2019年ドラフト日本ハムファイターズの1位指名や結果は?プロ野球ドラフト会議!

2019年のプロ野球ドラフト会議が10月17日(木)に行われました。
今回ドラフトに日本ハムファイターズの結果はどうなったのか?
1位指名を公言していた岩手県大船渡高の佐々木投手は交渉権を獲得できたのか?
2位指名や3位指名など、今回は2019年プロ野球ドラフト会議の日本ハムファイターズの結果を紹介します。



2019年プロ野球ドラフト会議

2019年のプロ野球ドラフト会議が10月17日(木)に開催されました。

注目の岩手県大船渡高の佐々木投手や
石川県星稜高校の奥川投手、
明治大学の森下投手など様々な注目選手がいる2019年のドラフト会議。

 

佐々木投手を1位指名したのが、
日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
東北楽天イーグルス
埼玉西武ライオンズ

交渉権を獲得したのが千葉ロッテマリーンズ

その後日本ハムがJFE東日本の河野投手の交渉権を獲得。

西武が東芝の宮川投手の交渉権を獲得。

楽天が大阪ガスの小深田選手の交渉権を獲得。

 

奥川投手を1位指名したのが、
ヤクルトスワローズ
阪神タイガース
読売ジャイアンツ

交渉権を獲得したのがヤクルトスワローズ!

阪神タイガースがその後創志学園の西投手を1位指名で交渉権を獲得。

巨人が青森山田の堀田投手の交渉権を獲得。

 

森下投手を1位指名し広島東洋カープが交渉権を獲得

 

石川選手を1位指名したのが、
オリックス
中日
ソフトバンクホークス

交渉権を獲得したのが中日ドラゴンズ

その後ソフトバンクがJR西日本の佐藤選手の交渉権を獲得。

オリックスが興南高校の宮城投手の交渉権を獲得

 

森選手を1位指名し横浜ベイスターズが交渉権獲得

 

 

【2019年プロ野球ドラフト各球団1位獲得選手】

西武巨人ソフト横浜楽天阪神ロッテ広島日ハム中日オリヤク
佐々奥川石川佐々木奥川佐々木森下佐々石川石川奥川
宮川宮川佐藤小深田西河野河野
堀田宮城

 

 


2019年日本ハムファイターズのドラフト結果

日本ハムファイターズは今まで、
ダルビッシュ有、中田翔、斎藤佑樹や大谷翔平、清宮幸太郎、吉田輝星など多くの注目選手を獲得してきました!

2019年令和最初のプロ野球ドラフト会議の日本ハムファイターズの結果はどうだったのでしょうか?

1位指名を公言していた
岩手県の大船渡高校の佐々木朗希投手は、
あの大谷翔平を上回る高校生でMax163㌔を投げる今年一番と言っても過言ではない注目の選手。

日ハム以外にも、
ロッテ、オリックス、楽天が1位指名!

2019年の日本ハムファイターズのドラフトの結果はどうなったのでしょうか?

選手の特徴なども踏まえ紹介いたします!

 

 

 

1位 河野 竜生 投手 (JFE西日本)

日本ハムファイターズは1位指名に岩手県大船渡高の佐々木朗希投手を指名しましたが、ロッテが交渉権を獲得。

その後JFE西日本の河野 竜生選手を外れ1位として指名し、
オリックスと競合し日本ハムファイターズが交渉権を獲得!

 

日ハムが交渉権を獲得した、河野 竜生 投手は、
鳴門高で1年の夏から甲子園に出場し先発登板。

高校3年の夏には急速145キロを記録し、
さらにツーシームなどを取得し甲子園8強へ導きました。

高校卒業後はJR西日本に進み1年目から公式戦に出場!
18年の都市対抗では8強進出に貢献!

11月の日本選手権では3先発で3完投、防御率0,33の記録を残しました。

Max151キロのストレートに、外角低めをピンポイントで投げ込める制球力。
スライダーやスローカーブ、フォークと言ったキレのある変化球と将来性はもちろん即戦力としても活躍してくれるような選手です。

【ポジション】投手(左投げ左打ち)

【生年月日】1998年5月30日

【身長】174㎝

【体重】72㎏

【出身】徳島県

【経歴】鳴門第二中→鳴門高→JEF西日本

 

 

 

2位 立野 和明 投手(東海理化)

中部大第一高では2年の秋からエースと活躍。

高校を卒業後には、東海理化で1年目から公式戦に出場し、
2018年の日本選手権初戦で自己最速の150キロをマーク!

延長12回138キロを投げきりました。

Max152キロの速球が武器で、
変化球はスライダーを始め、カーブ、フォーク、カットボール、ツーシームなど多彩な変化球を操ります。

高校生から社会人になり急速が10キロも早くなったことから今後もどんどん成長が期待できる逸材!

【ポジション】投手(右投げ右打ち)

【生年月日】1998年4月3日

【身長】181㎝

【体重】81㎏

【出身】愛知県

【経歴】豊山中→中部大学第一高→東海理化

 

 

 

3位 上野 響平 内野手(京都国際高)

京都国際高で1年の春からレギュラーを獲得。

フットワークの軽い軽快な守備と安定したスローイングが武器のショート!

ヒット性の当たりも難なくさばく場面も多く守備にとても定評のある選手。

また5月の京都大会終了後から9本の本塁打を記録するなど打撃も大きく成長し、
ミートセンスに加えおアンチ力も増してきて今後の成長がとても期待できます。

【ポジション】内野手 遊撃手(右投げ右打ち)

【生年月日】2001年4月26日

【身長】174㎝

【体重】65㎏

【出身】京都府

【経歴】貝塚シニア→京都国際高

 

 

 

4位 鈴木 健矢 投手(JX-ENEOS)

サイドハンドの投手。

木更津総合高で3年のセンバツに出場し2試合に救援登板。

そのごJX-ENEOSに入社し、1年目から都市対抗で登板!

2017年には侍ジャパン社会人代表に選ばれ、アジア選手権に出場し2勝を挙げています。

サイドスローで投げるMax147キロのストレートとスライダーが武器!

他にもチェンジアップやツーシームなどを加え空振りも取ることができる魅力ある選手。

【ポジション】投手(右投げ左打ち)

【生年月日】1997年12月11日

【身長】176㎝

【体重】75㎏

【出身】千葉県

【経歴】長浦中→木更津総合高→JX-ENEOS

 

 

 

5位 望月 大希 投手(創価大学)

高校2年生の秋に県大会2回戦で9回を完封12奪三振したものの甲子園の出場は叶わず、大学へ進学。

大学4年の春に先発を中心に6試合35 1/3を投げ、 防御率0,76という素晴らしい背席を収め創価大学をリーグ優勝へ導きました。

長身から投げ下ろすオーバースローの投球フォームで、140キロ中盤のストレートが武器!

変化球はスローカーブ、スライダー、チェンジアップなどを使い分ける今後がきたされる選手。

【ポジション】投手(右投げ右打ち)

【生年月日】1998年2月1日

【身長】187㎝

【体重】83㎏

【出身】千葉県

【経歴】船橋八木々谷中→船橋高→創価大学

 

 

6位 梅林 優貴 捕手(広島文化学園大)

大学時代にチームのキャプテンを担い、2年生の時に正捕手として活躍。

春のリーグ戦ではMVPに輝き、その後ベストナインを2度受賞!

【ポジション】捕手(右投げ右打ち)

【生年月日】1997年生まれ

【出身】広島県

【経歴】高揚東高→広島文化学園大学

 

 

7位 片岡 奨人 外野手(東日本国際大)

強肩巧打に50メートル6秒の俊足の北海道札幌市出身の選手。

高校時代の札幌日大では2年生の秋からレギュラーとして活躍。

打率5割の好成績を記録し全道4強に導きました。

3年生の夏には1回戦で北照高校と当たり4ー5と競り負け敗退。

その後東日本国際大学へ進学し、1年の秋からベンチ入り。

3年生の春、4年生の春秋で外野ベストナインを受賞。

3年の秋から4年の春まで主将をつとも、
7季中4季で南東リーグ優勝へ導きました。

打率424の好成績を残し4年の春にはMVPを獲得。

【ポジション】外野手(右投げ左打ち)

【生年月日】1998年生まれ

【身長】184㎝

【出身】北海道札幌市

【経歴】札幌日大→東日本国際大

 

 

育成枠1位 宮田 輝星 外野手(福岡大)

福岡大では1年秋からベンチ入りし、
3年の春からレギュラーを獲得。

コンパクトに振り抜くスイングのスイッチヒッターで、
1塁まで3,8秒台から4秒台と俊足の持ち主。

バントなどの小技もこなす。

守備範囲もとても広く、持ち前の俊足と守備で今後がとても期待される選手。

【ポジション】外野手(右投げ両打ち)

【生年月日】1997年生まれ

【身長】178㎝

【出身】鹿児島県

【経歴】出水中央高→福岡大学

 

 

育成枠2位 樋口 龍之介 内野手(新潟独立リーグ)

高校生時代の横浜高校では甲子園に出場!

2019年の後期リーグ戦では出場66試合で打率.354 19本塁打 打点69と打撃の3分もんで上位に。

打撃力が魅力の選手!

【ポジション】内野手 二塁手(右投げ右打ち)

【生年月日】1994年7月4日

【身長】167㎝

【出身】神奈川県

【経歴】横浜高校→立正大学→新潟アルビレックスBC

 

 

育成枠3位 長谷川 凌汰 投手(新潟独立リーグ)

Max153キロのストレートを武器に、
カーブ、スライダー、カット、フォークを投げる投手。

高校3年の夏には甲子園に出場し1回戦で三者三振の好投をみせ、
2回戦では1失点の完投勝利!

大学を経て新潟の独立リーグに入団し1年目から活躍!

【ポジション】投手(右投げ左打ち)

【生年月日】1995年11月8日

【身長】188㎝

【出身】福井県

【経歴】福井商業高→龍谷大→新潟アルビレックスBC

 

 

最後に

今回は日本ハムファーターズの2019年のドラフト会議の結果を紹介しました。

今年は惜しくも5位に終わってしまった日本ハムファイターズ。

ドラフトには即戦力として活躍してくれる選手も多くいると思います。

栗山監督が2020年も続投することも決まり、
来年はどんな活躍を楽しむことができるのか?

2020年に今年2019年令和最初のドラフトで日ハムに加入する選手が活躍するのがとても楽しみです!


ぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
たけ
北海道の観光や暮らしに関する記事を400記事以上作成。 自分の『体験/経験 /取材』と情報が偏らない様にしっかりと調べた内容をまとめ、北海道に関する情報を配信しています。