日本ハムファイターズ新球場北広島の場所は?完成予定はいつ?新駅は?

日本ハムファイターズが新球場を建設!
天然芝や開閉式の屋根、温泉に入りながら試合を観戦できたり、他にも公園やキャンプ場などなど今までにない野球場を建設中!
そんな日本ハムファイターズの新球場の場所はどこなのか?新駅は?
完成予定・利用予定はいつなのか?などなど今回は日本ハムファイターズの新球場を紹介!



日本ハムファイターズ新球場北広島の場所は?

日本ハムファイターズが新球場を設立!

天然芝フィールドに開閉ができる屋根、
センター後方は全面ガラス張り!

さらには世界初となる天然温泉の露天風呂の設置や
公園、キャンプ場なども!

今までにない球場を設立中です!

今回はそんな日本ハムファイターズの新球場の場所や完成、利用予定などを紹介します。

 

 

日ハム新球場の場所!

日本ハムファイターズの新球場はどこにできるのでしょうか?

 

日本ハムファイターズの新球場は、
札幌市の隣町「北広島市」に建設されます。

北広島市『きたひろしま総合運動公園』に建設されます。

【住所】北海道北広島市共栄

 

札幌中心部からは約21㎞ほどあり車で約1時間ほどかかります。

 

現在は建設予定の「きたひろしま総合運動公園」へは「JR北広島駅」が一番近く約2キロほど、徒歩で約20分ほどかかります。

 

 

日本ハムファイターズ新球場でJRの新しい駅ができる?

きたひろしま総合運動公園に建設される、
日本ハムファイターズの新球場のネックな部分が、
最寄駅から徒歩20分もかかるというところ。

歩けないような距離ではないですが、人それぞれ皆が皆、
2㎞の距離、徒歩20分を簡単に歩けるわけではありません。

そこで球場前に「JRの新駅」を作るという話も出ています。

新駅は札幌から千歳や新千歳空港、苫小牧を結ぶ「千歳線」に新駅設置を要請中。

新駅には様々な意見や問題点があり決定はしておらず、
球団側がJR北海道のお願いをしている状況です。

 

また、札幌の主要地下鉄駅と球場を結ぶシャトルバスや路線の整備や新たにアクセス可能な道路を作るなどの計画が立てられています。

 

 


日本ハムファイターズ新球場の完成予定・開業はいつ?

温泉ができたり公園があったり、屋根が開閉であったりと日本で一番の球場でなるであろう、
そして北海道民だけではなく日本の野球ファンが楽しみにしている
日本ハムファイターズの新球場!

そんな日本ハムファイターズの新球場はいつ完成して、いつ開業するのでしょうか?

 

日本ハムファイターズ新球場の完成予定は?

日本ハムファイターズの新球場はいつ完成するのでしょうか?

2018年11月から基本設計や実践設計期間が始まり、

2020年の春ころに建設が行われます。

建設が始まって3年後の
『2023年 1月』に完成予定!

 

日本ハムファイターズ新球場の開業はいつから?

日本ハムファイターズの新球場はいつから開業され、いつのシーズンから利用さるのでしょうか?

2023年1月に完成予定の日本ハムの新球場!

開業は
2023年3月に開業されます!

2023年の3月に開業がされるので2023年シーズンのオープン戦から利用されると思います。

 

日本ハムファイターズ新球場概要

【名称】北海道ボールパーク(仮称)
【建設予定地】北海道北広島市共栄(きたひろしま総合運動公園)
【建設費用】約600億円
【建設面積】約5万平方メートル
【延べ面積】約10万平方メートル
【収容人数】約3万5000人
【階数】地下1階・地上4階

 

最後に

今回は日本ハムファイターズの新球場について紹介しました。

日本ハムファイターズの新球場に関しては場所や新駅に関してなど人それぞれ様々な意見がありますが、
やはり野球ファンとしては今までにない新球場がとても楽しみです。

開閉式の屋根に天然芝、温泉に入りながら野球観戦!
センター方向は全面ガラス張り、
公園やキャンプ場などなど、どんな楽しい野球場ができるのか本当に楽しみです!


ぜひシェアしてね!

1 個のコメント

  • 札幌市の近くに完備された球場が出来る事に嬉しく思いますが、これからの球場運営を考えた時に一抹の不安をを感じます。札幌の近郊に新球場を造って、札幌市のフアンが果たして新球場まで足を運んで来てくれるでしょうか。何と言っても大都市の札幌を無視しては球場運営は成り立ちません。札幌の地下鉄から直ぐ乗り換えて行ける交通機関があれば話は別ですが、千歳線やバスなど使って行くとなると大変な事です。行く人は限られて来るでしょうか。その条件下では果たして立派な球場を造っても、単なる宝の持ち腐れになるのだはないかと思います。自由に何回もその球場に行けるものではありません。直ぐその球場に行けないのであれば新球場を造った意味は有りません。簡単に行けるる様手段を考えるべきであると思います。折角作った新球場の端簡に行ける方法を考えて下さい。札幌から新球場までの交通手段を考えて初めて新球場を造った趣旨があると考えていますので、それと同時に交通手段も解決されることを祈っております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    アバター
    たけ
    北海道の観光や暮らしに関する記事を400記事以上作成。 自分の『体験/経験 /取材』と情報が偏らない様にしっかりと調べた内容をまとめ、北海道に関する情報を配信しています。