2018年函館海上冬花火大会!日程や打ち上げの時間は?会場は?

スポンサーリンク

はこだて冬フェスティバルで12月上旬〜2月下旬まで街がイルミネーションに包まれる函館の冬。
そんなはこだて冬フェスティバルの一環で、函館の冬の空に花火が打ち上がる函館海上冬花火が開催されます!
雪の積もった街と花火の共演はとても綺麗!
今回は函館の冬の花火大会の場所、日程、時間、見所などを紹介!

スポンサーリンク

 

 

函館海上冬花火 2018

スクリーンショット 2017-10-08 14.13.12

 

街にも雪が積もり雪景色になる北海道の函館!

そんな函館の街で冬に花火大会が行われます。

それが函館海上冬花火!!!

 

雪が積もる白い函館の白い街並みに打ち上がる花火は絶景!

 

2014年から始まったこの函館海上冬花火は、約2000発の花火が開催期間中毎日打ち上がります。

函館湾の海上から花火が打ち上がり、夜景で有名な函館山や、メインの観覧エリア、イルミネーションが行われている函館の街からも見ることができます。

 

海に反射される花火はとても綺麗!

 

フォトコンテストも行われ入賞者には豪華な景品も!

 

他にも主観覧エリアの豊川埠頭ではフードブースも登場し函館の美味しいグルメも楽しむことができます。

 

 

 

2018年函館海上冬花火の日程や時間は?

スポンサーリンク

2018年の函館海上冬花火の日程、打ち上げの時間はを紹介します!

 

 

○函館海上冬花火開催時間

2018年2月9日(金)〜11日(日)まで

※開催3日間毎日花火の打ち上げがあります。

 

 

○花火打ち上げ時間

19:40〜 (約25分程度) 花火は2000発

 

 

開催期間の5日間は毎日花火の打ち上げが行われます。

花火は毎日約2000発打ち上げられます。

 

北海道の2月は真冬の季節。

しっかり暖かい服装をして見に行きましょう!

2月の北海道の気温、服装はこちら!

 

 

函館海上冬花火の会場は?

 

 

函館海上冬花火は、函館湾の海上から花火が打ち上がります。

 

花火が打ち上がるのは、函館湾 豊川埠頭沖。


花火が一番近くで見ることのできる、メインの観覧エリアに指定されているのが、函館駅から徒歩5〜6分ほどの場所にある、豊川埠頭です。

メインの観覧会場である豊川埠頭は、函館国際ホテル裏手にある広場で、足元が綺麗に雪かきされているので旅行者の方でもおすすめのスポット!

花火が打ち上がるところから一番近いこともあり、お腹に響く花火の音がとても心地よく、目の前で打ち上がる花火は迫力満点!

 

メインの豊川埠頭では函館海上冬花火の期間中にはフードブースも登場し、暖かい飲み物や函館の美味しい食べ物も食べることができます。

 

 

 

おすすめの花火観覧スポットは?

 

函館海上冬花火はメイン会場の豊川埠頭の他にも様々な観覧おすすめスポットがあり、見る場所によって様々な表情を見ることができます。

 

メイン会場近くの摩周丸という船の資料館では期間中に特別に閉館時間後の特別開館が行われたり、夜景で有名な函館山から夜景と一緒に見る花火も見ることができます!

他にも函館観光で人気の赤レンガからの花火や、イルミネーションが行われている函館の街の八幡坂からの花火、ハリストス教会越しに見る花火、函館国際ホテルのバーからの花火など、函館の街と一緒に見る花火は、とても絵になります。

 

函館海上冬花火おすすめスポットはこちら!

 

 

最後に

今回は2月の函館の冬に行われる、函館海上冬花火をご紹介しました。

雪景色の函館の街から見ることのできる、花火は夏の花火とちがってまた素敵な花火を見ることができます。

冬の夜空に打ち上がる、真冬の花火大会。

函館の素敵な街並みと一緒に楽しみましょう!!

スポンサーリンク

Facebook にシェア
LINEで送る
[`google_buzz` not found]