北朝鮮のミサイルが北海道上空を通過し襟裳岬東方太平洋に落下

スクリーンショット 2017-08-29 8.27.24

スポンサーリンク

2017年8月29日朝5時58分頃北朝鮮からミサイルが発射され6時6分頃北海道上空を通過し6時12分頃襟裳岬東方約1180キロの大平洋上に落下しました。
朝6時頃に携帯電話にJアラートが鳴り北海道や東北地方に避難警告が出されました。
国民保護サイレンが鳴った地域もあり朝から日本に緊張感が走りました。

 

2017年8月29日北朝鮮がミサイルを発射

 

2017年8月29日の朝6時2分携帯電話にJアラート、緊急速報が鳴り北朝鮮からミサイルが発射されたとの通知。

 

テレビなどでは、北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、栃木、茨城、群馬などに「頑丈な建物や地下に避難してください」との情報が入り

6時14分再びJアラートが鳴り「先ほどこの地域をミサイルが通過した模様」との報告が入りました。

 

国民保護サイレンが鳴った町などもあり朝から緊張感が走りました。

 

 

北朝鮮にミサイルが北海道上空を通過

スポンサーリンク

2017年8月29日に発射さてたミサイルは日本の上空、北海道の上空を通過しました。

 

北朝鮮の平壌市順安(スナン)から5時58分頃にミサイルが北東方向に発射され

6時6分頃日本、北海道、襟裳岬(えりもみさき)上空を通過。

6時12分頃襟裳岬から1180キロほどの大平洋上に落下しました。

 

今回発射されたミサイルは北朝鮮から落下したとみられる襟裳岬の奥、大平洋上までの距離は約2700キロ。

日本、北海道の襟裳岬上空を通過ごにミサイルは3つに分離され、約14分飛行し落下しました。

ミサイル破壊装置の実施はありませんでした。

 

北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過したのは去年の2月以来になります。

 

被害などは?

現時点では被害や落下物の報告はありません。

JRや新幹線などは一時運休を見合わせましたが、安全を確認でき運行し、数分の遅れ。

このミサイルによる飛行機などの運休はありません。

 

 

菅氏の会見が行われ、ミサイルの日本上空通過は我が国の安全保証にとってこれまでにない深刻かつ重大な脅威であり、航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題のあう危険な行為であるとともに安保理決議等への明白な違反と批判し、その上で度を超えた挑発行動を断じて容認できず、北朝鮮に対して厳重に抗議を行い、最も強い表現で断固避難した。

と語りました。

 

そのた情報が入り次第記載いたします。

 

9月15日北朝鮮のミサイルが北海道上空を通過し太平洋に着弾

8月29日に続き9月15日北朝鮮平壌の順安(スナン)からミサイルが発射され北海道上空を通過し襟裳岬の東約2000キロに着水しました。

前回のミサイルより距離も伸びたとのこと。

前回飛距離が2700キロだったものが3700キロ

最大高度も前回のものよりも伸びた。

 

 

最後に

朝6時頃、うっすら起きている状態で携帯からJアラートが鳴り、北朝鮮がミサイルを発射したとの通知が入り、また発射したのかと思ってテレビをつけると北海道や東北地方で避難してください。という文字があってバッチリ目が覚めました。

その後この地域上空を通過とのJアラートが鳴り友達に連絡をしたりなど、、、

その後北海道上空を通過したとの報道が入りました。

朝からとても緊張感がある報道でとても怖い思いをした方も多いと思います。

北朝鮮は2017年に何度もミサイルを発射していて、今回の日本上空を通過したのでこの何度も打っているミサイルがまたかではなく現実的に怖いものになってきました。

今後北朝鮮はどんな動きをしてくるのでしょうか。。。。

スポンサーリンク