美瑛の青い池が復旧!運休中のJR北海道再開見込みは?台風被害情報。

%e5%8d%81%e5%8b%9d%e8%be%b2%e4%bd%9c%e7%89%a9

スポンサーリンク

8月末に北海道を襲った3つの台風。そして台風10号。農作物、交通網など様々な所に甚大な被害をもたらした4つの台風。9月上旬には稚内、利尻で記録的大雨で冠水するなどの被害もありました。少しづつですが復旧の目処が立ってきている所も増え、台風の影響で立ち入りができなかった美瑛の青い池が観光可能になりました。

北海道台風復旧情報!

8月末の4つの台風が過ぎてから約2週間。少しづつ各地で復旧の目処が立ち始め、復旧した所も出てきました。

 

美瑛の青い池が立ち入り禁止解除!

 

台風9号の影響で一部が崩壊し池が濁ってしまい、立ち入り禁止になっていた美瑛の青い池が工事完了に伴い9月14日の午前から立ち入り禁止が解除され、観光可能になりました。

茶色く濁ってしまっていた池も本来の青さを取り戻しつつ、約3週間ぶりに300人を超す多くの観光客が訪れました。

北海道の開発局によると、水深など池の状態にも特別な変化はないとのこと。

これからは今まで通りいつもの青い池を楽しめます。

青い池紹介ページ

 

スポンサーリンク

 

音更町の十勝川温泉が営業再開

 

台風10号の影響で十勝川の水があふれ、風呂やパイプなどの施設が水に浸かる被害を受け、その後施設の修理などのためにホテルの営業を停止していた十勝川温泉が復旧作業を終え9月10日に営業を再開しました。

十勝川温泉にあるホテルのうち4つの施設は、断水が続いていた新得町、清水町の住人を対象に今月17日まで無料で入浴できるサービスを行っています。

 

空知川の堤防復旧

 

台風10号の影響で大きな冠水被害が出た南富良野町で決壊した空知川の堤防の緊急復旧作業が9月6日に終わり、今後の被害防止に向けさらに強化する工事が進められています。

 

日勝峠仮の橋がかけられ一部が通行可能に

 

4つの台風の影響で道路が破損し復旧の目処がまだ立っていない日勝峠のふもとの日高町千栄地区で9月13日に仮の橋が建てられ一部通行が可能になりました。

仮の橋が建てられましたが、台風から約2週間がたってもまだ大量の水が滝のように流れている状況で、道路の復旧はまだ目処がたっていません。

 

釧網本線9月16日に全区間運転再開!

 

台風の影響で運休していた釧網本線が9月16日に全区間運転が再開されます。

日高本線の苫小牧〜鵡川間も17、18日に再開予定です。

 

断水していた清水町、2週間ぶりに給水

 

台風の大雨の影響で水道管などが破壊され約3000世帯が断水していた清水町で約2週間ぶりに給水が始まりまして。

現在給水されている水はトイレや洗濯などに使う生活水で、清水町などは引き続き飲用水の給水所を設置している。

早ければ9月17日までに水道水の水質検査を終え飲用水の供給が始まる予定です。

 

狩勝峠開通

 

台風による大雨の影響で通行止になっていた、国道38号の狩勝峠が9月11日に開通しました。

狩勝峠は土砂崩れで、通行止になっていました。南富良野町と十勝新得町を結ぶ19.3キロが開通しこれまでどうり隣町に行けるようになりました。

 

宗谷線が全線復旧

 

台風とは別の記録的大雨で冠水被害が出ていた稚内。

稚内市の抜海ー南稚内間でレール下の路盤が流出し復旧業が進められていました。

大雨の影響で運休が続いていたJR宗谷線幌延ー稚内間が9月13日に復旧し札幌と稚内を結ぶ特急も全線で運休を再開しました。

 

JR北海道各線再開見込み

少しずつ運転再開している路線も出てきていますがまだ再開が出来ていない区間もあります。

JR北海道の各線再開の見込みが発表されました。

 

石勝線・根室本線 トマム〜新得〜芽室間 64.3キロ

橋りょうが3本流出し他にも土砂の流入路線の流出、護岸の崩壊など大きな被害だけでも12箇所に及び、いまだに復旧のめどが立っておらず「少なくとも11月末まで運転再開は困難な状況」です。

現在はトマム〜帯広間でバスによる代行運送を実地。他にも新得〜芽室間で学生通学向けの代行バスが運行しています。

 

根室本線 富良野〜東鹿越〜幾寅~落合~新得 81.7キロ

幾寅~落合~新得間の設備の破損がひどく、路線にアクセスするための道路がない場所も多く再開時期は未定。

現在は富良野〜幾寅間で学生通学向けの代行バスが運行しています。

 

石狩本線 苫小牧〜鵡川 30.5キロ

ケーブルの断線による運行システムが小できなっており運休しています。

早くても9月17日、18日の再開を予定しています。

代行バスが苫小牧〜鵡川間で運転されています。

 

 

この他にも2015年1月以降の水害で以前から運休している日高本線鵡川〜様似間116キロは今回の台風の影響で被害がさらに拡大しています。

 

台風の被害状況

北海道の台風被害は9月7日で955億円へ上り、この額にはの業の被害が含まれていないため、全体的な被害はさらに膨れ上がる見込みです。

台風の影響で野菜の値段が高騰

 

農作物の被害

 

%e5%8d%81%e5%8b%9d%e8%be%b2%e4%bd%9c%e7%89%a9

出典:img.news.goo.ne.jp

 

北海道の一連の台風による北海道の農業被害は約340億円に上りました。

9月6日の公表した資料によると農作物など1万2310haの被害があり、この他にも畜舎などの損壊が2514棟、生乳の廃棄、牛や豚、鶏の水死もありました。

被害のうち約7割が十勝管内。

玉ねぎや大豆、ジャガイモなど北海道が生産量1位の農作物に破滅的な被害があり、玉ねぎなどは1つ100円のところも出てきています。

秋の収穫の前に他にも米やスイートコーンなど多くの農作物に甚大な被害が出ており、長年維持してきた表度が流され、肥料を入れて今までどうりの良質な土にするには10数年かかるところもありそうです。

 

観光業への被害

台風の被害で8月〜10月までに3万人のホテル、旅館などのキャンセルがでて今後も増える見込みです。

アンケートでは風評被害のキャンセルがほとんどという。

 

イベント中止やツアーキャンセルなどもあり、新得町では約3万人の来場を見込んでいた9月19日〜25日に開催予定だった「日本そば博覧会」断水などの影響で中止。

 

南富良野町のラフティングツアーも通行止めの影響などでホテルからのお客さんを運べず、時間が3倍ぐらいかかり遠回りして連れてこなければならず、個人客のキャンセルが相次ぎ修学旅行生にはコース変更、短縮するなど対応を取っている。

 

お菓子メーカーコイケヤ、一部商品販売休止

台風10号の影響で南富良野にあるコイケヤの工場が大きな被害をうけ現在操業が停止状態になっています。

操業再開の目処は未定で当面の間自社工場において代替生産を行う予定です。

「湖池屋工場直送便ポテトチップス うすしお味」が現在の注文の生産で一時発売を休止することになりました。

 

最後に

今回の台風で北海道、岩手、東北地方で大きな被害がでました。

少しづつではありますが、復旧が進んでいます。

運休していたJRが運転再開をしたり、立ち入りを禁止していた美瑛の青い池が観光可能になったりと、十勝川温泉が営業再開など、今後も早い復旧を願うばかりです。

北海道の観光を考えている方は札幌方面や函館方面、旭川、知床などは被害が少なく観光には何も問題はないので安心してください。

道東など被害が大きかったところはJRや細かいところの観光にまだ少し影響があるところがあるかもしれないので、キャンセルする前に一度予定の観光場所に連絡などしてみましょう。

スポンサーリンク