萌市/増毛町/壮瞥町/鷹栖町/洞爺湖町/浦河町/様似町/鹿追町/新得町/帯広市/浦河町/清水町/芽室町/幕別町/池田町/浦幌町/大樹町/釧路市

 

 

北海道胆振東部地震の被害・影響

北海道胆振東部地震では
震源に近い「厚真町吉野地区」の山林では大規模な崖崩れが広い範囲で発生し、近隣の多数の住宅が巻き込まれました。

厚真町、安平町、むかわ町では多くの住宅が倒壊。

また、石狩、胆振管内の道央地域を中心に道路などの破損が多く発生しました。

札幌市清田区里塚では液状化現象が起こり、道路が陥没し家が傾き、泥が流れ込むなどの被害が出ました。

清田区の液状化現象の詳細はこちらの記事から。
札幌市清田区里塚の液状化の場所や原因は?

室蘭市の新日鉄住金室蘭製鉄所、厚真町の苫東厚真火力発電所で火災が発生。

 

地震の影響で苫東厚真火力発電所を始め北海道内のすべての火力発電所が緊急停止し北海道内全域の約295万戸が停電しました。

 

また、JR北海道では地震の影響で北海道新幹線を含む全線で運転の見合わせ。

新千歳空港では設備の破損、停電、ターミナルビルで水漏れなどが発生し終日閉鎖し地震発生当日の運行を無合わせました。

 

 

過去に北海道で発生した主な地震

スポンサーリンク

平成30年北海道胆振東部地震では北海道で初めて最大震度7を観測しました。

北海道では過去にもいくつかの地震が発生しています。

今日本はどこで地震が起きてもおかしくない状況かもしれません。

不安を煽るものではなく北海道で過去にどんな地震が発生したのかを見て参考にしてください。

 

昭和以前に北海道で発生した主な地震

◆1611年(慶長16年)
地域:三陸沿岸・北海道東海岸
発生日:1622年12月2日
地震の規模:最大震度5 M8,1
被害:三陸沿岸、北海道東岸で津波により死者多数

◆1792年(寛政4年)
地域;後志
発生日:1792年6月13日
地震の規模:M7,1
被害:津波による死者5人

◆1834年(天保5年)
地域:石狩
発生日:1834年2月9日
地震の規模:M6,4
被害:石狩川河口付近を中心に被害があり、住家全勝23棟

◆1843年(天保14年)
地域:釧路、根室
発生日:1843年4月25日
地震の規模:M7,5
被害:釧路で5mほどの津波が発生し、釧路・根室で溺死46人、家屋倒壊76棟

◆1856年(安政3年)
地域:日高、胆振、渡島
発生日:1856年8月23日
地震の規模:M7,5
被害:北海道の南岸一帯に津波。

◆1881年(明治14年)
地域:国後島
地震の規模:M7,0

◆1893年(明治26年)
地域:色丹島沖
地震の規模:M7,7

◆1894年(明治27年)
地域:根室南西沖
発生日:1894年3月22日
地震の規模:M7,9
被害:根室、釧路、厚岸に被害がでて死者1人、住家全壊12棟

◆1896年(明治29年)明治三陸沖地震
地域:三陸沖
発生日:1896年6月15日
地震の規模:M8,2
被害:北海道では十勝から函館までの沿岸で津波発生し北海道のでの死者は6人。北海道から宮城県にかけて家屋流失全半壊1万棟以上

◆1915年(大正4年)
地域:十勝沖
発生日:1915年3月15日
地震の規模:M7
被害:帯広地方で被害があり、死者2人

◆1918年(大正7年)
地域:択捉島沖
発生日:1918年9月8日
地震の規模:M8,0

 

昭和に北海道で発生した地震

◆1933年(昭和3年)三陸地震
地域:三陸
発生日:1933年3月3日
地震の規模:M8,1 最大震度5
被害:津波による被害。死者13人、家屋倒壊48棟など

◆1940年(昭和15年)
地域:神威岬沖
発生日:1940年8月2日
地震の規模:M7,5 最大震度4
被害:天塩、羽幌、苫前を中心に津波が発生。死者10人。家屋流出20胸

◆1952年(昭和27年)十勝沖地震
地域:十勝沖
発生日:1952年3月4日
地震の規模:M8,2 最大震度5
被害:太平洋沿岸一帯に津波の被害。死者行方不明33人。住家全壊815棟

◆1960年(昭和35年)チリ地震による津波被害
発生日:1960年5月23日
被害:チリ地震による津波被害。死者行方不明者15人

◆1968年(昭和43年)1968年十勝沖地震
地域:十勝沖
発生日:1968年5月16日
地震の規模:M7,9 最大震度5
被害:南西部地域を中心に津波による被害。死者2人、負傷者133人、住家全壊全焼27棟

◆1970年(昭和46年)
地域:十勝支庁南部
発生日:1970年1月20日
地震の規模:M7,0 最大震度5

◆1973年(昭和48年)
地域:根室半島沖地震
発生日:1973年6月17日
地震の規模:M7,4 最大震度5
被害:津波、強い揺れによる被害

◆1982年(昭和57年)浦河沖地震
地域:浦河沖
発生日:1982年3月21日
地震の規模:M7,1 最大震度6
被害:日高支庁沿岸を中心に負傷者167人、住家全壊13棟

◆1983年(昭和58年)日本海中部地震
発生日:1983年5月26日
地震の規模:M7,7 最大震度5(青森、秋田)
被害:渡島、檜山、奥尻に津波と強い揺れ。死者4人、負傷者24人、住家全壊9棟

 

平成に北海道で発生した地震

◆1993年(平成5年)釧路沖地震
地域;釧路沖
発生日;1993年1月15日
地震の規模:M7,5 最大震度6
被害:死者2人、負傷者966人、住家全壊53棟

◆1993年(平成5年)北海道南西沖地震
地域;北海道南西沖
発生日:1993年7月12日
地震の規模:M7,8 最大震度6
被害:奥尻島を中心に大きな津波と強い揺れにより、死者・行方不明者230人、負傷者323人、住家全壊61棟

◆1994年(平成6年)北海道東方沖地震
地域:北海道東方沖
発生日:1994年10月4日
地震の規模:M8,2 最大震度6
被害:釧路、根室を中心に被害。負傷者436人、住家全壊116棟

◆2003年(平成15年)十勝沖地震
地域;十勝沖
発生日:2003年9月26日
地震の規模:M8,0 最大震度6弱
被害:津波、強い揺れが発生し、死者1人、行方不明者1人、負傷者849人、家屋全壊116棟

◆2004年(平成16年)釧路沖地震
地域:釧路沖
発生日:2004年11月29日
地震の規模:M7,1 最大震度5強

◆2004年(平成16年)
地域:留萌南部
発生日:2004年12月14日
地震の規模:M6,1 最大震度6弱

◆2013年(平成25年)
地域:十勝地方南部
発生日:2013年2月2日
地震の規模:M6,5 最大震度5強

◆2018年(平成30年)北海道胆振東部地震
地域;胆振東部
発生日:2018年9月6日
地震の規模:M6,7 最大震度7
被害;厚真町で大規模な土砂崩れ、札幌市清田区で液状化、北海道全域で停電

 

 

北海道南西沖地震での奥尻島の津波の被害は?

出典:http://www.bo-sai.co.jp/sub8.html

1993年(平成5年)7月12日22時17分に発生した北海道南西沖地震。

奥尻島北方沖の日本海海底で発生した地震で、M7,8 推定最大震度6の当時の日本海側の観測史上最大の地震になりました。

北海道南西沖地震は奥尻島に津波が襲いとても大きな被害が出ました。

 

北海道南西沖地震の奥尻島の津波の大きさい被害は?

北海道南西沖地震では、死者202人、行方不明者28人ととても大きな被害が出ました。

津波の被害を最も受けた島の西側、藻内地区で最大31,5mの津波の高さを記録しました。
(高さ30mはビルの10階建てくらいの高さ)

他の地区の津波の高さは、
稲穂地区で8,5m 奥尻地区で3,5m 初松前地区で16,8mの津波を観測しました。

当時の奥尻島の人口の4%にあたる198人、ほかにも北海道本島の現在のせたな町でも死者が出ました。

 

また津波火災も多く発生し、青苗地区では津波直後9件の火災が発生し、10m近い風にあおられとても早いスピードで燃え広がり多くの被害が出ました。

火災が進むにつれプロパンガスやボンベ、暖房用の燃料タンクなどが爆発を繰り返し、津波による被害とかさな消化活動も手のつけられない状態に。

揺れにより崖崩れが発生し、ホテルや食堂が土砂により倒壊。
そのほか数カ所でお崖崩れが発生。

奥尻島は一夜にして破滅的な被害を受けました。

 

 

北海道の活火山は?

今回は北海道で発生した地震について紹介しました。

日本には110もの活火山がありその中でも北海道にある活火山は18山あります。

活火山の活動が特に高いランクAの山が4つあります。

北海道の活火山についてはこちらの記事から。

北海道の活火山は?ランクAや有珠山や十勝だけは安全?

 

北海道胆振東部地震で札幌市清田区里塚で液状化現象

2018年9月6日発生した北海道胆振東部地震。

北海道で初となる最大震度7を記録し土砂災害、北海道全域に広がる大規模な停電など甚大な被害が発生しました。

札幌市では各地で道路が割れたりなどの被害も出て、特に札幌市の清田区里塚では液状化現象がおき泥が流れ込み道路が陥没、家が傾くなど大きな被害が出ました。

北海道胆振東部地震の札幌市清田区里塚の液状化の詳細はこちらの記事から。

北海道地震で札幌清田区里塚が液状化。場所やなぜ起きたのか?

 

 

最後に

今回は北海道で過去に発生した地震を紹介しました。

北海道では過去にいくつかの地震が発生し、大きな被害が出ています。

北海道でも過去にこのような地震の被害が出ていることを忘れないのも今後訪れるかもしれない災害を生き抜くためのヒントになるかもしれません。

スポンサーリンク

Facebook にシェア
LINEで送る
[`google_buzz` not found]